<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、提携各社(マイナビ等)のプロモーションを含みます。

人材業界はやめとけ?ブラックの噂や向いている人の特徴を徹底解説

生徒
人材業界はブラックだからやめとけって聞いたことあるけど本当なのかな?

人材業界は企業の採用支援から人材派遣、人材紹介まで幅広い分野をカバーする、人の雇用や人事サービスを提供する業界です。

近年、需要が高まっている人材業界ですが、ブラックだからやめとけ、という噂も耳にします。

この記事では、人材業界の実態やどんな人に向いているのかを徹底的に調査し解説します。

転職先生
人材業界に興味がある方、就職しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事で分かること
  • 人材業界がやめとけと言われる理由
  • 人材業界に向いている人の特徴
  • 人材業界で働くメリット
  • 人材業界がブラックか確認するポイント
  • 人材業界転職におすすめの転職エージェント
ウルキャリ転職おすすめサービス
当サイトでは、転職を検討している人に次のサービスをおすすめしています。転職エージェントには合う合わないがあります。無料で利用できるので、最低でも2社以上登録しておきましょう。
登録必須転職エージェント 特徴
リクルートエージェント公式サイトで無料登録
  • 転職支援実績No.1
  • 日本最多求人数(約60万件)
  • 厳選非公開求人数30万件
  • サポートの質が高い
マイナビAGENT 公式サイトで無料登録
  • はじめて転職する人にも安心サポート
  • 各業界の転職事情に通じた専任アドバイザーが担当
  • 未経験可の求人が豊富
LHH転職エージェント公式サイトで無料登録
  • 年収800万円以上の求人多数
  • 3人中2人は年収アップの実績
  • 平均101万円の年収アップ
  • 10人に1人が1,000万円以上の転職に成功
  • 求人数約56,000件
就職を検討の人はこちら 特徴
キャリアチケット公式サイトで無料登録
  • 最短1週間で内定獲得
  • 特別推薦枠多数
  • 受かるES、GD、面接ノウハウをこっそりお伝え
  • 日程調整や人事との連絡もしっかりサポート
  • 人事目線でフィードバックが得られる
もし、職場を辞めたいけど辞めることを伝えられないという人は、自分は何もせずに退職できる退職代行サービス「リーガルジャパン」がおすすめです。

目次

人材業界がやめとけと言われる理由

人材業界がやめとけと言われる理由

人材業界がやめとけと言われる理由を9つ紹介します。

人材業界がやめとけと言われる理由
  • 理想と現実の差が激しいから
  • 長時間労働や時間外労働が発生しやすいから
  • 仕事が単純化・ルーチンワーク化しやすいから
  • 3年以内の離職者が多く管理層が若いから
  • 体育会系色が強くパワハラもあり得るから
  • 参入障壁が低くベンチャー企業が多いから
  • 営業先が多すぎるから
  • 求職者と採用担当者の板挟みになるから
  • 心理的な責任が重い仕事だから

