<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、提携各社(マイナビ等)のプロモーションを含みます。

グラフィックデザイナーはやめとけと言われる理由!後悔するって本当?

生徒
グラフィックデザイナーはやめとけって言われるけど、
なんでだろう?後悔するって本当なのかな?

グラフィックデザイナーを目指している人の周りから「やめとけ」「後悔するぞ」という声が聞こえてくることがあります。

グラフィックデザイナーを志す人は本当に後悔する運命なのか、それとも「やめとけ」という意見は聞かずに目指すべきなのか、気になる人も多いでしょう。

この記事では、グラフィックデザイナーを目指す前に知っておくべきことについて掘り下げていきます。

転職先生
グラフィックデザイナーを目指したい人は是非参考にしてください。

 

この記事で分かること
  • グラフィックデザイナーはやめとけと言われる理由
  • グラフィックデザイナーを目指すメリット
  • グラフィックデザイナーを目指す人におすすめの転職エージェント
ウルキャリ転職おすすめサービス
当サイトでは、転職を検討している人に次のサービスをおすすめしています。転職エージェントには合う合わないがあります。無料で利用できるので、最低でも2社以上登録しておきましょう。
登録必須転職エージェント 特徴
リクルートエージェント公式サイトで無料登録
  • 転職支援実績No.1
  • 日本最多求人数(約60万件)
  • 厳選非公開求人数30万件
  • サポートの質が高い
マイナビAGENT 公式サイトで無料登録
  • はじめて転職する人にも安心サポート
  • 各業界の転職事情に通じた専任アドバイザーが担当
  • 未経験可の求人が豊富
LHH転職エージェント公式サイトで無料登録
  • 年収800万円以上の求人多数
  • 3人中2人は年収アップの実績
  • 平均101万円の年収アップ
  • 10人に1人が1,000万円以上の転職に成功
  • 求人数約56,000件
就職を検討の人はこちら 特徴
キャリアチケット公式サイトで無料登録
  • 最短1週間で内定獲得
  • 特別推薦枠多数
  • 受かるES、GD、面接ノウハウをこっそりお伝え
  • 日程調整や人事との連絡もしっかりサポート
  • 人事目線でフィードバックが得られる
もし、職場を辞めたいけど辞めることを伝えられないという人は、自分は何もせずに退職できる退職代行サービス「リーガルジャパン」がおすすめです。

目次

グラフィックデザイナーはやめとけと言われる理由

グラフィックデザイナーはやめとけと言われる理由

グラフィックデザイナーはやめとけと言われる理由を5つ紹介します。

グラフィックデザイナーはやめとけと言われる理由
  • 多重下請けで賃金が安い
  • 納期に追われ残業や休日出勤が多い
  • 理不尽な修正が多くて大変
  • 常に勉強が必要で労力が要る
  • 体を壊しやすい

