<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、提携各社(マイナビ等)のプロモーションを含みます。

転職エージェントは使うなといわれる理由【デメリットや転職成功のコツを解説】

生徒
転職エージェントは使うなって言われているけどなんでなんだろう。
転職エージェントを使わないほうがいい人の特徴は?

ネットで情報を探していると転職エージェントを使わないほうがいいという声もあると思います。

しかし、結論から言うと転職するのであれば転職エージェントを利用するべきです。なぜなら転職エージェントでは自己分析を行った上であなたに合う求人を紹介してくれるからです。

書類選考や面談も手厚いサポートにより通過しやすくなります。この記事を読むと転職エージェントは使うなと言われている理由や、転職エージェントを利用するメリットがわかります。

転職先生
基本的には転職エージェントを使う方が有利に転職できますよ。
この記事で分かること
  • 転職エージェントを使った人・使わなかった人の体験談
  • 転職エージェントを使わない場合のデメリット
  • 転職エージェントを使わない方がいい人の特徴
  • 転職エージェントを使わず転職する際のポイント
  • 転職エージェントを使うメリット
ウルキャリおすすめ転職エージェント
ウルキャリ転職がおすすめする転職エージェントは次の3社です。転職エージェントには合う合わないがあります。無料で利用できるので、最低でも2社以上登録しておきましょう。
登録必須転職エージェント 特徴
リクルートエージェント公式サイトで無料登録
  • 転職支援実績No.1
  • 日本最多求人数(約60万件)
  • 厳選非公開求人数30万件
  • サポートの質が高い
マイナビAGENT 公式サイトで無料登録
  • はじめて転職する人にも安心サポート
  • 各業界の転職事情に通じた専任アドバイザーが担当
  • 未経験可の求人が豊富
LHH転職エージェント公式サイトで無料登録
  • 年収800万円以上の求人多数
  • 3人中2人は年収アップの実績
  • 平均101万円の年収アップ
  • 10人に1人が1,000万円以上の転職に成功
  • 求人数約56,000件
もし、職場を辞めたいけど辞めることを伝えられないという人は、自分は何もせずに退職できる退職代行サービス「リーガルジャパン」がおすすめです。

目次

転職エージェントは使うなと言われる理由3選

転職エージェントは使うなと言われる理由を3つ紹介します。

転職エージェントは使うなと言われる理由
  • 自由に選べる求人が多くない
  • 内定率はそこまで変わらない
  • 興味ない求人を紹介される可能性がある

詳しく解説します。

転職エージェントは使うなと言われる理由①自由に選べる求人が多くないから

転職エージェントは使うなと言われる理由1つ目は、自由に選べる求人が多くないからです。

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーがあなたの希望条件に合う求人を探して紹介してくれます。

行きたい企業があれば自分からキャリアアドバイザーに求人を打診することも可能ですが、ほとんどのケースは紹介された求人に応募して転職活動を進めていきます。

求職者によってはキャリアアドバイザーに押し切られて、言われるがまま求人に応募して転職活動するケースも少なくありません。

したがって、転職エージェントを利用すると応募する求人を自由に選択できず「転職エージェントは使わないほうがいい」と感じる人もいるようです。

転職先生
転職エージェントを利用すると、待遇条件が良い非公開求人を紹介してもらえます。非公開求人は通常では公開されていないため、利用するメリットは大いにあります。

転職エージェントは使うなと言われる理由②内定率はそこまで変わらないから

転職エージェントは使うなと言われる理由として、内定率はそこまで変わらないことが挙げられます。

転職エージェントに登録すると、求人紹介や面接対策・内定後のサポートまで一連の転職活動をサポートしてくれる反面、担当者との面談やスケジュール調整の手間がかかります

転職エージェントのやりとりが煩わしいと感じる人にとって、手間をかけたにもかかわらず内定率に差がなかったと感じる人もいるようです。

転職先生
転職エージェントを利用しなくても全て自分で転職活動をおこなう手間がかかります。一度転職エージェントに登録して利用するか考えてみてもいいでしょう。

転職エージェントは使うなと言われる理由③興味ない求人を紹介されるから

転職エージェントは使うなと言われる理由3つ目は、興味ない求人を紹介されるからです。転職エージェントはキャリアアドバイザーとの面談の中で、自分の希望条件を細かく伝えることが可能です。

基本的には希望条件に合致した求人を紹介してもらうのですが、中には希望していない求人を紹介される場合もあります。

転職エージェントは求職者が内定することで企業から報酬をもらっているので、利益優先で強引に求人を進めてくるキャリアアドバイザーもいるようです。

求職者に寄り添っていないキャリアアドバイザーはすぐに変更を申し出るか、他の転職エージェントを利用することで解決できます。

生徒
希望にマッチしない求人を紹介されてもきっぱり断っていいの?

