<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、提携各社(マイナビ等)のプロモーションを含みます。

適応障害で転職を成功させる方法!おすすめの仕事も紹介

生徒
適応障害でも転職できる?
適応障害になったらどう対処すれば良い?

適応障害になると転職が難しいように思えますが、しっかりと対処することで自分に適した会社に転職できます。

この記事では、適応障害での転職を成功させる方法やおすすめの仕事について詳しく解説します。

転職先生
焦らず対処し、適応障害での転職を成功させましょう。
この記事で分かること
  • 適応障害の対処法
  • 適応障害で転職する際の成功法
  • 適応障害の方に負担の少ない転職におすすめの仕事

目次

適応障害になったら転職するべき?状況に合わせた対処法を紹介

適応障害になったら転職するべき?状況に合わせた対処法を紹介

適応障害になったら転職するべきかは、状況に合わせて以下の対処法を検討しましょう。

適応障害になった際の対処法
  • 業務量の調整や異動を相談する
  • 休職する
  • リワーク(職場復帰支援プログラム)を活用する
  • 今の仕事を辞めて転職する
  • 外部の専門機関に相談する

詳しく解説します。

適応障害になった時の対処法①業務量の調整や異動を相談する

適応障害になった時の対処法1つ目は、業務量の調整や異動を相談することです。適応障害の原因が業務量や部署にある場合、症状の改善が期待できます

適応障害を発症している場合、障害のある人が職場で過度な負担を受けないように配慮する「合理的配慮」の対象になる可能性があります。

合理的配慮の内容は「業務量やタスクの優先順位を調整する」「業務や体調の相談ができる定期面談の実施」などです。

適応障害になったからといって仕事を休んでも、仕事復帰へのプレッシャーから自分を追い込んでしまう恐れもあります。

転職先生
業務量の調整や異動によって、仕事を続けながら症状を改善できないか考えてみましょう。

適応障害になった時の対処法②休職する

適応障害になった時の対処法には、休職することも挙げられます。症状の度合いによっては、職場環境の改善より休む方が良い場合もあります。

休職制度の有無や運用状況は会社によってさまざまですが、まずは上司や人事に相談してみるのがおすすめです。

制度がなかったとしても、休職を認めてくれる場合があります。

転職先生
休職するのはあなたが弱いからではないため、罪悪感を抱かず心身を休めることに注力しましょう。

適応障害になった時の対処法③リワーク(職場復帰支援プログラム)を活用する

適応障害になった時の対処法として、リワーク(職場復帰支援プログラム)を活用するのも有効です。

リワークを実施している事業所に通うことで、生活リズムや体調を整えたりストレス対処法を身につけたりできます

リワークとは「return to work」の略語で、精神疾患が原因で休職している人に対し、職場復帰に向けたリハビリテーションを実施するプログラムです。

仕事に近い内容の軽作業や疾病教育、認知行動療法などの心理療法が行われます。リワークは医療機関や地域障害者職業センターなどで実施しているため、復職に不安がある場合は相談してみるのがおすすめです。

適応障害になった時の対処法④今の仕事を辞めて転職する

適応障害になった時の対処法4つ目は、今の仕事を辞めて転職することです。業務量の調整や休職で症状の改善が見込めないなら、今の仕事を続けながら回復するのは難しいためです。

適応障害に関する職場の理解が足りなければ、復職してもまた適応障害になってしまう恐れもあります。

退職することを申し訳なく思ったり、転職先でも同じことが起こるのではと不安に感じたりするかもしれません。

しかし、人間関係がリセットされ仕事内容も変わるなら、あなたに合った働き方ができる可能性があります。

転職先生
自分の将来のためにも、転職することも選択肢に入れましょう。

適応障害になった時の対処法⑤外部の専門機関に相談する

適応障害になった時の対処法として、外部の専門機関に相談することも挙げられます。以下のような専門機関に相談することで、適応障害の改善につながる可能性があります。

  • こころの耳(厚労省)
  • 精神保健福祉センター
  • 精神科(病院・診療所)
  • 地域活動支援センター

適応障害は、自力で回復に向かうのは困難です。外部の専門機関に相談しアドバイスを受けつつ、早期回復を目指しましょう。

適応障害で転職する際の成功法

適応障害で転職する際の成功法

適応障害で転職する際の成功法は、以下のとおりです。

適応障害で転職する際の成功法
  • まずは治療に専念する
  • 主治医と相談してタイミングを決める
  • 自分に向いている仕事を探す
  • ストレスの対処法を把握する
  • 転職希望先の企業・業界を詳しく調べる
  • 適応障害であることは隠さない
  • 適応障害に関して理解のある会社を選ぶ