詳しく解説します。

人材業界やめとけの理由①理想と現実の差が激しいから

人材業界がやめとけと言われる理由1つ目は、理想と現実の差が激しいからです。

人材業界を目指す人は、企業とスカウトの仲介役となり「人の役に立ちたい」と考えているでしょう。

しかし、現実は広告営業が多く、人に対してではなく企業に対しての営業が多い傾向にあります。

ノルマ付きのテレアポを要求する企業も少なくなく、理想と現実の差からやめとけと言われる要因となっています。

生徒
会社によっては理想と現実の差を感じてしまうんですね。

転職先生
そうですね、あなたが働きたいと思える会社なのか注意が必要です。

人材業界やめとけの理由②長時間労働や時間外労働が発生しやすいから

人材業界がやめとけと言われる理由に、長時間労働や時間外労働が発生しやすいこともあります。

根本的な原因は、求職者と企業の両方への対応が求められる点にあり、転職活動中の利用者と話合う時間が労働時間外になってしまう場合があることです。

書類作成や各種手続きなどの事務作業を労働時間中に行い、利用者の対応を時間外や休日にしなければならず、やめとけと言われてしまいがちです。

人材業界やめとけの理由③仕事が単純化・ルーチンワーク化しやすいから

人材業界がやめとけと言われる理由として、仕事が単純化・ルーチンワーク化しやすいことも挙げられます。

人材紹介会社で転職エージェントとして働く場合の主な業務は、求職者と企業のマッチングです。

業務は反復的な動作の繰り返しに過ぎず、マンネリ化してルーチンワーク化しがちなのが実情です。

仕事が単純化しやすい点がやりがいを求める人にとっては、人材業界はやめとけと言われる理由の一つといえるでしょう。

転職先生
単純作業が続いてしまうとモチベーションの維持も難しくなるので、注意が必要です。

人材業界やめとけの理由④3年以内の離職者が多く管理層が若いから

人材業界がやめとけと言われる理由の4つ目は、3年以内の離職者が多く管理層が若いからです。

人材業界は3年以内での離職者が多いので、若手の昇進・昇格が積極的に行われ、若くで管理職等に就任する場合があります。

若手が昇進できるメリットもありますが、上司の経験が浅くなってしまい、新人教育やフォローが疎かになってしまいがちです。

経験豊富な上司の下で自分も成長したいと考えている人にとっては、人材業界はやめとけと言われてしまうでしょう。

人材業界やめとけの理由⑤体育会系色が強くパワハラもあり得るから

人材業界がやめとけと言われる理由は、体育会系色が強くパワハラもあり得るからです。

営業職においては、高いノルマの達成が求められるため、極めて大きなプレッシャーにさらされがちです。

成果主義や数値目標の達成を重視している企業では、実績を出せない社員に対しては、上司や先輩から嫌がらせを受けるリスクもあるでしょう。

就職や転職を検討する際は、企業の体質をしっかりと見極めることが重要です。

人材業界やめとけの理由⑥参入障壁が低くベンチャー企業が多いから

人材業界がやめとけと言われる理由に、参入障壁が低くベンチャー企業が多いこともあります。

個人事業主やベンチャー、中小企業が大量に存在しており、小規模な事業者が多いことで、一人当たりの業務負担が過剰になりがちです。

社員数が少ない分、一人で請け負う仕事量は膨大になる可能性があります。加えて、売上が伸び悩む企業では、過重労働に見合わない低賃金という課題も生じかねません。

長時間労働や賃金の低さといった問題に直面しやすく、やめとけと言われてしまうので、小規模過ぎる事業者は避ける方が賢明です。

転職先生
あなたの希望にあった企業を検討しましょう。

人材業界やめとけの理由⑦営業先が多すぎるから

人材業界がやめとけと言われる理由として、営業先が多すぎることも挙げられます。

人材業界の主な業務は、求人開拓と求職者のスカウトであり、企業に対して求人を受注する営業と、求職者に就職や転職を斡旋する営業の2つを同時に行わなければなりません。

営業先は数多く大手企業、中小企業、ベンチャー企業など、業種業態を問わず幅広い層に営業をかける必要があります。

営業先が多すぎるがゆえの業務過多により、やめとけと言われてしまいがちです。

人材業界やめとけの理由⑧求職者と採用担当者の板挟みになるから

人材業界がやめとけと言われる理由の8つ目は、求職者と採用担当者の板挟みになるからです。

企業の求める人材像と求職者の志向が合致しない場合も多々あり、相反する要求を人材業界の企業が調整しなければならず、結果的に双方の板挟みになる可能性があります。

求職者と企業の双方に気を遣わなくてはならず、板挟みの状況が、人材業界の過重負荷やストレスの一因となっています。

精神的な負担も決して小さくなく、人材業界はやめとけと言われがちです。

人材業界やめとけの理由⑨心理的な責任が重い仕事だから

人材業界がやめとけと言われる理由に、心理的な責任が重い仕事であることも挙げられます。

人材業界では求職者に対して、その人の人生を左右するような重大な決断を仰がなければなりません。

人生の岐路に立つ求職者を前に、最善の就職先を提案しなければならず、大役を担っているのが人材業界の役目です。

精神的に過酷な環境下で働かなければならないことから、人材業界はやめとけと言われがちです。

やめとけと言われる人材業界に向いている人の特徴

やめとけと言われる人材業界に向いている人の特徴

やめとけと言われる人材業界に向いている人の特徴を、7つ紹介します。

やめとけと言われる人材業界に向いている人の特徴
  • 仕事重視でバリバリ働ける人
  • 人に興味・関心がある人
  • 社交性がある人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 情報収集力がある人
  • プレゼンが得意な人
  • 体育会系ノリについていける人

