<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、提携各社(マイナビ等)のプロモーションを含みます。

食品メーカーはやめとけ?デメリットや向いていない人の特徴を解説

生徒
食品メーカーはやめとけと言われるのはなぜ?
食品メーカーのデメリットや向いていない人の特徴を知りたい。

食品メーカーは安定性は高いが給料が上がらない、待遇が悪いからやめとけなど、ネガティブな噂が多いため不安になる人もいるのではないでしょうか。

この記事では、食品メーカーはやめとけと言われる理由や、食品メーカーに向いている人の特徴やメリットについて解説します。

食品業界の未来や今後の働き方も解説しているので、食品メーカーを希望する人は参考にしてみましょう。

転職先生
食品メーカーはやめとけと言われる理由を理解して、後悔しない働き方を選びましょう。
この記事で分かること
  • 食品メーカーはやめとけと言われる理由
  • 食品メーカーに向いている人と向いていない人
  • 食品メーカーで働くメリットとデメリット
  • 食品業界の未来について
ウルキャリ転職おすすめサービス
当サイトでは、転職を検討している人に次のサービスをおすすめしています。転職エージェントには合う合わないがあります。無料で利用できるので、最低でも2社以上登録しておきましょう。
登録必須転職エージェント 特徴
リクルートエージェント公式サイトで無料登録
  • 転職支援実績No.1
  • 日本最多求人数(約60万件)
  • 厳選非公開求人数30万件
  • サポートの質が高い
マイナビAGENT 公式サイトで無料登録
  • はじめて転職する人にも安心サポート
  • 各業界の転職事情に通じた専任アドバイザーが担当
  • 未経験可の求人が豊富
LHH転職エージェント公式サイトで無料登録
  • 年収800万円以上の求人多数
  • 3人中2人は年収アップの実績
  • 平均101万円の年収アップ
  • 10人に1人が1,000万円以上の転職に成功
  • 求人数約56,000件
就職を検討の人はこちら 特徴
キャリアチケット公式サイトで無料登録
  • 最短1週間で内定獲得
  • 特別推薦枠多数
  • 受かるES、GD、面接ノウハウをこっそりお伝え
  • 日程調整や人事との連絡もしっかりサポート
  • 人事目線でフィードバックが得られる
もし、職場を辞めたいけど辞めることを伝えられないという人は、自分は何もせずに退職できる退職代行サービス「リーガルジャパン」がおすすめです。

目次

食品メーカーはやめとけと言われる理由

食品メーカーはやめとけと言われる理由

食品メーカーはやめとけと言われる理由を10個紹介します。

食品メーカーはやめとけと言われる理由
  • スキルが身につかない
  • 休みが変則的
  • 圧倒的な高給は望めない
  • 新卒採用が少なく若者が少ない
  • 大手は全国転勤が多い
  • 想像より地味な仕事も多い
  • 労働環境が良くない
  • ミスしないのが当たり前で褒められない
  • 閉鎖的で人間関係が狭い
  • 古い習慣を踏襲している傾向