順番に見ていきましょう。

適応障害で転職する際の成功法①まずは治療に専念する

適応障害で転職する際の成功法として、まずは治療に専念することが挙げられます。症状が改善しないうちに焦って転職活動をしても、症状が重くなる恐れがあるためです。

適応障害は環境要因が改善しなければ、症状が長引いたりうつっぽくなったりします。うつになってしまうと、もはや転職どころではありません。

転職先生
転職を焦っても、症状が重くなるリスクがあります。まずは適応障害の治療に専念することが重要です。

適応障害で転職する際の成功法②主治医と相談してタイミングを決める

適応障害で転職する際の成功法2つ目は、主治医と相談してタイミングを決めることです。症状が改善しきらない状態で転職しても、適応障害が再発する恐れがあるためです。

生徒
働いていない期間があると、転職に不利ではないかと不安です……

転職先生
それ以上に焦って転職して再発する方が危険です。

転職先で長期的に働いていくためにも、主治医とタイミングを相談して転職活動を進めることが重要です。

適応障害で転職する際の成功法③自分に向いている仕事を探す

適応障害で転職する際の成功法は、自分に向いている仕事を探すことです。向いている仕事であればストレスや負担が少なく、適応障害があっても長期的に働ける確率が高まります

適応障害の人に向いているのは、以下のような仕事です。

  • 残業や休日出勤が少ない
  • リモートで働ける
  • 転勤や海外出張が少ない

具体的な職種は「適応障害の方に負担の少ない転職におすすめの仕事」で解説します。

適応障害で転職する際の成功法④ストレスの対処法を把握する

適応障害で転職する際の成功法4つ目は、ストレスの対処法を把握することです。あなたが感じやすいストレスへの対処法を見つけられれば、適応障害が再発することなく働けるようになります

ストレスの対処には、以下の3つが必要だと言われています。

  • レスト:休養、休息、睡眠
  • レクリエーション:趣味や娯楽
  • リラックス:落ち着ける音楽やストレッチなど

また、ストレスの原因となるものを取り除くことも重要です。ランチや飲み会がストレスになっているなら、昼は1人で過ごしたり飲み会への参加を断ったりするのが有効です。

転職先生
転職先生:ストレスへの対処法はさまざまなものがあるため、自分に合った方法を見つけましょう。

適応障害で転職する際の成功法⑤転職希望先の企業・業界を詳しく調べる

適応障害で転職する際の成功法として、転職希望先の企業・業界を詳しく調べることが挙げられます。

企業・業界の特徴やニーズを把握することで、適した自己PRができるようになり、転職成功率が高まるためです。

情報収集は、SNSの投稿やOpenworkや転職会議などの口コミサイトから行うのがおすすめです。

企業の良い部分だけでなく悪い部分の情報も投稿されるため、転職希望先に関するリアルな情報を得られます。

転職先生
もし適応障害が再発しかねない情報が見つかったなら、別の企業への転職を考えるのも有効です。

適応障害で転職する際の成功法⑥適応障害であることは隠さない

適応障害で転職する際の成功法は、適応障害であることは隠さないことです。適応障害であることを隠して転職すると、周囲の人と同じような働き方を求められるためです。

適応障害ですと思考力や集中力の低下により、仕事のミスが続くことがあります。適応障害だと周囲が知らなければ、仕事をうまくこなせないことであなたの評価が落ちるかもしれません。

転職への影響を考えて適応障害のことを隠したくなるかと思いますが、長期的に働くことを考えると正直に伝えるのがおすすめです。

転職先生
ストレスなく働けるよう適応障害であることは隠さず、それでも採用してもらえる会社を見つけましょう。

適応障害で転職する際の成功法⑦適応障害に関して理解のある会社を選ぶ

適応障害で転職する際の成功法7つ目は、適応障害に関して理解のある会社を選ぶことです。適応障害に理解のある会社なら、無理なく働けて症状が再発する可能性も低いためです。