詳しく解説します。

やめとけと言われる人材業界に向いている人①仕事重視でバリバリ働ける人

やめとけと言われる人材業界に向いている人の特徴1つ目は、仕事重視でバリバリ働ける人です。

売上や成果を意識しつつ、求職者と企業の両方に真摯に向き合うことができる人でなくてはなりません。

仕事を通じてやりがいを見つけ喜びを感じ、バリバリ働きながら健康管理にも意識が高い人に適しています。

やめとけと言われる人材業界に向いている人②人に興味・関心がある人

やめとけと言われる人材業界に向いている人の特徴は、人に興味・関心がある人です。

人材業界の役割は、求職者と企業を的確にマッチングさせることなので、求職者一人ひとりの個性、経歴、スキルなどを細かく把握し、適性を見極めなければなりません。

人を観察し、その心理や行動をくみ取ることに喜びを感じられる、人間性への深い興味や関心があることが重要な資質のひとつです。

生徒
相手のことがわからないとサポートもできないですよね。

転職先生
そうですね、相手の気持ちや考えを理解する考え方が出来るかどうかが重要です。

やめとけと言われる人材業界に向いている人③社交性がある人

やめとけと言われる人材業界に向いている人の特徴として、社交性がある人も挙げられます。

何よりも重要なのが、相手の心理状況を汲み取り、初対面の人とも自然に打ち解けられる対人スキルです。

人材業界では求職者に寄り添った的確なアドバイスができるよう、相手の本音や課題をくみ取る力が求められます。

効率的な業務運営も可能となるので、社内外のさまざまな立場の人々と適切に付き合える社交性がある人には向いているでしょう。

やめとけと言われる人材業界に向いている人④コミュニケーション能力が高い人

やめとけと言われる人材業界に向いている人の特徴4つ目は、コミュニケーション能力が高い人です。

求職者一人ひとりの本音や希望をくみ取り、最適な就職先を的確に提案できるよう、相手の気持ちに寄り添える配慮が欠かせません。

上司や同僚との円滑なコミュニケーションを保ちつつ、良好な人間関係を築けるような方には向いているでしょう。

やめとけと言われる人材業界に向いている人⑤情報収集力がある人

やめとけと言われる人材業界に向いている人の特徴に、情報収集力がある人も挙げられます。

情報収集力と活用力が必要で企業のウェブサイトや業界メディア、さらには現場の生の声など、さまざまなソースから能動的に情報を仕入れる姿勢が肝心です。

情報の信頼性を判断したうえで、求職者・企業にとって本当に役立つ情報に磨きを掛けていく必要があります。

情報収集力があり、情報を見極める作業が好きな方は人材業界に向いていると言えるでしょう。

転職先生
近年SNSの発達等に伴い、情報収集力の重要性は高まっています。

やめとけと言われる人材業界に向いている人⑥プレゼンが得意な人

やめとけと言われる人材業界に向いている人の特徴として、プレゼンが得意な人も挙げられます。

求職者や企業に話の核心を明確に伝える構成力が求められるので、スライドやグラフを活用した分かりやすい資料の作成や、ポイントを明確に訴求できる能力が必要です。

プレゼン時の話し方やボディランゲージも重要なポイントになるでしょう。しっかりと話の要点を押さえたアピールとコミュニケーション能力が求められます。

プレゼンの経験が豊富な人や、人とのコミュニケーションが得意な人には人材業界は向いているといえます。

やめとけと言われる人材業界に向いている人⑦体育会系ノリについていける人

やめとけと言われる人材業界に向いている人の特徴は、体育会系ノリについていける人です。

体育会系の特徴として、まず先輩後輩の上下関係の厳しさが挙げられます。先輩社員からの指示には従い、逆らわない精神力が必要です。

上下関係が厳しく、忍耐力が試される面もあるので、人材業界の実情を踏まえると、体育会系のノリや空気に慣れ親しんでいる人が活躍しやすいと言えるでしょう。

転職先生
学生時代に運動部に所属していた人等には馴染み深いかもしれませんね。

やめとけと言われている人材業界の仕事内容

やめとけと言われている人材業界の仕事内容