転職先生
もちろん問題ありません。キャリアアドバイザーをうまく味方につければ、転職エージェントを利用したほうがスムーズに転職活動できますよ。

転職エージェントは使うな!?リアルな体験談から考察

転職エージェントは使うな!?リアルな体験談から考察

転職エージェントは使うなという声に対して、リアルな体験談から考察していきます。紹介する体験談は以下の通りです。

転職エージェントに関する体験談
  • 転職エージェントを使わなかった人の体験談
  • 転職エージェントを使った人の体験談

1つずつ紹介します。

転職エージェントを使わなかった人の体験談

転職エージェントを使わなかった人の体験談は以下の通りです。

転職エージェントはほとんど利用しませんでした。
直接人事の方とやり取りする方がリアルな話が聞けます。
企業と直接やり取りをする中で採用担当者の本質を見抜けるためよかった。
企業と直接やり取りができるため自分のペースで転職できる。
エージェント経由での採用より企業側のコストが削減できるため受かりやすいのではと感じた。
転職エージェントを利用していないと1人で転職しないといけないため孤独感があります。
仕事をしながらだとストレスも多いため、転職活動を相談できる人がいれば良いなぁと感じました。

転職エージェントを利用していない場合、企業と直接やり取りができるため、企業と自分の相性が合うのか判断しやすいという意見があります。

反対に、全て1人で転職活動をしないといけないため、孤独感にさいなまれるケースもあります。

転職エージェントはプロのアドバイザーがサポートしてくれて、あなたに合う求人を紹介してくれます。企業とのやりとりも代行してくれるため、失敗も少なく済むことがメリットです。

ひとりで転職するのが不安な人は転職エージェントを利用したほうが不安も少なく済むでしょう。

転職エージェントを使った人の体験談

転職エージェントを使った人の体験談は以下の通りです。

転職に際して転職エージェントを利用してよかった。
エージェントさんが二人三脚で転職活動を応援してくれるため心強いです。
転職エージェントは自分の市場価値を知れるため、利用してよかったです。
エージェントで転職するつもりがなくても使ってみるべき
エージェントとのやり取りが面倒でした。
選考対策のための書類提出など、選考以前のところでプレッシャーがかかります。
アドバイスをもらえるのはよかったけど、自分には合わなかったです。

転職エージェントが一連の転職活動をサポートしてくれるため、自分では気付けない市場価値などを明確にしてくれます。

一方で、人によってはエージェントとのやり取りが面倒だと感じる人もいるようです。

転職は人生にかかわる大事な機会ですので、めんどくさがらず転職エージェントに頼ったほうが転職成功率は上がるでしょう。

転職先生
転職エージェントを利用することで自分では気付けなかった魅力やスキルに気付けますよ。

転職エージェントを使わない場合のデメリット

転職エージェントを使わなかった場合のデメリット

転職エージェントを使わない場合のデメリットは以下の通りです。

転職エージェントを使わなかった場合のデメリット
  • 転職のプロからの的確なアドバイスがもらえない
  • 非公開求人の紹介を受けられない
  • 企業研究や・日程調整などすべて自分でおこなう必要がある
  • 自分の市場価値を把握できない
  • 面接での失敗を挽回してもらえない
  • 希望条件にあった求人に出会えない

1つずつ解説します。

転職エージェントを使わないデメリット①プロからの的確なアドバイスがもらえない

転職エージェントを使わなかった場合のデメリットの1つ目は転職のプロからの的確なアドバイスがもらえないことです。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは以下の項目をサポートしてくれます。

  • スキル、経験の棚卸し
  • キャリアプランの構築
  • 履歴書の添削
  • 職務経歴書の添削
  • 面接の対策
  • 給料の交渉
  • 面談の日程調整
  • 入社日の日程調整