ひとつずつ見ていきましょう。

食品メーカーやめとけの理由①スキルが身につかない

食品メーカーはやめとけと言われる理由の1つ目は、スキルが身につかないからです。

食品メーカーで工場勤務の場合、毎日がルーティンワークの繰り返しのため、新しいスキルを身につける機会がありません。

その会社でしか通用しない人材になってしまうため、市場価値が上がらず転職でも不利になってしまうでしょう。

また、営業職であっても食品メーカーはルート営業がほとんどのため新規顧客の開拓は望めないことが多いです。

営業に必要なスキルも身につきにくいため、食品メーカーはやめとけと言われています。

食品メーカーやめとけの理由②休みが変則的

食品メーカーはやめとけと言われる理由として、休みが変則的なことが挙げられます。

食品メーカーの工場は基本的に365日稼働しているので、土日が休みになるケースは少ないです。

週休2日でも、平日と土日どちらかの休みになり、お盆や年末年始も稼働しているので、連休が取れないことが多いです。

また、日勤と夜勤の交代制であることも多いため、生活リズムが整いにくいこともデメリットとして挙げられます。

食品メーカーやめとけの理由③圧倒的な高給は望めない

食品メーカーはやめとけと言われる理由の3つ目は、圧倒的な高給は望めないからです。

大手企業によっては40〜50代で年収1000万円を超える企業もありますが、ごく少数です。

2024年4月時点の食品メーカーの平均年収ランキングTOP10は以下のようになっています。(引用:openwork|平均年収ランキング

企業名 平均年収
1位 日本コカ・コーラ株式会社 1203万円
2位 味の素株式会社 929万円
3位 マースジャパンリミテッド 900万円
4位 株式会社日本製粉グループ 822万円
5位 ダノンジャパン株式会社 813万円
6位 MHD・モエ・ヘネシー・ディアジオ株式会社 808万円
7位 カーギルジャパン合同会社 796万円
8位 サントリーホールディングス株式会社 795万円
9位 日本ヒルズ・コルゲート株式会社 774万円
10位 アサヒビール株式会社 766万円

平均年収が1000万円を超えているのはコカ・コーラだけです。大手企業のアサヒビールでも平均年収は10位の766万円という結果になっています。

上記の結果からみても食品メーカーは思ったよりも給与水準が高くない業界だと言えます。

食品メーカーやめとけの理由④新卒採用が少なく若者が少ない

食品メーカーはやめとけと言われる理由は、新卒採用が少なく若者が少ないからです。

食品メーカーは安定性が高いという理由で離職率が低い傾向にあります。人が減りにくい業界は新卒採用をあまり必要としないため、年齢層が高い従業員が残り続けているのが現状です。

フレッシュな若い人材と一緒に働きたいと考えている人には不向きな業界でしょう。

生徒
食品メーカーは新卒に人気ですが、採用はあまりしていないのですね。

転職先生
応募者に対して採用が少ないので、倍率がものすごく高いのが特徴です。

食品メーカーやめとけの理由⑤大手は全国転勤が多い

食品メーカーはやめとけと言われる理由として、大手は全国転勤が多いことが挙げられます。

食品メーカーは全国を拠点に工場を持っている場合が多く、人手不足になれば全国転勤は当たり前のように行われます。

多いところだと2~3年に1回は転勤させられる場合もあります。転勤が嫌だという人は食品メーカーで働くのは難しいでしょう。

食品メーカーやめとけの理由⑥想像より地味な仕事も多い

食品メーカーはやめとけと言われる理由は、想像よりも地味な仕事が多いからです。

製品開発で新しい商品を考えたり、営業で外回りをしたりとバリバリ働くイメージが多い食品メーカーですが、実際は地味な仕事のほうが多いです。

工場で1日中ライン作業や、営業職にも関わらずスーパーで試食のサポートや品出しをさせられるケースもあります。

人気の高い食品メーカーですが、想像よりも地味な仕事が多いので、ギャップに驚く可能性もあるでしょう。

食品メーカーやめとけの理由⑦労働環境が良くない

食品メーカーはやめとけと言われる理由の7つ目は、労働環境が良くないからです。

特に物流センターでの勤務の場合は、以下のような環境である場合が多いです。

  • 保管庫が冷凍庫と同じ温度で寒すぎる
  • 肉体労働のため足腰に負担がかかる
  • フォークリフトが走り回っており危険
  • トイレや休憩室が衛生的に良くない