詳しく解説します。

グラフィックデザイナーやめとけの理由①多重下請けで賃金が安い

グラフィックデザイナーはやめとけと言われる1つ目の理由は、多重下請けで賃金が安いからです。

グラフィックデザイナーの仕事は多くの場合、発注元から業務委託を受けた制作会社を経由して、さらに下請けのデザイン会社に再委託される、多重下請け構造になっています。

発注元の企業は、より安価な外注費用を求める一方、制作会社や下請けのデザイン会社は受注競争に勝つために、他社よりも低価格での受注を余儀なくされがちです。

この多重下請け構造が、グラフィックデザイナーの賃金を押し下げる大きな要因となっています。

転職先生
下請けを繰り返すほど、賃金が低くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

グラフィックデザイナーやめとけの理由②納期に追われ残業や休日出勤が多い

グラフィックデザイナーはやめとけと言われる理由に、納期に追われ残業や休日出勤が多いことも挙げられます。

グラフィックデザイナーの仕事は、クライアントからの納期に常にさらされており、相手の要望を満たすため、残業や休日出勤に追われることも珍しくありません。

ワークライフバランスを大切にしたい人にとって、グラフィックデザイナーの仕事は過酷で「やめとけ」と忠告されてしまいがちです。

グラフィックデザイナーやめとけの理由③理不尽な修正が多くて大変

グラフィックデザイナーはやめとけと言われる理由として、理不尽な修正が多くて大変であることも挙げられます。

クライアントとグラフィックデザイナーが考えるデザインにズレがあるのは一般的で、修正のたび頻繁に作り直しを求められます。

中には、デザイナーの専門性を理解せず、デザインの基本的な考え方すら無視するような無理難題な要求をされることもあるでしょう。

自分の思うデザインが形にならず、創造性を発揮する余裕がないので、モチベーションが下がりやすいのがグラフィックデザイナーの難しさです。

生徒
修正が何度も来ると確かにしんどいですね・・・

転職先生
職歴を積めば修正依頼も減るかもしれませんが、これからグラフィックデザイナーを目指す人は頭に入れておきましょう。

グラフィックデザイナーやめとけの理由④常に勉強が必要で労力が要る

グラフィックデザイナーはやめとけと言われる4つ目の理由は、常に勉強が必要で労力が要るからです。

グラフィックデザインの業界は常に進化を続けているので、次々と登場する新しいツールやテクニックを、デザイナーはその都度習得する必要があります。

グラフィックデザイナーは時間外の勉強が欠かせず、プライベートの時間が削られるので「やめとけ」と言われがちです。

グラフィックデザイナーやめとけの理由⑤体を壊しやすい

グラフィックデザイナーはやめとけと言われる理由に、体を壊しやすいことも挙げられます。

グラフィックデザイナーはデスクワークが中心となり、姿勢が悪くなりがちで腰痛に悩まされる人もいるでしょう。

また、長時間ディスプレイを注視し続けなければならないため、視力の低下や眼精疲労にも見舞われます。

デザイナーという仕事自体に魅力を感じていても、体へ負担がかかる可能性があることは覚悟しておく必要があります。

グラフィックデザイナーはやめとけという口コミ

グラフィックデザイナーはやめとけという口コミ

グラフィックデザイナーはやめとけという口コミを3つを紹介します。

グラフィックデザイナーはやめとけという口コミ3つ
  • サービス残業が多い
  • 生活習慣が乱れる
  • 激務なのに給料が安い

詳しく解説します。

グラフィックデザイナーやめとけの口コミ①サービス残業が多い

グラフィックデザイナーはやめとけという口コミに、サービス残業が多いという声がありました。

締め切りの1週間前から毎日残業が当たり前になり、終電を逃すこともざらでした。

上司には残業させる権限がないと言われ、定時後は自主的に残るよう求められたこともありました。

納期に間に合わせられず、クライアントに穴をあけると怒られるのを恐れ、泣く泣く長時間労働を強いられるのが実情のようです。

サービス残業が蔓延すれば、労働時間の管理ができず、プライベートな時間が失われてしまいまうので、生活習慣と仕事にも影響が出かねません。

グラフィックデザイナーやめとけの口コミ②生活習慣が乱れる

グラフィックデザイナーはやめとけという口コミには、生活習慣が乱れるという意見がありました。

デザイナーの仕事は楽しい反面、生活が不規則になりがちですが、会社や自分次第でコントロールできます。

デザイナーになって数年経ちますが、正直生活リズムが乱れるのが一番の悩みです。納期が迫ると連日の残業は避けられず、睡眠時間が極端に削られてしまいます。

デザイン業界では、残業や納期に追われる生活が常態化しがちですが、会社や自分次第で労働環境は大きく異なるので、無理のない範囲で職場環境を選ぶことが重要です。

また、個人の生活態度にも注意が必要です。遅くまで残業するあまり、睡眠不足に陥れば生活リズムは乱れてしまうので注意しましょう。

転職先生
生活習慣の管理は自身でもできることなので、気をつけていきましょう!

グラフィックデザイナーやめとけの口コミ③激務なのに給料が安い

グラフィックデザイナーはやめとけという口コミとして、激務なのに給料が安いというケースもありました。

最初は本当に安い給与でした。修行時代と思えば我慢できましたが、経験を積むにつれ自分の価値が分かってきて、転職を重ねるごとに給与アップできました。

デザイナーは実力次第で高額の案件を獲得できる職種です。フリーランスに転向して、確かに仕事は大変になりましたが、それ相応の対価が得られるようになりました。

グラフィックデザイナーは経験を重ね、スキルを磨けば報酬アップのチャンスは十分にあります。

給料が安いのは最初の一時期に過ぎず、腕に自信が持てれば高報酬を得られる可能性があるのです。

生徒
自分の能力次第で給料が上がる可能性があるんですね。

転職先生
そうですね、日々の自己研鑽がとても大切です。

やめとけと言われるグラフィックデザイナーのメリット

やめとけと言われるグラフィックデザイナーのメリット

やめとけと言われるグラフィックデザイナーのメリットを4つ紹介します。

やめとけと言われるグラフィックデザイナーのメリット
  • 労働がそのまま制作物になるから楽しい
  • デザインへの評判を直接聞ける
  • ライフステージが変わっても働きやすい
  • 他のクリエイティブ職種にも転職しやすい