キャリアアドバイザーは客観的な意見を元にあなたの強みを探し出してくれます。1人で転職活動をしてしまうと自己分析や数々のサポートが受けられません。

転職エージェントを使わないデメリット②非公開求人の紹介を受けられない

転職エージェントを使わなかった場合のデメリットは、非公開求人の紹介を受けられない点です。

非公開求人とは、企業の戦略上外部に漏らしたくない重要なポジションの求人や、人気が高くて求人が集中してしまいそうな高待遇な求人をあえて非公開にして募集している求人のことです。

転職エージェントはこのような非公開求人を多く保有しています。転職エージェントを利用しないと非公開求人に応募することはできないため、高待遇な求人を逃すことになるでしょう。

転職エージェントを使わないデメリット③企業研究や・日程調整などすべて自分でおこなう必要がある

転職エージェントを使わなかった場合のデメリットとして、企業研究や・日程調整などすべて自分でおこなう必要があることが挙げられます。

転職活動では以下の項目を全て自分でやらなければいけません。

  • 求人の検索
  • 企業研究
  • 求人への応募
  • 面接日程の調整
  • 勤務条件の確認
  • 入社日の交渉

働きながら転職活動をする場合は全てをこなすのは難しいです。転職エージェントを利用することで、時間の削減ができるだけでなく、スキルや経験の棚卸しなどの自己分析など、転職を成功へと向かわせるサポートを全面的に受けられます。

転職エージェントを使わないデメリット④自分の市場価値を把握できない

転職エージェントを使わなかった場合のデメリットは、自分の市場価値を把握できない点です。

市場価値を把握できないと、自分の強みがわからない中で転職活動を行うため、自分に合わない仕事に就いてしまう可能性もあります。

転職を行うことにより、どれくらい自分の待遇が良くなるのかもわからないでしょう。

転職エージェントを利用することによって、自分が気づかなかったスキルや強みに気付かせてくれます。

キャリアアドバイザーに紹介された求人を確認することで、自分の市場価値を把握できるでしょう。

転職エージェントを使わないデメリット⑤面接での失敗を挽回してもらえない

転職エージェントを使わなかった場合のデメリットは、面接での失敗を挽回してもらえないことです。

転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーは面接後に採用担当者と連絡を取り、面接でアピールできなかった面やスキルに関してフォローをしてくれます。

万が一面接で失敗をしてもフォローをしてもらえるため、不合格だったものが内定へと覆るパターンも少なくありません。

転職エージェントを利用していないと失敗時のフォローがないため、一発勝負になってしまいます。

転職エージェントを使わないデメリット⑥希望条件にあった求人に出会えない

転職エージェントを使わなかった場合のデメリット6つ目は、希望条件にあった求人に出会えないことも挙げられます。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは求職者の希望条件やスキルから求職者に合った求人を紹介してくれます。

1人で転職活動をする際には求人を自分で探さなくてはいけません。自己分析を行った上で自分の希望条件にあった求人を探すのは至難の業といえるでしょう。

生徒
転職エージェントを利用しないだけで転職の成功率が下がるんですね。

転職先生
転職エージェントは転職を成功させるために全力でサポートしてくれてるんです。

転職エージェントを使わない方がいい人の特徴

転職エージェントを使わない方がいい人の特徴

転職エージェントを使わない方がいい人の特徴は以下の通りです。

転職エージェントを使わない方がいい人の特徴
  • 自分のペースで転職活動したい人
  • 志望先企業が決まっている人
  • 担当者との面談ややりとりが面倒な人
  • エージェントが取り扱っていない企業に転職したい人

1つずつ解説します。

転職エージェントを使わない方がいい人①自分のペースで転職活動したい人

転職エージェントを使わない方がいい人の特徴は、自分のペースで転職活動したい人です。

転職エージェントによっては転職期間が定められている場合があるため、半年〜1年後などに転職したい人は利用しない方がいいかもしれません。

しかし、自分のペースで転職活動をしたい場合でもキャリアアドバイザーに相談することでサポートしてくれる場合もあるため、まずは相談してみることをおすすめします。

転職エージェントを使わない方がいい人②志望先企業が決まっている人

転職エージェントを使わない方がいい人の特徴として、志望先企業が決まっている人も挙げられます。

業界の知識や給与の相場を理解したうえで志望先企業が決まっている場合は、転職エージェントを利用しなくても良いです。

しかし、応募書類の添削や面談の対策が受けたい場合は転職エージェントを利用しましょう。

志望先の企業に内定しなかった場合でも、転職エージェントを利用することで希望に近い企業の紹介を受けられます。

転職エージェントを使わない方がいい人③担当者との面談ややりとりが面倒な人

転職エージェントを使わない方がいい人の特徴として、担当者との面談ややりとりが面倒な人も当てはまります。

キャリアアドバイザーは求職者と密に連絡をとって転職成功へとサポートしてくれます。

しかし、希望条件が変わった場合などは逐一キャリアアドバイザーに連絡しなくてはならないため、連絡の時間が取れなかったり、連絡が面倒だと感じたりする場合は自分で転職活動をした方が良いかもしれません。