工場や物流センターは体を動かす作業が多いため、体力に自信がない人には過酷な環境になってしまいます。

食品メーカーにもかかわらず肉体労働が多くてギャップに驚く人もいるでしょう。

食品メーカーやめとけの理由⑧ミスしないのが当たり前で褒められない

食品メーカーはやめとけと言われる理由として、ミスしないのが当たり前で褒められないことが挙げられます。

  • 伝票と在庫数の整合
  • 賞味期限が前後しない出荷
  • 期日通りの配送

上記のように、食品メーカーはかなり細かい作業が多いにもかかわらず、1つミスが発生すると顧客に多大な迷惑がかかってしまいます。

そのためミスをしないのが当たり前という風潮があり、きちんと仕事をこなしたとしても評価されにくいケースがあります。

褒められてモチベーションが上がるタイプの人には、不向きな働き方でしょう。

食品メーカーやめとけの理由⑨閉鎖的で人間関係が狭い

食品メーカーはやめとけと言われる理由の9つ目は、閉鎖的で人間関係が狭いからです。

食品工場や物流センターはいつも決まった顔ぶれでルーチンワークをこなす仕事が多いです。

そのため同じ現場の人はすぐに覚えられますが、他部署に誰がいて何が起こっているのかは基本的に分かりません。

閉鎖的なので、仲の良い人がいれば仕事を頑張れますが、人間関係から疎外された人は居心地が悪くなってしまうでしょう。

転職先生
食品メーカーは企業秘密を持っているケースが多いことも閉鎖的である要因です。

食品メーカーやめとけの理由⑩古い習慣を踏襲している傾向

食品メーカーはやめとけと言われる理由の最後は、古い習慣を踏襲している傾向があるからです。

中小企業の食品メーカーほど、昔から使っている設備や、やり方をつき通しており、使っているパソコンのソフトやシステムも古いものが多いです。

新しい設備やシステムに投資する予算が足りないことや、変更点を与えて生産に影響を出さないようにしていると考えられます。

新しいものが好きな人には食品メーカーは合わないでしょう。

やめとけと言われる食品メーカーに向いていない人の特徴

やめとけと言われる食品メーカーに向いていない人の特徴

やめとけと言われる食品メーカーに向いていない人の特徴として以下が挙げられます。

  • 高い給料が欲しい人
  • 地味な仕事がしたくない人
  • 全国転勤したくない人
  • 他業界の転職を考えている人
  • 若い人が多い環境で働きたい人
  • 新しいものが好きな人

食品メーカーは新商品の開発や営業など、やりがいある働き方をイメージする人がいますが、実際は工場や物流センターでのルーチンワークのほうが多いです。

工場勤務の場合は専門的なスキルも身につきにくく市場価値が上がらないため、転職したくても基本的に同じ職種になってしまいます。

また、食品メーカーは全国拠点で工場を持っている会社が多いので、人手不足になった場合は別の工場への転勤も考えられます。

ひとつの現場に身を置きながら、常に変化や刺激のある働き方がしたい人には、食品メーカーは向いていないでしょう。

食品メーカーはやめとけ?食品業界の未来とは

食品メーカーはやめとけ?食品業界の未来とは

やめとけと言われる食品メーカーの今後の未来について、以下のようなことが考えられます。

食品業界の未来について
  • 少子高齢化と人口減少の加速で経済成長性は見込めない
  • 円安による原材料高騰が影響を及ぼす
  • 最大手は既に食品以外で稼いでいる

詳しく解説します。

少子高齢化と人口減少の加速で経済成長性は見込めない

食品メーカーは今後、少子高齢化と人口減少の加速で経済成長性は見込めないと言われています。

食品を作っても消費する人口が減ってしまえば、当然ながら経済成長は見込めません。

日本は人口減少が加速している中で、国内だけをターゲットにしている企業は、今後衰退していくことが考えられています。

生徒
食品メーカーの売り上げは人口に比例しているのですね。

転職先生
人口が減ってしまうと自然と利益も減ってしまうのが現実です。

円安による原材料高騰が影響を及ぼす

食品メーカーは近年の円安による原材料高騰が影響を及ぼす業界になります。

数年前までは1ドル100円台の時期もありましたが、2024年現在では1ドル150円台まで円安の影響が出ています。

原材料を輸入に頼っている企業が多い食品メーカーは、円安が続く現在では原材料の高騰が大きな問題です。

今後は国産原料の方が安く作れるかもしれません。経済の影響も受けやすい業界であることも覚えておきましょう。

最大手は既に食品以外で稼いでいる

食品メーカーの最大手はすでに食品以外の商品開発を進めており、業績を上げています。

例えば、味の素株式会社は既に食品ではあまり利益を出しておらず、半導体関連の事業で利益を上げています。

国内では食品で利益を上げるのが難しくなってきているのが現状です。

  • 食品関係は海外展開を前提にする
  • 食品以外の事業も視野に入れる

今後の食品業界の動向としては、上記のような事業展開が主流になるかもしれません。

やめとけと言われる食品メーカーで働くメリット

やめとけと言われる食品メーカーで働くメリット

やめとけと言われる食品メーカーで働くメリットは以下の6つがあります。

やめとけと言われる食品メーカーで働くメリット
  • 需要がある業界で安定性が高い
  • 日常生活で自社商品に触れられる
  • 出世競争に勝ちやすい
  • 食に困らない
  • ホワイト企業だとぬるま湯に浸かれる
  • ホワイト企業なら副業しやすい