やめとけと言われている人材業界の仕事内容を4つ紹介します。

やめとけと言われている人材業界の仕事内容
  • 人材派遣
  • 人材紹介
  • 求人広告
  • 人材コンサルティング

詳しく解説します。

人材業界の仕事内容①人材派遣

やめとけと言われている人材業界の仕事内容1つ目は、人材派遣です。

企業の人手不足を補うため、人材派遣会社から契約社員やアルバイトを派遣させるのが主な業務です。

長期的な雇用ではなく、比較的短期の派遣となるため、求職者と企業の橋渡し役をこなす能力が人材派遣業界では重要です。

人材業界の仕事内容②人材紹介

やめとけと言われている人材業界の仕事内容に、人材紹介もあります。

人材紹介では、求職者と企業のニーズを的確に掴み、マッチングさせる役割を担うので、書類選考だけでなく、求職者の人柄や適性を見極める高い能力が必要です。

求職者にとっては希望の企業への就職が可能になり、企業側も優秀な人材を長期雇用できるといったメリットがあります。

求職者と企業の長期的な雇用関係を構築するための重要なサービスと言えるでしょう。

人材業界の仕事内容③求人広告

やめとけと言われている人材業界の仕事内容として、求人広告も挙げられます。

求人広告では、効果的な求人広告を制作し、適切な媒体で配信させることが主な役割となります。

テキストだけでなく、画像やデザイン性にも優れている必要があり、企業が求める人材像やスキル、給与・待遇などの求人条件をわかりやすく掲載するものです。

人材業界の仕事内容④人材コンサルティング

やめとけと言われている人材業界の仕事内容4つ目は、人材コンサルティングです。

人材コンサルティングは、企業の人材戦略や組織開発、人事制度の構築などを支援するのが主な業務になります。

企業の経営層や人事部門と密に連携しながら、クライアント企業に寄り添った提案を行うのが人材コンサルタントの強みです。

企業の発展に貢献できる面白さと難しさを同時に味わえる仕事と言えるでしょう。

やめとけと言われる人材業界で働くメリット

やめとけと言われる人材業界で働くメリット

やめとけと言われる人材業界で働くメリットを2つ紹介します。

やめとけと言われる人材業界で働くメリット
  • 人の人生を左右する仕事でやりがいがある
  • 営業職なら「BtoBの新規開拓の営業力」が身につく

詳しく解説します。

人材業界で働くメリット①人の人生を左右する仕事でやりがいがある

やめとけと言われる人材業界で働くメリット1つ目は、人の人生を左右する仕事でやりがいがあることです。

人材業界の仕事は、個人の幸せな人生とビジネスの発展の両輪を支える重要な役割を担っています。

人と企業の可能性を最大化するために尽力し、利用者の人生に寄り添える職業だからこそ、人材業界には大きなやりがいがある仕事です。

生徒
利用者と企業に対して、人材業界の人が架橋になっているんですね。

転職先生
その通りです。

人材業界で働くメリット②営業職なら「BtoBの新規開拓の営業力」が身につく

やめとけと言われる人材業界で働くメリットとして、営業職なら「BtoBの新規開拓の営業力」が身につくことも挙げられます。

新規開拓営業は、まず企業への初期アプローチから始まり、電話やメール、さらには直接訪問して、自社サービスの価値を的確にアピールする力が必要です。

企業との信頼関係を大切にしながら、ニーズの変化に合わせて新サービスを提案していく粘り強さも身につきます。

BtoB営業は、単に売り込むだけでなく、企業との深い信頼関係を構築する力が鍛えられるので、人材業界で身につけた営業力は、他業界でも武器になり得るでしょう。

やめとけと言われる人材業界が本当にブラック企業なのかを確認するポイント

やめとけと言われる人材業界が本当にブラック企業なのかを確認するポイント

やめとけと言われる人材業界が本当にブラック企業なのかを確認するポイントを4つ紹介します。

人材業界が本当にブラック企業なのかを確認するポイント
  • 離職率が高く平均勤続年数が短くないか
  • 残業時間が長くないか
  • 年間休日や有休日数が少なくないか
  • 平均年収が低くないか

