<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、提携各社(マイナビ等)のプロモーションを含みます。

保険営業はやめとけと言われる理由【デメリットや向いていない人を徹底解説】

生徒
保険営業はやめとけと言われるのは本当?
保険営業のメリットは?
保険営業をやってみたいけど自分に向いているか不安だな・・

保険営業は成果を出すと高収入を狙える職業ですが、実力主義の厳しい業界でもあります。

何も知らずに保険営業に就職してしまうと、後悔してしまう可能性も高いです。この記事では、保険営業はやめとけと言われる理由やメリット・デメリットに関して詳しく解説していきます。

転職先生
保険営業には魅力ある仕事ですが、向き不向きがあります。
保険営業に転職する際は、注意点を理解しておきましょう!
この記事で分かること
・保険営業はやめとけと言われる理由
・保険営業に就職するメリット
・保険営業に就職するデメリット
・保険営業に向いている人の特徴
・保険営業におすすめの転職エージェント
ウルキャリ転職おすすめサービス
当サイトでは、転職を検討している人に次のサービスをおすすめしています。転職エージェントには合う合わないがあります。無料で利用できるので、最低でも2社以上登録しておきましょう。
登録必須転職エージェント 特徴
リクルートエージェント公式サイトで無料登録
  • 転職支援実績No.1
  • 日本最多求人数(約60万件)
  • 厳選非公開求人数30万件
  • サポートの質が高い
マイナビAGENT 公式サイトで無料登録
  • はじめて転職する人にも安心サポート
  • 各業界の転職事情に通じた専任アドバイザーが担当
  • 未経験可の求人が豊富
LHH転職エージェント公式サイトで無料登録
  • 年収800万円以上の求人多数
  • 3人中2人は年収アップの実績
  • 平均101万円の年収アップ
  • 10人に1人が1,000万円以上の転職に成功
  • 求人数約56,000件
就職を検討の人はこちら 特徴
キャリアチケット公式サイトで無料登録
  • 最短1週間で内定獲得
  • 特別推薦枠多数
  • 受かるES、GD、面接ノウハウをこっそりお伝え
  • 日程調整や人事との連絡もしっかりサポート
  • 人事目線でフィードバックが得られる
もし、職場を辞めたいけど辞めることを伝えられないという人は、自分は何もせずに退職できる退職代行サービス「リーガルジャパン」がおすすめです。

目次

保険営業はやめとけと言われる理由

保険営業はやめとけと言われる理由

保険営業はやめとけと言われる理由は以下の13個が挙げられます。

保険営業はやめとけと言われる理由
・ノルマがきつい
・売れない人は稼げず生活が安定しない
・経費は基本的に自費
・成約があり営業手法が少ない
・売れない場合は長時間労働になる場合がある
・得られるスキルの幅が狭い
・せっかく契約できてもペナルティが発生する
・自分が保険に入らざるを得ない場合もある
・親族や友人から信用を失う可能性がある
・業界が縮小傾向にあり未来が暗い
・離職率が高い
・法律やコンプライアンスに縛られる仕事
・他に稼げる職業は山ほどある

詳しく解説します。

保険営業やめとけの理由①ノルマがきつい

保険営業はやめとけと言われる理由の1つ目は、ノルマがきついからです。職場ごとに異なりますが、「月2件以上の新規契約をとる」「架電営業を週50件以上行う」など厳しいノルマを課せられることがあります。