適応障害は一時的に症状が良くなっても、再発する恐れがあります。会社に適応障害への理解がなければ、万が一症状が出た際に助けてもらうのも難しいでしょう。

一方適応障害について理解のある会社なら、症状が出たり体調が悪くなったりした際も休みやすく、無理なく働いていけます

転職先生
「適応障害でも採用してくれる」「過去に適応障害のある人が在籍していた」会社であれば、理解があると考えられます。

適応障害の方に負担の少ない転職におすすめの仕事

適応障害の方に負担の少ない転職におすすめの仕事

適応障害の方に負担の少ない転職におすすめの仕事は、以下の3つです。

適応障害の方に負担の少ない転職におすすめの仕事
  • 残業や休日出勤が少ない仕事
  • リモートワークの仕事
  • 転勤や海外出張が少ない仕事

詳しく解説します。

適応障害転職におすすめの仕事①残業や休日出勤が少ない仕事

適応障害の方に負担の少ない転職におすすめの仕事1つ目は、残業や休日出勤が少ない仕事です。

仕事が忙しく適応障害になったなら、残業や休日出勤が少ない仕事だと再発の可能性が低くなります

残業や休日出勤が少ないのは、以下のような仕事です。

  • 事務職
  • 製造業
  • 経理職
  • 法人営業
  • コールセンター

基本的にルーティンでこなす仕事のため、慣れれば業務過多にならず働きやすいでしょう。

適応障害転職におすすめの仕事②リモートワークの仕事

適応障害の方に負担の少ない転職におすすめの仕事として、リモートワークの仕事が挙げられます。

職場に出勤せず働けるため、人間関係が原因で適応障害になった場合、精神的な負担を減らせるためです。

リモートワークで働けるのは、以下のような仕事です。

  • 翻訳
  • データ入力
  • デザイナー
  • ​​Webライター
  • プログラマー
  • エンジニア

リモートワークも、チャットツールやメールなどでコミュニケーションを取る機会はあります。

しかし対面でコミュニケーションを取らなくて良いため、精神的な負担は少なくなります。

Webマーケティングへの転職を検討する場合は以下の記事が参考になります。

【参考】DAINOTE | Webマーケティングに強い転職エージェントおすすめ20選

適応障害転職におすすめの仕事③転勤や海外出張が少ない仕事

適応障害転職におすすめの仕事は、転勤や海外出張が少ない仕事です。転勤や海外出張など慣れない環境での仕事によって、適応障害を発症する人もいるためです。

転勤や海外出張が少ないとして、以下のような仕事が挙げられます。

  • プログラマー
  • エンジニア
  • 不動産デベロッパー
  • バックオフィス系の職種

転職先を選ぶ際は職種や仕事内容だけでなく、転勤や海外出張の有無についても確認するのがおすすめです。

適応障害の方におすすめの転職方法

適応障害の方におすすめの転職方法

適応障害の方におすすめの転職方法は、以下の4つです。

適応障害の方におすすめの転職方法
  • ハローワークを利用する
  • 障害者就業・生活支援センターに相談する
  • 転職エージェントを利用する
  • 就労移行支援を利用する

順番に見ていきましょう。

適応障害転職におすすめ①ハローワークを利用する

適応障害の方におすすめの転職方法は、ハローワークを利用することです。求人数を多く保有していますし、障害者向けのサポートもしてくれるためです。

ハローワークでは、障害者専用の窓口を設けています。専門的な知識を持つ相談員が対応してくれるため、適応障害の症状がひどい場合は活用すると良いでしょう。

また、ハローワークでは、自己分析のサポートや模擬面接といった就業相談も受け付けており、不安を解消しながら転職活動を勧められます。

転職先生
適応障害への理解もあるため、ハローワークを利用するのがおすすめです。

適応障害転職におすすめ②障害者就業・生活支援センターに相談する

適応障害の方におすすめの転職方法2つ目は、障害者就業・生活支援センターに相談することです。

適応障害にも理解があり、あなたに合った転職先を見つけるサポートをしてくれます。障害者就業・生活支援センターとは、障害のある方に向けて就労と生活の支援を実施している公的機関です。