転職エージェントを使わない方がいい人④エージェントが取り扱っていない企業に転職したい人

転職エージェントを使わない方がいい人の特徴は、エージェントが取り扱っていない企業に転職したい人です。

転職エージェントが取り扱っていない企業は以下の通りです。

  • 転職エージェントに求人を載せていない中小企業など
  • 出来て間もないベンチャー企業
  • NGO・NPO・学校法人・財団法人など

これらの企業は転職エージェントでも紹介してもらえないため、直接応募しましょう。

転職エージェントに求人を載せていない中小企業は企業のHPから、ベンチャー企業の場合はWantedlyから応募できます。

NGOやNPO、学校法人や財団法人は転職サイトから応募しましょう。

転職先生
自分で転職活動をする時でも保険として転職エージェントを利用することでスムーズに転職できますよ。

転職エージェントを使わない場合の転職活動の流れ

転職エージェントを使わない場合の転職活動の流れは以下の通りです。

転職エージェントを使わない場合の転職活動の流れ
  1. 自己分析する
  2. 履歴書と職務履歴書を作成する
  3. 転職サイトや人脈を使って求人を探す
  4. 求人に応募する
  5. 面接対策する
  6. 内定をもらい退職手続きを進める

1つずつ解説します。

転職エージェントを使わない転職手順①自己分析する

転職エージェントを使わない場合の転職活動の流れの1つ目は自己分析することです。自分の経験やスキルを書き出して強みを把握します。

強みを活かせる業界や職種を決めて、転職理由を整理することが大切です。違う業界へ転職する場合には、新しい業界でも活かせる経験やスキルを明確にしておきましょう。

転職エージェントを使わない転職手順②履歴書と職務履歴書を作成する

転職エージェントを使わない場合の転職活動の次の流れで、履歴書と職務履歴書を作成しましょう。

自身のスキルや実績を具体的に明記することで、応募する企業に自分の強みをアピール出来ます。

転職エージェントを使わない転職手順③転職サイトや人脈を使って求人を探す

転職エージェントを使わない場合の転職活動の手順3として、転職サイトや人脈を使って求人を探すことが挙げられます。

求人を探すツールは以下のものが挙げられます。

  • 転職サイト
  • 企業の採用ページ
  • 検索型の求人サイト
  • SNS
  • 人脈

多くの選択肢の中から自分に合った求人を探しましょう。

転職エージェントを使わない転職手順④求人に応募する

転職エージェントを使わない場合の転職活動の手順4は求人に応募することです。気になった求人があった場合は応募書類を企業へ送ります。

求人は絞らず、気になった企業には積極的に応募する方が選択肢が広がり、転職を有利に進められるでしょう。

転職エージェントを使わない転職手順⑤面接対策する

転職エージェントを使わない場合の転職活動の次の流れで面接対策しましょう。面接の対策をする際に考えておくことは以下の通りです。

  • 自己PR
  • 志望動機
  • 転職理由

これらは必ず聞かれる項目なのでしっかり準備しておきましょう。鏡を前にして練習することで自分のクセを把握できます。

転職エージェントを使わない転職手順⑥内定をもらい退職手続きを進める

転職エージェントを使わない場合の転職活動の手順6として、内定をもらい退職手続きを進めることが挙げられます。

内定をもらったら労働条件通知書を見て、問題がないか確認しましょう。他に志望している企業がある場合は回答期限を確認し、間に合わない場合は企業に期限を延ばせるか相談するのも手です。