ノルマを達成できないとプレッシャーを感じてしまい、仕事が辛いと感じてしまうでしょう。

保険営業を選ぶ際は、達成できるノルマかどうかを慎重に検討しましょう。

保険営業やめとけの理由②売れない人は稼げず生活が安定しない

保険営業はやめとけと言われる理由として、売れない人は稼げず安定しないことが挙げられます。

保険営業の給料の仕組みは「基本給+成果報酬」です。契約を取るほど給料は高くなりますが、基本給は低く設定されています。

基本給だけでは生活していくことは厳しいため、保険が売れない人は生活を安定させるのが難しいでしょう。

保険営業を選ぶ際は、基本給がどのくらいもらえるかを確認しておきましょう。

保険営業やめとけの理由③経費は基本的に自費

保険営業はやめとけと言われる理由には、経費は基本的に自費になることが挙げられます。

保険営業を行う際の「交通費」「お茶代」「名刺代」などは全て自費です。

保険が売れないと経費だけが積み重なり、収入が少なくなります。自己負担が嫌な人は、慎重に検討しましょう。

保険営業やめとけの理由④成約があり営業手法が少ない

保険営業はやめとけと言われる理由の4つ目は、制約があり営業手法が少ないからです。

保険営業する際は、会社が用意した営業資料しか使えないという制約があります。営業も飛び込み営業やテレアポ営業しかなく、SNSを使った営業は禁止されているケースも多いです。