応募書類の添削や模擬面接といった就労前の支援だけでなく、働き続けられるよう就労後の支援も受けられます。

また、日常生活全般の支援も実施しており、健康管理をサポートしてくれます。適応障害の方が働いていく上で、強い味方になってくれるでしょう。

適応障害転職におすすめ③転職エージェントを利用する

適応障害の方におすすめの転職方法として、転職エージェントを利用することが挙げられます。

専任のキャリアアドバイザーが、求人紹介や応募書類の添削、模擬面接などで転職活動をサポートしてくれるためです。

適応障害の方におすすめする転職エージェントは、以下の3つです。

  • リクルートエージェント
  • doda
  • 就職カレッジ

順番に見ていきましょう。

適応障害の方におすすめ転職エージェント「リクルートエージェント」

出典:r-agent.com

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 約447,000件
非公開求人数 約327,000件
対応地域 全国+海外
拠点 東京本社
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
(全国に16拠点)
料金 無料
リクルートエージェントは、転職支援実績No.1となっている転職エージェントです。国内最大級の求人数を保有しており、豊富な選択肢から転職先を探せます。

適応障害の方が働ける求人も保有しており、あなたに合った職種・環境の職場への転職を目指せます。

また、リクルートエージェントと企業間で連携し情報も得ているため、入社後に問題が発生するリスクが低いです。

適応障害の方に対する支援も手厚い転職エージェントです。

 

適応障害の方におすすめ転職エージェント「doda」

出典:doda.jp

運営会社 株式会社パーソルキャリア
公開求人数 約214,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 東京本社(丸の内オフィス)
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
(全国に24拠点)
料金 無料
dodaは、リクルートエージェントと同じく国内最大級の求人を保有する転職エージェントです。

障害者のある方に向けた就職・転職エージェントサービス「dodaチャレンジ」があり、プロのアドバイザーが適応障害の症状に配慮しつつ、転職活動を支援してくれます。

また、就労移行支援事業所と連携しており、徐々に働く準備を整えていくためのサポートも受けられます。

適応障害がある方も安心して転職活動が可能です。

 

適応障害の方におすすめ転職エージェント「就職カレッジ」

就職カレッジ

出典:jaic-college.jp

運営会社 株式会社ジェイック
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 東京本社
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-101
神保町101ビル7階
料金 無料
就職カレッジは、正社員未経験に強い転職エージェントです。就職支援実績は33,000人を超えており、入社後の定着率は92.2%です

就職カレッジでは、キャリアアドバイザーがあなたの状況を把握した上で、求人の紹介・選考対策を行います。

適応障害についても理解し考慮してくれるため、正社員としての転職を実現できます。転職しても適応障害が原因で、また退職しては意味がありません。

就職カレッジなら、適応障害の方も長期的な就労を目指せます。

 

適応障害転職におすすめ④就労移行支援を利用する

適応障害の方におすすめの転職方法4つ目は、就労移行支援を利用することです。就労移行支援とは障害者総合支援法に基づく就労支援サービスの1つで、障害のある方の社会復帰をサポートしています。

以下より、適応障害の方におすすめの就労移行支援事務所について紹介します。

適応障害の方におすすめの就労移行支援事務所「LITALICOワークス」

リタリコワークス

出典:works.litalico.jp

運営会社 株式会社LITALICO
対象障害 精神・発達・知的・身体・難病
就職者数 1,930名(2022年度実績)
定着率 88%(2022年度実績)
対象エリア 全国
事業所数 全国100ヶ所以上
LITALICOワークスは、就職を目指す障害者のための就労移行支援サービスです。適応障害だけでなく、精神障害や発達障害などさまざまな障害に対応しています。

生活や就職活動に役立つオリジナルプログラムが200以上あり、個々の希望に合った支援が可能です。

これまでに13,000人以上の就職を支援しており、累計就職者数は全国No.1です。就業前の企業インターンを累計4,500ヶ所以上で実施しており、適応障害でも働いていける会社を豊富な選択肢から探せます。

 

そもそも適応障害とは?発症する原因と仕事での症状

そもそも適応障害とは?発症する原因と仕事での症状

適応障害とは何か気になっている方に向けて、発症する原因と仕事での症状を解説していきます。

適応障害になってしまう原因

適応障害になってしまう原因は、ストレスであることがほとんどです。ストレスの原因は人それぞれですが、仕事に関するものでは職場の人間関係や仕事の内容であることが多いです。