内定が決まったら上司に退職の意思を伝え、会社の規定通りに退職届を提出します。円満に退職するために、感謝の言葉を述べ、しっかりと引き継ぎをしましょう。

生徒
自己分析など自分でできるか心配です。

転職先生
自己分析や書類の添削、面接対策だけでも転職エージェントにサポートしてもらうことで、転職の成功に近づけますよ。

転職エージェントを使わない場合の選択肢

転職エージェントを利用しない場合の選択肢

転職エージェントを使わない場合の選択肢は以下の通りです。

転職エージェントを利用しない場合の選択肢
  • 転職サイトの利用
  • キャリアコーチングサービスの利用
  • 企業のコーポレートサイトからの直接応募
  • ハローワークの利用

1つずつ解説します。

転職エージェントを使わない選択肢①転職サイトを利用する

転職エージェントを利用しない場合の選択肢は転職サイトの利用です。転職サイトとは、求人を紹介してくれる転職エージェントとは違い、自ら条件を選んで検索し求人に応募するサービスのことをいいます。

転職サイトはどんな求人があるのか把握したい人や、希望する企業が決まってない人におすすめです。

社会人経験がある場合はdoda、ハイクラス転職を狙っている場合はビズリーチを利用しましょう。

dodaもビズリーチも業界大手のサイトなので幅広い業種の求人を保有しています。社会人経験がない人はリクナビNEXTがおすすめです。

リクナビNEXTは数多くの求人を保有しているほか、自分の強みがわかるグッドポイント診断などの自己分析できる診断を受けられます。

転職エージェントを使わない選択肢②キャリアコーチングサービスを利用する

転職エージェントを利用しない場合の選択肢として、キャリアコーチングサービスの利用が挙げられます。

キャリアコーチングサービスを利用することにより、徹底的に自己分析ができます。自己分析ができることにより、面談時に志望動機やキャリアプランをしっかりと答えることができるのです。

自己分析以外にもキャリアに関する相談や書類選考対策、面接対策を行ってくれます。

転職エージェントを使わない選択肢③企業のコーポレートサイトから直接応募する

転職エージェントを利用しない場合の選択肢として、企業のコーポレートサイトからの直接応募することも手です。

行きたい企業が決まっている場合は直接応募が効果的です。特に公的企業や有名企業、ベンチャー企業は転職エージェントに求人を載せない会社が多いため、直接応募することをおすすめします。

しかし、転職エージェントに求人を掲載している場合は、転職エージェントを利用する方が直接応募よりも条件面で良い場合が多く、面談もしっかり対策して受けられるので内定につながりやすいといえます。