保険営業をする際は、営業の工夫がしづらいことを理解しておきましょう。

転職先生
営業の工夫はできないため、顧客とのコミュニケーション能力が重要になります。

保険営業やめとけの理由⑤売れない場合は長時間労働になる場合がある

保険営業はやめとけと言われる理由として、売れない場合は長時間労働になる場合があることが挙げられます。

個人を相手に保険を売る場合は、昼は仕事で予定が合わないことが多く、夜になることが多いです。

相手の都合に合わせてスケジュールを調整する必要があり、労働時間が長くなってしまいます。

土日しか時間が取れない人の場合は、休日返上で対応する必要があるでしょう。保険営業をする際は、スケジュールが不規則になることに注意しておく必要があります。

保険営業やめとけの理由⑥得られるスキルの幅が狭い

保険営業はやめとけと言われる理由には、得られるスキルの幅が狭いことが挙げられます。

保険営業では「保険の知識」「商品説明」「電話応対」などのスキルは得られますが、幅が狭いです。

スキルの幅が狭いと、保険営業以外の職に転職する際に、強みとしてアピールできるものが少なくなります。

強みを増やすためにも、勉強は怠らないようにしましょう。

保険営業やめとけの理由⑦せっかく契約できてもペナルティが発生する

保険営業はやめとけと言われる理由の7つ目は、せっかく契約できてもペナルティが発生するからです。

契約を取れても2年以内に解約されると、担当者に返金ペナルティが発生します。受け取った成果報酬を返金しないといけないため、無理に保険を売ることは避けましょう。

保険営業やめとけの理由⑧自分が保険に入らざるを得ない場合もある

保険営業はやめとけと言われる理由として、自分が保険に入らざるを得ない場合もあることが挙げられます。

ノルマ未達成の場合、自分が保険に入って売上を作ることもあります。自分で入った保険を早期解約すると返金ペナルティが発生するため、おすすめはできません。

自分で保険に入るのは、どうしてもノルマを達成したいときの最後の手段として理解しておきましょう。

転職先生
自分が保険に入ってノルマを達成しても一時しのぎにしかなりません。
保険費用も継続的にかかるため、よく考えたうえで実施しましょう。

保険営業やめとけの理由⑨親族や友人から信用を失う可能性がある

保険営業はやめとけと言われる理由には、親族や友人から信用を失う可能性があることが挙げられます。

親族や友人は気軽に話しやすく、保険の話もしやすいです。しかし、無理やり保険を売ろうとすると、今まで築いた信用を失う可能性があります。

1度失った信用は簡単には戻らないため、親族や友人に保険の話を持ち掛ける際は、慎重に行動しましょう。

保険営業やめとけの理由⑩業界が縮小傾向にあり未来が暗い

保険営業はやめとけと言われる理由10個目は、業界が縮小傾向にあり未来が暗いからです。

保険業界は人口減少や保険市場の飽和に伴い、縮小傾向にあります。今後は保険の仕事をAIが代替するようになるため、人が参入できる分野が狭くなるでしょう。

未経験から保険営業を始める人は、将来性を考えて慎重に検討しましょう。

保険営業やめとけの理由⑪離職率が高い

保険営業はやめとけと言われる理由として、離職率が高いことが挙げられます。保険営業では、厳しいノルマや長時間労働に耐えられず離職してしまう人が多いです。

結果を出さないと収入も安定しないため、生活が苦しくなることも離職理由として挙げられます。

安定した生活を求めている人は、別の職を検討しましょう。

保険営業やめとけの理由⑫法律やコンプライアンスに縛られる仕事

保険営業はやめとけと言われる理由には、法律やコンプライアンスに縛られる仕事が挙げられます。

保険営業は保険業法や金融商品取引法などの法律に基づき、実施する必要があります。

また、副業やSNSで保険を売ることも禁止されており、コンプライアンスも厳しいです。

行動を制限されることが苦手な人は、保険営業はやめたほうがいいでしょう。

保険営業やめとけの理由⑬他に稼げる職業は山ほどある

保険営業はやめとけと言われる理由13個目は、他に稼げる職業は山ほどあるからです。

稼げる職業は、ITエンジニアやコンサルタント、施工管理などさまざまな選択肢があります。

保険営業にこだわる理由があれば別ですが、わざわざノルマが厳しい保険営業を選ぶ必要はありません。

保険営業に転職する際は、本当にやりたい仕事かを考えたうえで行動しましょう。

転職先生
営業が好きであれば、コンサルタントも視野に入れておくといいでしょう。

やめとけと言われる保険営業に就職するメリット

やめとけと言われる保険営業に就職するメリット

やめとけと言われる保険営業に就職するメリットは、以下の6つです。

やめとけと言われる保険営業に就職するメリット
営業スキルが身につく
成績が良ければ高収入が望める
金融や社会保障に関する知識を習得できる
海外事業へ挑戦できる可能性がある
顧客に直接感謝されてやりがいがある
人脈が広がる

詳しく解説します。

保険営業のメリット①営業スキルが身につく

やめとけと言われる保険営業に就職するメリット1つ目は、営業スキルが身につくことです。

保険営業では、専門的な知識を話す能力や相手を納得させるトーク力が身につきます。身につけたスキルは、どの業界に行っても必ず役に立ちます。

例えば、ITエンジニアに転職した場合は、営業ができるエンジニアとして活躍できるでしょう。

転職した際に活かせるように営業スキルは磨いておきましょう。

保険営業のメリット②成績が良ければ高収入が望める

やめとけと言われる保険営業に就職するメリットとして、成績が良ければ高収入が望めることが挙げられます。

保険営業は成果報酬の割合が大きく、契約を取るほど高収入が望めます。20代で年収1,000万を超えることも不可能ではないため、収入を上げたい人は保険営業がおすすめです。

保険営業のメリット③金融や社会保障に関する知識を習得できる

やめとけと言われる保険営業に就職するメリットには、金融や社会保障に関する知識を習得できることが挙げられます。

保険商品は金融や社会保障に関わるものも多く、勉強していくと自然と知識が身につきます。

結果を残すためにも、幅広く勉強しておくことは必要です。金融や保険の知識が問われる資格「ファイナンシャルプランナー(FP)」は仕事にも役立つため、余裕があれば挑戦してみましょう。

保険営業のメリット④海外事業へ挑戦できる可能性がある

やめとけと言われる保険営業に就職するメリット4つ目は、海外事業へ挑戦できる可能性があることです。

日本には外資系の保険会社がいくつか存在しています。外資系は国外に支社を構えているケースが多く、海外事業へ挑戦できる可能性が高いです。

自分の実力を試したい、自分をより成長させたい人は挑戦してみましょう。

転職先生
外資系は実力主義の傾向が高いため、成長したい人には最適の環境になります。

保険営業のメリット⑤顧客に直接感謝されてやりがいがある

やめとけと言われる保険営業に就職するメリットとして、顧客に直接感謝されてやりがいがあることが挙げられます。

例えば、「病気に不安がある人におすすめの保険を勧めた」「価格が気になる顧客に安い保険を提案した」など、顧客に合った保険プランを提案できると感謝される可能性が高いです。