詳しく解説します。

食品メーカーのメリット①需要がある業界で安定性が高い

やめとけと言われる食品メーカーで働くメリットの1つ目は、需要がある業界で安定性が高いことです。

食品は景気に左右されにくく、常に需要がある分野で、消費する人がいる限り将来的にも需要がなくなることはありません。

また、食品業界は衛生管理の徹底や研究所の新設などで膨大な費用がかかるため、非常に参入障壁が高い分野です。

需要の安定性と参入障壁の高さで、高い安定性を保っており、大手ブランドの食品メーカーなら今後も衰退することはないと考えられます。

食品メーカーのメリット②日常生活で自社商品に触れられる

やめとけと言われる食品メーカーで働くメリットとして、日常生活で自社商品に触れられることが挙げられます。

食品業界は、企業から直接消費者に提供される「BtoC業界」であるため、日常生活でも、自社の商品に触れる機会が多いです。

周りの人から「どんな仕事をしているのですか?」と聞かれた場合、BtoB業界だと会社名も知らないと言われるケースが多くあります。

しかし、食品メーカーだと「スーパーで売ってる〇〇の商品を作っている」と身近に感じられるので、相手にどんな仕事をしているか理解してもらいやすいのがメリットです。

食品メーカーのメリット③出世競争に勝ちやすい

やめとけと言われる食品メーカーで働くメリットは、出世競争に勝ちやすいことです。

食品メーカーは職場で働く人のレベルが低い傾向があります。なぜなら、非常に安定性が高い業界のため、自身のスキルを上げようというモチベーションが上がりにくいことが考えられるからです。

例えばIT業界の場合、参入障壁が非常に低く、弱い企業は衰退していきやすいため、従業員はスキルを得ようと必死になる傾向があります。

スキルアップのために努力できるかの差が、出世競争に勝てるかに繋がってきます。ライバルが弱い食品メーカーは、出世を考えた場合には有利になるでしょう。

食品メーカーのメリット④食に困らない

やめとけと言われる食品メーカーで働くメリットの4つ目は、食に困らないことです。

食品メーカーは「人口比例産業」と呼ばれ、人口の増減によって会社の業績は左右されやすいです。

日本の人口は今後減少していくと予想されますが、それでも人口が1億人以上いる国は少なく、会社の売上げが激減することは考えられません。

非常に安定性が高いため職には困らないことや、食品サンプルをもらう機会も多いため、文字通り「食」にも困らないでしょう。

食品メーカーのメリット⑤ホワイト企業だとぬるま湯に浸かれる

やめとけと言われる食品メーカーで働くメリットは、ホワイト企業だとぬるま湯に浸かれることです。

特に大手企業ほどホワイト化している傾向があります。なぜなら食品メーカーの大手企業は非常に知名度が高いので、不祥事が起こるとマスコミやニュースが騒いで一気に悪い印象が広まるからです。

ホワイト企業なら労働時間もしっかり管理されており、長時間労働をさせられることは基本的にありません。

さらに成果を出さなくても、ハラスメントなどの違法行為がない限り、リストラされることもないでしょう。

生徒
ニュースで企業が問題になっているのは、良く見かけますね。

転職先生
食品メーカーは直接消費者に商品が渡るため、ニュースで問題が知れわたると売り上げが激減してしまいます。

食品メーカーのメリット⑥ホワイト企業なら副業しやすい

やめとけと言われる食品メーカーで働くメリットの最後は、ホワイト企業なら副業しやすいことです。

近年は世間的にも副業を推進しており、ホワイト企業だと副業可としている会社も多いです。

会社の給料は評価によって決まるので、一気に昇給されることは難しく、これからは自分でお金を稼ぐスキルが必要な時代にもなってきます。

収入源が複数あると生活も安定しやすく、長く働き続けてもらえるので、副業可能な会社もどんどん増えてきています。

やめとけと言われる食品メーカーに向いている人の特徴

やめとけと言われる食品メーカーに向いている人の特徴

やめとけと言われる食品メーカーに向いている人の特徴として以下が挙げられます。

  • 安定志向な人
  • 自社の商品が好きな人
  • ライバルとの出世競争が苦手な人
  • 周りに自分の仕事を分かりやすく説明したい人

食品メーカーは非常に安定性が高いため、安定志向で転職を考えていない人に向いています。

企業にもよりますが、自社ブランドで有名な商品を持っていれば周りにも自慢しやすいことや、商品を身近に触れられるのでやりがいも感じられます。

会社に愛着が持てる人には食品メーカーは向いているでしょう。

やめとけと言われる食品メーカーでも本社勤務なら勝ち組

やめとけと言われる食品メーカーでも本社勤務なら勝ち組

やめとけと言われる食品メーカーで長く働きたい人なら、本社勤務なら勝ち組と言われています。なぜなら、食品メーカーのホワイトな働き方や、やりがいのある仕事のイメージはすべて本社でのことだからです。