大手企業などは転職エージェントにしか求人を掲載していない場合もあるため、転職エージェントを利用して確認してみましょう。

転職エージェントを使わない選択肢④ハローワークを利用する

転職エージェントを利用しない場合の選択肢としてハローワークを利用することも1つです。

ハローワークは地元に密着した求人を紹介してくれます。地元で転職したい場合や、Iターン、Uターン転職を狙っている人にはおすすめです。

掲載が無料なため、転職エージェントや転職サイトでは見られない企業の求人に応募できます。

無料で利用できるため、求人を確認してみるのもいいでしょう。

転職先生
多くのサービスを利用することで、自分に合った転職方法が見つけられますよ。

転職エージェントを使わないで転職活動する際のポイント

転職エージェントを使わず転職活動する際のポイント

転職エージェントを使わないで転職活動する際のポイントは以下の通りです。

転職エージェントを使わず転職活動する際のポイント
  • 応募数は多めにする
  • スケジュール管理に手を抜かない
  • 第三者からアドバイスをもらう

1つずつ解説します。

転職エージェントを使わない時のポイント①応募数は多めにする

転職エージェントを使わないで転職活動する際のポイントは、応募数は多めにすることです。

転職エージェントを利用しないと、高待遇な非公開求人に応募できないため、応募する数を増やしましょう。

公開求人は非公開求人に比べて応募数も多く、競争率も高いため、多くの求人に応募する必要があります。

転職サービスやハローワーク、人脈を活用して求人を探しましょう。

転職エージェントを使わない時のポイント②スケジュール管理に手を抜かない

転職エージェントを使わないで転職活動する際のポイントとして、スケジュール管理に手を抜かないことが挙げられます。

スケジュール管理を間違ってしまうと、面接の日時がかぶってしまったり、面接の日程の調整がつかなかったりします。

貴重な機会を失わないようにスケジュール管理をしっかり行う必要があります。

転職エージェントを使わない時のポイント③第三者からアドバイスをもらう

転職エージェントを使わないで転職活動する際のポイントは、第三者からアドバイスをもらいましょう。

第三者からのアドバイスにより、自分の強みや向いている業界を把握できます。家族や友人など、信頼できる人のアドバイスには積極的に耳を傾けましょう。

しかし、決断は必ず自分で行うことをおすすめします。

生徒
自分で転職を成功させるにはアンテナを張ることが大切なんですね。

転職先生
アドバイスを聞き入れ過ぎない芯の強さも大切ですよ。

転職エージェントを使うべき理由

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントを使うべき理由は以下の通りです。

転職エージェントを使うべき理由
  • 無料でサービスを利用できる
  • 未経験・異業種の詳しい情報も手に入る
  • 転職市場の相場を把握しているから安心

1つずつ解説します。

転職エージェントを使うべき理由①無料でサービスを利用できる

転職エージェントを使うべき理由は、無料でサービスを利用できることです。転職エージェントは、企業が求職者を雇った時に報酬が支払われるシステムです。

求職者は完全無料で利用できます。無料で転職に成功するまでのほぼ全ての工程をサポートしてくれます。

転職エージェントを使うべき理由②未経験・異業種の詳しい情報も手に入る

転職エージェントを使うべき理由として、未経験・異業種の詳しい情報も手に入ることが挙げられます。

新しい業界に挑戦したい人は、転職エージェントを利用することで、その業種に詳しいキャリアアドバイザーからアドバイスを受けられるでしょう。

これまでの経験やスキルが活かせる業界も紹介してくれるため、転職を有利に進められます。

業界を越えて強みになる経験やスキルを明確にしてくれるため、書類や面接で何をアピールするべきなのか明確にできるでしょう。

転職エージェントを使うべき理由③転職市場の相場を把握しているから安心

転職エージェントを使うべき理由は、転職市場の相場を把握しているから安心できる点です。

業界や職種によって、売り手市場なのか買い手市場なのかの違いにより転職の難易度も変わる上に給与の相場も変わります。

転職エージェントは各業界の事情や相場を知っているため、希望する業種の難易度や相場の目安がつけられ安心できるでしょう。

転職先生
転職エージェントしか知らない情報も多くあるのです。

まずは転職エージェントに無料登録し使わない方がいいのか判断するのがベスト

まずは転職エージェントに無料登録し使うかを判断するのがベスト

まずは転職エージェントに無料登録し使うかを判断するのがベストです。自分で転職活動をする場合でも、自己分析や書類の添削など転職エージェントを利用した方がいいサービスだけ利用することをおすすめします。

おすすめの転職エージェントは以下の通りです。

おすすめの転職エージェント
  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビAGENT

1つずつ解説します。

使ったほうがいい転職エージェント①リクルートエージェント

出典:r-agent.com

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 約447,000件
非公開求人数 約327,000件
対応地域 全国+海外
拠点 東京本社
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
(全国に16拠点)
料金 無料
リクルートエージェントは求人数が業界No.1の転職エージェントです。求人数が多いため、幅広い可能性の中からあなたに合った求人を紹介してくれます。

数多くの求人から比較検討できる点も良い点です。地方の求人も多いため、地方で転職したい人にもおすすめです。

 

使ったほうがいい転職エージェント②doda

出典:doda.jp

運営会社 株式会社パーソルキャリア
公開求人数 約214,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 東京本社(丸の内オフィス)
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
(全国に24拠点)
料金 無料
dodaは業界トップクラスに求人を保有している転職エージェントです。数多くの診断ツールを提供しており、自己分析したい人におすすめです。

高収入な案件も多く保有しているため、キャリアアップを狙っている人にもおすすめできるでしょう。

 

使ったほうがいい転職エージェント③マイナビAGENT

出典:mynavi-agent.jp

運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 東京オフィス、他
料金 無料
マイナビAGENTは20代〜30代に強い転職エージェントです。大手マイナビが運営しており、第二新卒や既卒の方の転職に強いです。

未経験OKな求人も多く保有しているため、新しい業界に転職したい人にもおすすめです。

 

転職エージェント・転職サイト選びに迷ったらどうすればいい?

転職するにあたって、転職エージェント・転職サイトの利用は必須です。そこで、「ウルキャリ転職」が総力を挙げて30社以上の転職エージェント、転職サイトを徹底比較し、おすすめを紹介しています。 あなたが選ぶべきなのはどの転職サービスなのかが分かりますので、迷った時の参考にしてみてください。

おすすめの記事