直接感謝されると仕事のやりがいや達成感を感じるため、人の役に立つ仕事をしたい人に保険営業は向いています。

保険営業のメリット⑥人脈が広がる

やめとけと言われる保険営業に就職するメリット6つ目は、人脈が広がることです。保険営業ではさまざまな企業に訪問する機会が多いため、人脈が広がっていきます。

人脈が増えると、社長とのつながりができたり、保険を求めている人に出会えたりする可能性もあります。

知り合いを増やしたい、人と会話してさまざまな知識を吸収したい人に保険営業はおすすめです。

やめとけと言われる保険営業に就職するデメリット

やめとけと言われる保険営業に就職するデメリット

やめとけと言われる保険営業に就職するデメリットは以下の3つです。

やめとけと言われる保険営業に就職するデメリット
離職せざるを得ない状況に陥る可能性がある
実力主義で厳しい業界
休みを取得しづらい

詳しく解説します。

保険営業のデメリット①離職せざるを得ない状況に陥る可能性がある

やめとけと言われる保険営業に就職するデメリット1つ目は、離職せざるを得ない状況に陥る可能性があることです。

ノルマを達成できないとペナルティで解雇を言い渡されることもあり、離職をしないといけない場合があります。

また、結果を出せないと社内の居心地が悪くなって離職するケースも多いです。就職する際は、離職する可能性もあることを覚悟しておきましょう。

転職先生
解雇は再就職の際にバレることもあり、印象が悪くなる可能性があります。
ノルマがきついと感じたら、ノルマのない保険営業に転職することも検討してみましょう。

保険営業のデメリット②実力主義で厳しい業界

やめとけと言われる保険営業に就職するデメリットとして、実力主義で厳しい業界であることが挙げられます。

保険営業は、実力主義で仕事に相当な覚悟を持って取り組まなければ、生き残るには難しい職業です。

厳しい反面、やりがいも多くあり収入も見込めますが、精神的負荷は大きいことは理解しておきましょう。

保険営業のデメリット③休みを所得しづらい

やめとけと言われる保険営業に就職するデメリット3つ目は、休みを取得しづらいです。

基本的に顧客に合わせてスケジュールを調整するため、決まった休日は取れない可能性があります。

もし休日が取れても、保険商品の勉強時間なども確保する必要があり、ゆっくり休める時間は少ないでしょう。

営業する際は、自分のリフレッシュする時間を決めてスケジュールを組むことが重要です。

やめとけと言われる保険営業に向いている人の特徴

やめとけと言われる保険営業に向いている人の特徴

やめとけと言われる保険営業に向いている人の特徴は以下の12個が挙げられます。

やめとけと言われる保険営業に向いている人の特徴
・保険が好きな人
・いち早く営業スキルを習得したい人
・メンタルが強い人
・常に全力笑顔で振る舞える人
・体力がある人
・高収入を目指したい人
・人の人生に貢献できる仕事がしたい人
・成功するまで諦めない覚悟がある人
・勉強して成長するのが好きな人
・実力主義で数字にこだわって働きたい人
・自分よりも相手を優先できる人
・人の話に振り回されない・受け流せる人

詳しく解説します。

保険営業に向いている人①保険が好きな人

やめとけと言われる保険営業に向いている人の特徴1つ目は、保険が好きな人です。保険が好きな人は、熱い思いを顧客に伝えることで、契約を取れる可能性が高くなります。

また、好きなことをしているため、知識の吸収も早く、離職する可能性も低いでしょう。

保険営業に向いている人②いち早く営業スキルを習得したい人

やめとけと言われる保険営業に向いている人の特徴として、いち早く営業スキルを習得したい人が挙げられます。

営業スキルを身につけると、保険営業で安定して稼げたり、他の職でも役に立ったりします。

営業で培ったコミュニケーション能力はどこに行っても通用するため、早く営業スキルを習得したい人に、保険営業はおすすめです。

保険営業に向いている人③メンタルが強い人

やめとけと言われる保険営業に向いている人の特徴3つ目は、メンタルが強い人です。保険営業はノルマに追われたり、営業成績を比較されたりとストレスになる要素が多くあります。