詳しく解説します。

グラフィックデザイナーのメリット①労働がそのまま制作物になるから楽しい

やめとけと言われるグラフィックデザイナーのメリット1つ目は、労働がそのまま制作物になるから楽しいことです。

頭の中でイメージした通りのデザインが完成したとき、達成感とやりがいを強く感じられるのがグラフィックデザイナーの醍醐味です。

アイデアを形にできる喜びや充実感は、グラフィックデザイナーを続ける大きな原動力となっているのです。

グラフィックデザイナーのメリット②デザインへの評判を直接聞ける

やめとけと言われるグラフィックデザイナーのメリットに、デザインへの評判を直接聞けることもあります。

クライアントやユーザーからの生の声が聞けるため、評価を意識しながらデザインに反映できます。

評価を直接知ることでフィードバックを参考に、デザイン力を客観的に高められるのが、グラフィックデザイナーの強みです。

転職先生
良い評価も悪い評価も直接聞けるので、自身の経験として積み重ねやすいですね。

グラフィックデザイナーのメリット③ライフステージが変わっても働きやすい

やめとけと言われるグラフィックデザイナーのメリットとして、ライフステージが変わっても働きやすいことも挙げられます。

デスクワークがメインなので、リモートワークなど環境を問わず仕事をする場所が確保しやすいです。

また、フリーランスに転向すれば在宅ワークもできるため、育児や介護とも両立しやすくなります。

グラフィックデザイナーはライフスタイルの変化に合わせて柔軟に働き方を変更できる職種なので、ライフステージに合った働き方が可能な点が大きなメリットになります。

転職先生
グラフィックデザイナーは近年増えている在宅勤務の仕事をしやすいですね。

グラフィックデザイナーのメリット④他のクリエイティブ職種にも転職しやすい

やめとけと言われるグラフィックデザイナーのメリット4つ目は、他のクリエイティブ職種にも転職しやすいことです。

WebデザイナーやUIデザイナーなどWebに関わる職種は、グラフィックデザインの知識と技術がそのまま役立ちます。

グラフィックデザインの経験とセンスが評価され、新しい分野で活躍できる可能性が広がるでしょう。

職域を限定されずに、クリエイティブな幅広い分野で活躍できるのが大きな魅力です。

【結論】グラフィックデザイナーやめとけは全員には当てはまらない

【結論】グラフィックデザイナーやめとけは全員には当てはまらない

グラフィックデザイナーの仕事は、一概に「やめとけ」と言い切れる職業ではありません。

グラフィックデザイナーになるかどうかは、個人の適性や価値観、目標によって大きく異なります。

デメリットに耐えられず離職する人がいる一方で、メリットを重視してこの道を究める人がいるのも事実です。

グラフィックデザイナーはクリエイティブな分野で広く通用するスキルが身につくため、スキルアップ次第では、高給与や副業、他の職種への転職も視野に入れられます。

グラフィックデザイナーという仕事自体が誰にでも合うわけではありませんが、個人の適性と志向次第では決してつらい仕事とは限らないのです。

こんな動機でグラフィックデザイナーになるのはやめとけ!

こんな動機でグラフィックデザイナーになるのはやめとけ!

こんな動機でグラフィックデザイナーになるのはやめとけと言われる動機を3つ紹介します。

こんな動機でグラフィックデザイナーになるのはやめとけと言われる動機3つ
  • 需要が高そうだから
  • デザインを考えるのが好きだから
  • 自分でもなれそうだから