工場勤務や物流センターでの仕事になれば、毎日同じ作業の繰り返しになり、食品業界の良いイメージとは掛け離れた働き方になります。

そして、専門的なスキルも身につかないので、転職の際には同じ業界・職種への転職が基本になります。

食品メーカーに興味がある人は、自分の適性に合う配属先が非常に重要です。

本社勤務で新商品の開発などに携わる仕事であれば、やりがいやスキルアップに繋がる働き方ができるでしょう。

食品メーカーへの転職を成功させるためのおすすめ転職エージェント

食品メーカーへの転職を成功させるためのおすすめ転職エージェント

食品メーカーへの転職を成功させるためのおすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

食品メーカーへの転職を成功させるためのおすすめ転職エージェント
  • リクルートエージェント
  • LHH転職エージェント
  • doda

詳しく解説します。

食品メーカー転職におすすめ①リクルートエージェント

出典:r-agent.com

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 約447,000件
非公開求人数 約327,000件
対応地域 全国+海外
拠点 東京本社
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
(全国に16拠点)
料金 無料
食品メーカーへ転職したい人におすすめの転職エージェント1つ目は「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは転職業界トップの求人数を保有している、支援実績No.1の大手転職エージェントです。

多くの転職希望者を成功させている実績があり、食品業界を希望する人もキャリアアドバイザーに相談すれば、スキルに合った求人を紹介してくれます。

非公開求人も多く保有しているので、求人サイトに掲載されていない優良な求人も多く紹介してもらえるのが魅力的です。

たくさんの求人から転職先を選びたい人におすすめの転職エージェントです。

 

食品メーカー転職におすすめ②LHH転職エージェント

LHH転職エージェント

出典:jp.lhh.com

運営会社 株式会社アデコ
公開求人数 約31,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 首都圏
〒101-0021
東京都千代田区外神田4-14-1
秋葉原UDX(南ウイング) 8F
(全国に3拠点)
料金 無料
食品メーカーへ転職したい人におすすめの転職エージェントとして、「LHH転職エージェント」があります。

LHH転職エージェントは大手優良企業の求人を多く保有しているハイクラス向けの転職エージェントです。

キャリアアドバイザーは業界別の担当制になっているので、食品業界へ転職したい人のスキルや能力を判断したうえで最適な求人を提案してくれます。

自分のスキルや強みを活かせる仕事を見つけたい人におすすめの転職エージェントです。

 

食品メーカー転職におすすめ③doda

出典:doda.jp

運営会社 株式会社パーソルキャリア
公開求人数 約214,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 東京本社(丸の内オフィス)
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
(全国に24拠点)
料金 無料
食品メーカーへ転職したい人におすすめの転職エージェント3つ目は「doda」です。

dodaは転職者の満足度No.1の人材大手「パーソルキャリア」が運営している転職エージェントです。

キャリアアドバイザーの対応力が高く、食品業界に転職したい人向けの優良求人の紹介や書類作成、面接対策まで手厚いサポートが受けられます。

転職活動に不安を感じており、手厚いサポートを受けたい人におすすめの転職エージェントです。

 

まとめ

まとめ

食品メーカーはやめとけと言われる理由や、向いている人、向いていない人について解説しました。

大手の企業ほどホワイトで安定性も高い傾向があります。圧倒的な給料は望めないものの、安定志向で周りにどんな仕事をしているか説明したい人には食品メーカーは向いています。

労働環境や待遇は会社によってさまざまなので、一概に「食品メーカーはやめとけ」とは言えません。

自分に合った環境でやりがいをもって働けることが大切です。食品メーカーが合っていないと感じる人は転職エージェントを利用して転職活動を行い、理想のキャリアを築いていきましょう。

転職エージェント・転職サイト選びに迷ったらどうすればいい?

転職するにあたって、転職エージェント・転職サイトの利用は必須です。そこで、「ウルキャリ転職」が総力を挙げて30社以上の転職エージェント、転職サイトを徹底比較し、おすすめを紹介しています。 あなたが選ぶべきなのはどの転職サービスなのかが分かりますので、迷った時の参考にしてみてください。

おすすめの記事