メンタルが強くないと仕事を続けられないため、メンタルに自信がある人は保険営業に挑戦してみましょう。

保険営業に向いている人④常に全力笑顔で振る舞える人

やめとけと言われる保険営業に向いている人の特徴として、常に全力笑顔で振る舞える人が挙げられます。

どんなときも笑顔でいると、信頼感や安心感を相手に与えられます。顧客とのコミュニケーションも円滑に進み、契約が取りやすくなるでしょう。

保険営業に向いている人⑤体力がある人

やめとけと言われる保険営業に向いている人の特徴には、体力がある人が挙げられます。

保険営業は契約を取るまで行動しないといけないため、体力が必要です。

顧客との対応で休日を返上する場合もあり、休まず働ける体力があると結果も出しやすいでしょう。

保険営業に向いている人⑥高収入を目指したい人

やめとけと言われる保険営業に向いている人の特徴6つ目は、高収入を目指したい人です。

保険営業で成績を上げると、基本給に加えて成果報酬が多くもらえるため、高収入を目指せます。

年収1,000万を超える人も少なくないことから、収入を優先したい人に保険営業はおすすめです。

生徒
年収1,000万は夢がありますね!

転職先生
安定して稼げるかは努力次第ですが、若くして年収1,000万を達成する人もいます。

保険営業に向いている人⑦人の人生に貢献できる仕事がしたい人

やめとけと言われる保険営業に向いている人の特徴として、人の人生に貢献できる仕事がしたい人が挙げられます。

保険営業は、顧客の人生に影響を与える貢献度が高い仕事です。顧客に合った保険を提案できたときは、達成感ややりがいを感じられるため、人の人生に関わっていきたい人に向いているでしょう。

保険営業に向いている人⑧成功するまで諦めない覚悟がある人

やめとけと言われる保険営業に向いている人の特徴には、成功するまで諦めない覚悟がある人が挙げられます。

保険営業は提案しても断られることが多く、契約を取るまで諦めないことが重要です。また、成績を上げるまでは収入も不安定になることから、コミットし続ける覚悟がある人に向いている職業と言えます。

保険営業に向いている人⑨勉強して成長するのが好きな人

やめとけと言われる保険営業に向いている人の特徴9つ目は、勉強して成長するのが好きな人です。

勉強が好きな人は、積極的に知識をつけていけるため、成長速度も早くなります。保険に関して何でも答えられるようになると、説得力も増して、早いうちに結果を出すことが可能になるでしょう。

生徒
保険営業で役に立つ資格はありますか?

転職先生
ファイナンシャルプランナーや中小企業診断士などの資格がおすすめです。
資格を取ると、個人や法人に向けて自分の実力を証明できるので、余力があれば挑戦してみましょう。

保険営業に向いている人⑩実力主義で数字にこだわって働きたい人

やめとけと言われる保険営業に向いている人の特徴として、実力主義で数字にこだわって働きたい人が挙げられます。

保険営業は実力主義の世界であり、契約数が成果につながりますそのため、目標の契約数に向かって行動できる人は、保険営業に向いているでしょう。

ノルマがプレッシャーになることもありますが、うまく力に変えれると結果を出しやすくなります。

保険営業に向いている人⑪自分よりも相手を優先できる人

やめとけと言われる保険営業に向いている人の特徴11個目は、自分よりも相手を優先できる人です。

保険営業は相手のスケジュールに合わせて何度も会うことで、契約してもらえる可能性が高くなります。

仕事が休みだとしても、相手のためにすぐ調整できる人は、信頼されて契約を取りやすくなるでしょう。

保険営業に向いている人⑫人の話に振り回されない・受け流せる人

やめとけと言われる保険営業に向いている人の特徴として、人の話に振り回されない・受け流せる人が挙げられます。

人の話を聞いて意見を変更したり影響を受けたりするようでは、契約は勝ち取れません。

保険営業では、自分の芯を持って話すことで説得力のある提案ができます。

周囲に何を言われても流されないマイペースな人は、保険営業に向いている可能性があります。

転職先生
顧客を不安にさせないように、自分の意見をしっかり持っておくことが大切です。

こんな人はやめとけ!保険営業に向いていない人の特徴

こんな人はやめとけ!保険営業に向いていない人の特徴

やめとけと言われる保険営業に向いていない人の特徴は以下の7つです。

やめとけと言われる保険営業に向いていない人の特徴
・細かいルールが守れない人
・勉強が嫌いな人
・ストレス耐性がない人
・安定して稼ぎたい人
・コミュニケーション能力が乏しい人
・向上心がない人
・ワークライフバランスを重視する人