詳しく解説します。

こんな動機はやめとけ①需要が高そうだから

グラフィックデザイナーになる動機が「需要が高そうだから」はやめとけと言われています。

需要の高さだけを理由に就職・転職すると、やがて仕事に対するモチベーションが下がってしまいます。

発想力、美的センス、トレンド把握力など、様々な素養が必要不可欠であり、身につけるには、デザインへの強い関心と探究心が欠かせません。

需要だけを理由に選ぶのであれば、後々苦労するリスクが高くなるでしょう。

こんな動機はやめとけ②デザインを考えるのが好きだから

グラフィックデザイナーになる動機が「デザインを考えるのが好きだから」はやめとけという声も上がっています。

デザインへの関心は必要不可欠な要素ですが、それだけではグラフィックデザイナーを続けていくのは難しいでしょう。

グラフィックデザイナーには、デザインの実務能力はもちろん、クライアントとのコミュニケーション力、 ツールの操作スキルなど、多岐にわたる能力が求められるからです。

「デザインを考えるのが好き」という気持ちだけでは、プロとしての仕事に耐えられない可能性が高くなります。

こんな動機はやめとけ③自分でもなれそうだから

グラフィックデザイナーになる動機が「自分でもなれそうだから」はやめとけという意見もあります。

「自分でもグラフィックデザイナーになれそう」という過信は、グラフィックデザイナーの仕事を軽視した考えと言えます。

グラフィックデザイナーは専門性が求められる職種であり、努力と経験を重ねない限り、簡単に就けるような仕事ではありません。

グラフィックデザイナーを目指す際にするべきこと

やめとけと言われるグラフィックデザイナーを目指す際にするべきこと

グラフィックデザイナーを目指す際にするべきことを3つ紹介します。

グラフィックデザイナーを目指す際にするべきこと3選
  • ポートフォリオを作成する
  • 資格を取得する
  • クラウドソーシングサイトや転職エージェントに登録する

詳しく解説します。

ポートフォリオを作成する

やめとけと言われるグラフィックデザイナーを目指す際にするべきこと1つ目は、ポートフォリオを作成することです。

グラフィックデザイナーにとって、ポートフォリオは自身の実力を示す重要な「履歴書」といえるからです。

デザインの種類は問わず、ロゴデザイン、チラシ、Webサイトなど、自身の長所をアピールできるものを集めましょう。

丁寧に作り込み、自身のデザイン能力を具体的に示すことが何より大切なのです。

転職先生
デザイナーにとってポートフォリオは自分の実績を示すために必要不可欠なものです。

資格を取得する

やめとけと言われるグラフィックデザイナーを目指す際にするべきことに、資格を取得することもあります。

資格を取得すると、デザインに関する確かな知識やスキルを身につけられるだけでなく、就職やスキルアップの際にも強みになるからです。

未経験からグラフィックデザイナーを目指す場合、資格は確かなアピールポイントとなります。

グラフィックデザイナーへの転職を考えているなら、まずは関連する資格取得から始めることがおすすめです。

転職先生
資格はあなたのデザイン能力を示す重要な要素になります。

クラウドソーシングサイトや転職エージェントに登録する

やめとけと言われるグラフィックデザイナーを目指す際にするべきこととして、クラウドソーシングサイトや転職エージェントに登録することが挙げられます。

クラウドソーシングサイトでは、様々な依頼主からデザイン案件を請け負うことができ、報酬が発生するため、実務に近い経験を積めるのが魅力です。

転職エージェントは、自分にマッチした求人をスカウトしてくれるので、グラフィックデザイナー未経験でも、適性検査で評価されれば内定に繋がる可能性があります。

クラウドソーシングと転職エージェントは、デザイナーを志す大きなチャンスになり、実績の構築から転職の糸口まで、それぞれ活用すべきメリットがあるのです。

グラフィックデザイナーを目指す人向けの転職エージェント

やめとけと言われるグラフィックデザイナーを目指す人向けの転職エージェント

グラフィックデザイナーを目指す人は、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントがおすすめの理由は次のとおりです。

転職エージェントがおすすめの理由
  • 無料で利用できる
  • キャリアや転職について何でも相談できる(転職するつもりがなくてもOK)
  • 穏便に転職できるようサポートしてもらえる
  • 業界のプロであるキャリアアドバイザーが転職活動を徹底的にサポート
  • エージェントでしか出会えない優良の非公開求人が集まっている
  • 職務経歴書・履歴書の添削や面接対策をしてくれて転職が成功しやすい
  • 転職時の年収や入社日など各種条件交渉も代理してくれる
おすすめ転職エージェントを3つ紹介します。

グラフィックデザイナーを目指す人におすすめ①リクルートエージェント

出典:r-agent.com

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 約447,000件
非公開求人数 約327,000件
対応地域 全国+海外
拠点 東京本社
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
(全国に16拠点)
料金 無料
リクルートエージェントは、業界最多レベルの求人数が最大の強みである大手転職エージェントです。

同社が保有する求人案件には、グラフィックデザイナー未経験者でも採用を検討してくれる企業が多数含まれています。

未経験でも多くの求人からグラフィックデザイナーの求人を探したい人におすすめです。

 