詳しく解説します。

人材業界がブラックかの確認ポイント①離職率が高く平均勤続年数が短くないか

人材業界が本当にブラック企業なのかを確認するポイント1つ目は、離職率が高く平均勤続年数が短くないかです。

離職率が高く、平均勤続年数が短ければ、その企業や業界に何らかの問題が存在する可能性が高くなります。

逆に離職率が低く、平均勤続年数が長ければ、社員が働きやすい環境が用意されていると言えるでしょう。

転職サイトの口コミや報酬水準、福利厚生なども参考にし、人材業界に限らず、就職や転職先の企業がブラック化している兆候がないかしっかり確認してください。

人材業界がブラックかの確認ポイント②残業時間が長くないか

人材業界が本当にブラック企業なのかを確認するポイントでは、残業時間が長くないかも調べましょう。

残業時間が長い会社は、人員不足による長時間残業を前提とした非効率な業務体制や生産性の低さや、労務管理意識が低さが見られます。

人材業界に限らず、残業実態は企業の姿勢や体制を物語る大切な判断材料になるので、転職サイトの口コミ情報や、面接時の質疑などで、しっかりと確認しておきましょう。

転職先生
残業に対して手当等がしっかり付いているかどうかも重要です。

人材業界がブラックかの確認ポイント③年間休日や有休日数が少なくないか

人材業界が本当にブラック企業なのかを確認するポイントに、年間休日や有休日数が少なくないかも挙げられます。

休みが不十分だと、働き過ぎによるメンタル・フィジカル面での健康リスクが高まるので、年間休日数が法定の日数を下回っていれば、明らかにブラック寄りと言えます。

また、有給は労働者の権利として法律で定められているので、有給休暇の取得率が低い企業も要注意です。

転職サイトの口コミやインタビューなど、細かな実情を事前に確認することが不可欠で、単なる休日数だけでなく、社員が休めるかどうかが本質的なポイントになります。

人材業界がブラックかの確認ポイント④平均年収が低くないか

人材業界が本当にブラック企業なのかを確認するポイント4つ目は、平均年収が低くないかです。

一般的に年収が低ければ、優秀な人材の採用や定着が難しくなり、一方で高年収企業であれば、社員のモチベーションが高く定着を維持しやすいと言えます。

同業他社や業界平均と照らし合わせて、平均年収に大幅な開きがあるかどうかの判断が必要です。

気になる人材業界の企業がブラックかを確認する方法

気になる人材業界の企業がブラックかを確認する方法

気になる人材業界の企業がブラックかを確認する方法を2つ紹介します。

人材業界の企業がブラックかを確認する方法
  • 会社の口コミサイトを利用する
  • 就きたい職種の社員に話を聞く

詳しく解説します。

人材業界の企業がブラックか確認する方法①会社の口コミサイトを利用する

人材業界の企業がブラックか確認する方法1つ目は、会社の口コミサイトを利用することです。

大手口コミサイト

  • カイシャの評判
  • ライトハウス
  • インディード

近年は従業員の生の声を集めた口コミサイトが増えており、在職中や退職後の社員からリアルな会社の情報を得られます。

口コミには企業の魅力的な一面と、ブラックな実情の両面が書かれているため、中立的な視点での判断が必要です。

入社前に口コミで実情を把握し、ブラック企業に足を踏み入れないよう注意しましょう。

人材業界の企業がブラックか確認する方法②就きたい職種の社員に話を聞く

人材業界の企業がブラックか確認する方法として、就きたい職種の社員に話を聞く方法も挙げられます。

就職・転職サイトなどで、興味のある職種の社員を見つけ、オンラインや実際に会って直接質問をするのがいいでしょう。

在職者や元社員に話を聞く際は、単なる愚痴やネガティブな部分だけでなく、会社の良い面も率直に聞き、プラスとマイナスの両面から総合的に判断することが重要です。

【結論】人材業界はやめとけというほどブラックではないがベンチャーには注意

【結論】人材業界はやめとけというほどブラックではないがベンチャーには注意

人材業界全体を見渡すと、大手優良企業においては待遇や労働環境が整備されており、やめとけと言われるほどブラックではないでしょう。

しかし、中小のベンチャー企業の中には、ブラック化している企業も存在するため、注意が必要です。

大手人材企業では、長時間労働の防止や有給取得の促進、メンタルヘルスケアなど、従業員の働きやすい環境づくりに力を入れています。

一方で、人材業界のうねりを受けて参入したベンチャー企業の中には、人材確保や資金繰りに悪影響が出ている可能性があります。

人材業界においては、企業規模による格差が一因となり、一概にブラックと言えない面もある一方で、従業員の待遇改善が喫緊の課題となっている企業もあるのです。