詳しく解説します。

やめとけ!保険営業に向いていない人①細かいルールが守れない人

やめとけと言われる保険営業に向いていない人の特徴1つ目は、細かいルールが守れない人です。

保険営業は法律やコンプライアンスに従い、商品を提案しないといけません。ルールを守らないと、違法な契約と見なされ罰則を受ける可能性もあります。

営業の創意工夫をするのはいいことですが、ルールを守れない人は他の職種を検討しましょう。

やめとけ!保険営業に向いていない人②勉強が嫌いな人

やめとけと言われる保険営業に向いていない人の特徴として、勉強が嫌いな人が挙げられます。

保険の会話には知識が不可欠です。勉強が嫌いだと知識も身につかず、顧客と会話する時に説得力にかけてしまいます。

また、顧客の業界に合わせた知識を仕入れておくと、コミュニケーションが取りやすいです。

勉強はどの業界でも必要になるため、毎日少しずつでも勉強をしておきましょう。

転職先生
保険商品の内容はアップデートされることもあります。
最新の情報に対応できるように、勉強することを心がけましょう!

やめとけ!保険営業に向いていない人③ストレス耐性がない人

やめとけと言われる保険営業に向いていない人の特徴3つ目は、ストレス耐性がない人です。

保険営業は、ノルマや飛び込み営業、顧客との会話などストレスになる要素が多くあるため、ストレス耐性がない人にはおすすめできません。

そのまま仕事を続けると、身体を壊す可能性もあります。自分に耐性があるか分からない人は、ストレス耐性テストを利用してみましょう。

やめとけ!保険営業に向いていない人④安定して稼ぎたい人

やめとけと言われる保険営業に向いていない人の特徴には、安定して稼ぎたい人が挙げられます。

保険営業は契約を獲得できると収入が見込めますが、毎月安定するとは限りません。とくに売上がある月とない月とでは、生活のギャップに苦しむこともあります。

安定して稼ぎたい人は、別の職種を検討しましょう。

やめとけ!保険営業に向いていない人⑤コミュニケーション能力が乏しい人

やめとけと言われる保険営業に向いていない人の特徴5つ目は、コミュニケーション能力が乏しい人です。

保険営業は顧客との会話で契約を取るため、コミュニケーション能力が必須です。相手を納得させる会話や保険に関する説明をうまくできない人は、契約を取るのは難しいでしょう。

コミュニケーション能力が低いと感じる人は、能力を高めるか別の職を探すことをおすすめします。

やめとけ!保険営業に向いていない人⑥向上心がない人

やめとけと言われる保険営業に向いていない人の特徴として、向上心がない人が挙げられます。

保険営業は実績を上げると、年収やキャリアもアップし、向上心がある人ほど活躍できる職業です。

向上心がない人は現状に満足する人が多いため、安定した職種につくと活躍できる可能性があります。

やめとけ!保険営業に向いていない人⑦ワークライフバランスを重視する人

やめとけと言われる保険営業に向いていない人の特徴7つ目は、ワークライフバランスを重視する人です。

保険営業はノルマを達成するために、残業や休日を返上して働くこともあります。契約が取れるまでは休めないこともあり、ワークライフバランスを重視する人には向いていません。