グラフィックデザイナーを目指す人におすすめ②LHH転職エージェント

LHH転職エージェント

出典:jp.lhh.com

運営会社 株式会社アデコ
公開求人数 約31,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 首都圏
〒101-0021
東京都千代田区外神田4-14-1
秋葉原UDX(南ウイング) 8F
(全国に3拠点)
料金 無料
LHH転職エージェントは、個別コンサルティングを重視しており、担当のキャリアコンサルタントが一人ひとりに合わせた徹底サポートを行ってくれます。

大手に限らず中小企業の求人まで、公開・非公開を問わず幅広い求人を紹介してくれるので、未経験でも採用に積極的な企業を探し出せるでしょう。

グラフィックデザイナーへの第一歩を着実にサポートしてもらいたい方におすすめです。

 

グラフィックデザイナーを目指す人におすすめ③doda

出典:doda.jp

運営会社 株式会社パーソルキャリア
公開求人数 約214,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 東京本社(丸の内オフィス)
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
(全国に24拠点)
料金 無料
dodaは、豊富な求人情報と手厚いサポート体制が大きな魅力の大手転職エージェントです。

担当のキャリアアドバイザーは、転職に関する知見が豊富なため、グラフィックデザイナーになるための的確なアドバイスを受けられます。

履歴書の作成指導や面接対策などを手厚く行ってくれるので、細かいサポートを受けたい方におすすめです。

 

グラフィックデザイナーで理想的な働き方を実現する方法

やめとけと言われるグラフィックデザイナーで理想的な働き方を実現する方法

グラフィックデザイナーで理想的な働き方を実現する方法を3つ紹介します。

グラフィックデザイナーで理想的な働き方を実現する方法3つ
  • 元請け案件の多いデザイン事務所に就職する
  • ディレクターとして昇進・昇格えを目指す
  • フリーランスとして独立し請け負う数を調整する

詳しく解説します。

元請け案件の多いデザイン事務所に就職する

グラフィックデザイナーで理想的な働き方を実現する方法1つ目は、元請け案件の多いデザイン事務所に就職することです。

多くのグラフィックデザイナーが抱える課題として、多重下請け構造による低賃金や過酷な労働環境があげられます。

元請け案件が多いデザイン事務所であれば、クライアントから直接デザイン業務を受注しているため、デメリットを回避できる可能性があります。

デザイナーとしての理想的な働き方を実現できる創造性を発揮しやすい職場環境を選ぶことが大切です。

ディレクターとして昇進・昇格を目指す

グラフィックデザイナーで理想的な働き方を実現する方法に、ディレクターとして昇進・昇格を目指す方法もあります。

ディレクターとは、デザイナーをまとめるマネジメント業務を行う存在で、単なるデザイン実務から離れ、全体のプロジェクト管理が主な仕事です。

実力主義が徹底されているデザイン業界では、努力次第で昇進・昇格できる可能性は十分にあります。

理想の働き方を手に入れるための大きなチャンスとなるでしょう。

フリーランスとして独立し請け負う数を調整する

グラフィックデザイナーで理想的な働き方を実現する方法として、フリーランスとして独立し請け負う数を調整する方法も挙げられます。

フリーランスデザイナーになれば、勤務先による縛りから開放され、自身のペースで仕事が選べるようになります。

案件を絞ると仕事に費やす時間を減らせるので、残業の削減や休日出勤の解消にもつながり、プライベートな時間を十分に確保できるでしょう。

ただし、フリーランスではデザイナーとしての能力と営業力が必須となり、安定収入を得るのは決して容易ではないので注意が必要です

まとめ

まとめ

グラフィックデザイナーは「やめとけ」との声もありますが、創造性を発揮できるやりがいがあり、一概に避けるべき職種とは言えません。

グラフィックデザイナーを志す人は、ポートフォリオ作りや資格取得に注力し、実績を積み重ねましょう。

クラウドソーシングや転職エージェントの活用で、転職やフリーランスに転身するチャンスをつかむ術もあります。

グラフィックデザイナーは、その人次第で幅広い可能性を秘めている仕事です。

生徒
良い所と悪い所をしっかり理解した上で決めるのが大切ですね。

転職先生
そうですね、一人で迷ったときは転職エージェントのアドバイザーに相談するのも良いでしょう。

転職エージェント・転職サイト選びに迷ったらどうすればいい?

転職するにあたって、転職エージェント・転職サイトの利用は必須です。そこで、「ウルキャリ転職」が総力を挙げて30社以上の転職エージェント、転職サイトを徹底比較し、おすすめを紹介しています。 あなたが選ぶべきなのはどの転職サービスなのかが分かりますので、迷った時の参考にしてみてください。

おすすめの記事