就職や転職を検討する際は、しっかりと企業の実情を確認する必要があるでしょう。ベンチャーへの転職を成功させるためには、転職エージェントの利用がおすすめです。

【参考】ベンチャーへの転職におすすめのエージェント10選!失敗して後悔しないようにしよう

人材業界の優良企業に転職するためのおすすめ転職エージェント

人材業界の優良企業に転職するためのおすすめ転職エージェント

人材業界の優良企業に転職するためのおすすめ転職エージェントを3つ紹介します。

人材業界の優良企業に転職するためのおすすめ転職エージェント
  • リクルートエージェント
  • LHH転職エージェント
  • doda

詳しく解説します。

人材業界転職におすすめの転職エージェント①リクルートエージェント

出典:r-agent.com

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 約447,000件
非公開求人数 約327,000件
対応地域 全国+海外
拠点 東京本社
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
(全国に16拠点)
料金 無料
リクルートエージェントでは豊富な転職支援実績があり、最新動向や業界構造を熟知しているため、あなたの希望に合わせて最適な求人を紹介してくれます。

人材業界は人的ネットワークが重要視される業界でもあり、リクルートエージェントの強力な情報網が大きな武器となります。

多くの情報からスムーズな転職活動をしたい方におすすめです。

 

人材業界転職におすすめの転職エージェント②LHH転職エージェント

LHH転職エージェント

出典:jp.lhh.com

運営会社 株式会社アデコ
公開求人数 約31,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 首都圏
〒101-0021
東京都千代田区外神田4-14-1
秋葉原UDX(南ウイング) 8F
(全国に3拠点)
料金 無料
LHHは人事コンサルティング大手で、人材業界の求人にも精通しており、適切な転職支援が期待できます。

人材業界の最新動向や企業の人事制度、評価制度などの実情をよく把握しており、利用者のキャリアプランに合った企業をしっかりと見極めてくれるでしょう。

業界に精通したアドバイザーと転職活動を進めたい方におすすめです。

 

人材業界転職におすすめの転職エージェント③doda

出典:doda.jp

運営会社 株式会社パーソルキャリア
公開求人数 約214,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 東京本社(丸の内オフィス)
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
(全国に24拠点)
料金 無料
dodaは国内最大級の求人情報数を誇る転職エージェントで、人材業界の求人も中小から大手まで多数掲載されています。

また、dodaではキャリアアドバイザーからの手厚いサポートも有名で、書類選考対策や面接対策のサービスも受けられます。

手厚いサポートを受けながら転職活動をしたい方におすすめです。

 

まとめ

まとめ

人材業界には転職するメリットとデメリットの両面がありますが、それらを理解したうえで、慎重に転職活動を行えば、優良企業への就職のチャンスは十分にあります。

メリット

  • 人の人生を左右する仕事でやりがいがある
  • BtoBの新規開拓スキルが身に付く
  • 高年収が期待できる

デメリット

  • 一部ブラック企業が存在し過酷な労働環境
  • 営業職が中心で、ノルマ達成プレッシャーが大きい
  • 人間関係のトラブルが起きやすい

ブラック企業かどうかの判断は、離職率、残業時間、年間休日、年収水準などをチェックし、口コミサイトや現役社員の声も参考にするのが重要です。

転職活動では、的確なサポートを提供してくれる人材業界に強い転職エージェントの力を借りることをおすすめします。

人材業界は魅力的な仕事がある半面で過酷な労働環境のリスクもあるため、しっかりと準備して自分に合った優良企業を見つけていきましょう。

転職エージェント・転職サイト選びに迷ったらどうすればいい?

転職するにあたって、転職エージェント・転職サイトの利用は必須です。そこで、「ウルキャリ転職」が総力を挙げて30社以上の転職エージェント、転職サイトを徹底比較し、おすすめを紹介しています。 あなたが選ぶべきなのはどの転職サービスなのかが分かりますので、迷った時の参考にしてみてください。

おすすめの記事