安定した生活を送りたい人は、別の仕事を検討してみましょう。

転職先生
保険営業は生活習慣も不規則になりストレスも溜まります。
体調を崩さないようにリフレッシュする時間は必ず設けましょう。

やめとけと言われる保険営業に向いてないなら他の仕事がおすすめ

やめとけと言われる保険営業に向いてないなら他の仕事がおすすめ

やめとけと言われる保険営業に向いてないなら他の仕事がおすすめです。おすすめの仕事は以下が挙げられます。

・手に職がつく仕事
・自分に向いてる仕事
・自分がやりたい仕事

営業に向いてないと感じる人は、技術が身につくIT系の職種を目指すと安定的に稼ぐことが可能です。

また、自分が向いてる仕事ややりたい仕事に就職できるとストレスなく仕事ができるでしょう。

自分が何がやりたいか不明瞭な場合は、適職診断や転職エージェントに相談すると進みたい方向性が見えてくるため、おすすめです。

やめとけと言われる保険営業の仕事内容

やめとけと言われる保険営業の仕事内容

やめとけと言われる保険営業の仕事内容は以下が挙げられます。

・顧客に最適な保険プランを提案
・テレアポで営業
・企業を訪問し社員に提案
・保険会社に来た顧客の対応

保険営業は顧客のライフプランや現状の不安をヒアリングし、最適な保険プランを提案する仕事です。

テレアポで営業したり、飛び込みで営業したりすることも多く、根気も必要になります。

また、保険は顧客の今後の人生に関わるもので、顧客との丁寧なコミュニケーションが重要です。

人と会話することが苦にならない、根気がある人に向いている職業と言えるでしょう。

やめとけ・ブラックと言われる保険会社の特徴

やめとけ・ブラックと言われる保険会社の特徴

やめとけ・ブラックと言われる保険会社の特徴は以下の6つです。

やめとけ・ブラックと言われる保険会社の特徴
・離職率が高い
・ノルマが過剰
・ノルマ未達成の時のペナルティが重い
・休みが取れない
・いじめやパワハラが横行している
・不適切な営業活動をしている

詳しく解説します。

やめとけと言われる保険会社①離職率が高い

やめとけ・ブラックと言われる保険会社の特徴として、離職率が高いことが挙げられます。

保険会社はノルマを達成しないといけないため、労働時間も長くなりがちです。そのため、厳しい労働環境に耐えられず、離職する人が多くいます。

また、結果を出せないと収入が安定せず、生活が不安定になる可能性も高いです。保険営業が自分に合わないと感じたら、早めに転職を検討しましょう。

やめとけと言われる保険会社②ノルマが過剰

やめとけ・ブラックと言われる保険会社の特徴2つ目は、ノルマが過剰なことです。保険営業では過剰なノルマを課せられることがあります。

ノルマを達成できると評価が高くなりますが、達成できないときは上司から圧力をかけられる可能性も高いです。

達成しないといけないプレッシャーから精神的ストレスを感じて、体調を崩す可能性もあります。

保険会社を選ぶ際は、ノルマが適切かどうかを判断することが重要です。

やめとけと言われる保険会社③ノルマ未達成の時のペナルティが重い

やめとけ・ブラックと言われる保険会社の特徴には、ノルマ未達成の時のペナルティが重いことが挙げられます。

ノルマ未達成の時は、ペナルティとして減給になる可能性があります。結果を出さないと稼げない保険営業では、減給は重い処分と言えるでしょう。

また、ノルマ未達成が続く場合は、解雇や配置転換になる可能性も高いです。重いペナルティがないか転職エージェント経由で確認してみましょう。

やめとけと言われる保険会社④休みが取れない

やめとけ・ブラックと言われる保険会社の特徴4つ目は、休みが取れないことです。保険会社によりますが、ノルマを達成できないと帰らせてくれない、有休申請を承認してくれない企業もあります。

休みが取れないとリフレッシュできず、体を壊してしまいかねません。転職する際は、転職エージェントなどを利用し、事前に有休消化率や休みが取りやすい職場かを確認しておくことをおすすめします。