適応障害は、原因となっているストレスから離れることで回復する傾向があります。しかし、職場が同じであれば、一時的に回復しても再発したり慢性化したりするかもしれません。

転職先生
適応障害になるのを防ぐためにも、自分に合った職場を選ぶことが重要です。

適応障害が引き起こす症状

適応障害が引き起こす症状は、以下のものです。

  • 頭痛
  • 肩こり
  • めまい
  • 食欲不振
  • 不眠・過眠
  • 抑うつ気分
  • 全身倦怠感

日常生活や仕事をする上でも大きな影響を及ぼすため、早急な治療・対処が必要です。

適応障害の転職に関するよくある質問

適応障害の転職に関するよくある質問

適応障害の転職に関するよくある質問について、詳しく解説していきます。

適応障害で休職中だったことは転職先にバレる?

適応障害で休職中だったことは、転職先には基本的にバレません。ただ、以下のケースだと転職先にバレる恐れがあります。

  • 源泉徴収票の記載内容
  • 住民税の納税額が少ない
  • 傷病手当金を申請

上記以外では、自分から言わない限り適応障害で休職したことはバレません。

適応障害は転職で不利になる?

適応障害であることは、転職で不利になる恐れがあります。適応障害の認知度は上がっているものの、企業側が特定の従業員に合わせた対応をすることは、まだまだ難しいためです。

無理に適応障害だと伝える必要はないですが、長期的に働くことを考えるなら適応障害に理解のある会社を見つけることが不可欠です。

転職先生
そのためにも、転職で不利になることを考慮しても、適応障害であったことは隠さず伝えるのがおすすめです。

適応障害で仕事が怖いと感じたときの対処法は?

適応障害で仕事が怖いと感じた時は、まず自分の気持ちを認めましょう。怖いと感じるのは限界を迎えている証拠なので、無理せず自分に優しくなることが大切なためです

悩みを自分1人で抱えていると悪化する恐れがあるため、信頼できる人に相談するのがおすすめです。

自分の気持ちを話すことで気が楽になったり、安心感が得られたりして心に余裕が出ます

転職先生
また、心身ともに負担がかかっているため、しっかり休養することも重要です。

転職して適応障害が治った事例はある?

転職して適応障害が治った事例として、就労移行支援を利用して就職したケースがあります。

営業ノルマやパワハラで適応障害を発症しましたが、ストレス対処法を見つけるワークショップに取り組んでいったことで、自分に合う職場環境がどのようなものかを把握できました。

その後、自分に合う職場環境の会社に転職したことで、ストレスを感じることも少なくなり安心して働いています。

転職することによって、適応障害が治る可能性は十分にあります。

転職活動中に適応障害であることを言わないのはあり?伝えるべき?

転職活動中に適応障害であることは、伝えておくのがおすすめです。適応障害であることを隠していると、転職に失敗する恐れがあります。

適応障害であることを隠していると、周りの社員と同じような働き方を求められます。もし症状が再発して体調が悪くなっても、理解を得られず休みづらくなるかもしれません

また、適応障害であることを隠さずにいると、適応障害に理解のある会社を見つけやすくなります。

転職先生
適応障害であることは隠さず、正直に伝えながら転職活動を進めるのがおすすめです。

適応障害で退職する際の会社への伝え方は?

適応障害で退職する際の会社への伝え方は、特に定めはありません。適応障害であることを会社に伝えていない場合は「一身上の都合」「健康上の理由」などの理由で良いでしょう。

もし退職を伝えづらいなら、日本司法支援センターや自治体の窓口に相談するのがおすすめです。

どのように伝えれば良いかを一緒に考えてもらえます。

適応障害の転職まとめ

適応障害の転職まとめ

適応障害での転職を成功させるには、まず治療に専念し症状が回復してから転職活動することが重要です。

焦って転職しても、適応障害が再発し長期的に働けない恐れがあります。自分のストレスの原因を把握した上で、適した仕事内容・環境の会社を探すと良いでしょう。

適応障害での転職は、焦ると失敗するリスクが高まります。この記事の内容を参考に転職活動の成功に向けて動いてみてください。

おすすめの記事