やめとけと言われる保険会社⑤いじめやパワハラが横行している

やめとけ・ブラックと言われる保険会社の特徴として、いじめやパワハラが横行していることが挙げられます。

「雑用を押し付けられる」「話しても無視される」などいじめやパワハラが横行している職場は、精神的苦痛につながるため注意が必要です。

また、いじめなどは就職してから分かることも多く、判断が難しいため、少しでも違和感を感じたら信頼できる人に相談しましょう。

転職先生
転職エージェントは会社の内情を知っている可能性もあるため、1度聞いてみることをおすすめします。

やめとけと言われる保険会社⑥不適切な営業活動をしている

やめとけ・ブラックと言われる保険会社の特徴6つ目は、不適切な営業活動をしていることです。

枕営業や嘘の説明で契約を取るなど、不適切な営業活動をしている企業は注意が必要です。

不適切な営業活動があるかどうかは、契約の継続率を採用担当者に聞いてみましょう。継続率が低い場合は、不適切な営業を行っている可能性があります。

ホワイトな保険会社の特徴

ホワイトな保険会社の特徴

ホワイトな保険会社の特徴は以下の5つです。

ホワイトな保険会社の特徴
・有給取得率が高い
・福利厚生が充実している
・平均年収が高い
・経営が安定している
・離職率が低く勤続年数が長い

詳しく解説します。

ホワイトな保険会社①有給取得率が高い

ホワイトな保険会社の特徴1つ目は、有給取得率が高いことです。有休消化は労働基準法により定められており、取得を認めないと企業側が罰金を課せられる可能性があります。

そのため、有休申請が滞りなく通る、申請しやすい雰囲気の会社はホワイト企業と言えるでしょう。

転職先生
有給を消化させることは、従業員に与えられた権利です。
転職する際は、有給取得率を事前に確認しておきましょう。

ホワイトな保険会社②福利厚生が充実している

ホワイトな保険会社の特徴として、福利厚生が充実していることが挙げられます。福利厚生が充実していると安心感が得られるため、会社で働く意欲が高くなるでしょう。

とくに、家賃補助や交通費の支給、家族手当など生活に関わる制度の有無は重要です。保険会社を選ぶ際は、自分に必要な制度があるかをしっかり確認しておきましょう。

ホワイトな保険会社③平均年収が高い

ホワイトな保険会社の特徴には、平均年収が高いことも挙げられます。平均年収が高いと稼げる目安が分かるため、重要な指標の1つです。

保険会社は努力次第で平均年収以上も狙えるため、20代で年収1,000万を狙えます。転職する際は、平均年収以外にも成果報酬の割合を確認し、自分がどのくらい稼ぎたいかを考えて会社を選びましょう。

ホワイトな保険会社④経営が安定している

ホワイトな保険会社の特徴4つ目は、経営が安定していることです。経営が安定していると、将来性があると見なされ就職後も安心して働けます。

業績が不安定な企業に転職すると、リストラや給与カットなどが起こる可能性が高いです。

余計なストレスを抱えないためにも、保険会社の業績や評判を確認しておきましょう。

ホワイトな保険会社⑤離職率が低く勤続年数が長い

ホワイトな保険会社の特徴として、離職率が低く勤続年数が長いことが挙げられます。離職率が低いと、職場の環境が良く社員の不満も少ないことにつながります。

例えば、上司と部下の関係がフラットで意見も自由に交換できる環境であれば、コミュニケーションも取りやすいため、不満も少なくなるでしょう。

働きやすい環境があると、勤続年数も自然に長くなります。保険会社を選ぶときは、職場の雰囲気や社員の口コミなどが分かれば確認しておきましょう。

生命保険会社の種類

生命保険会社の種類

生命保険会社の種類は以下の5つです。

生命保険会社の種類
・国内生命保険会社(国内生保)
・外資系生命保険会社
・損保系生命保険会社
・共済の会社
・保険代理店

詳しく解説します。

国内生命保険会社(国内生保)

保険会社の中でも古くからある日本の生命保険会社は「国内生保」と呼ばれています。国内生保の代表的な企業は以下が挙げられます。

・日本生命
・住友生命
・第一生命
・明治安田生命
・大同生命

国内生保は女性の活躍が多く、基本給が高めに設定されています。営業職で安定したい女性の方におすすめです。

外資系生命保険会社

外資系生命保険会社とは、外国人または外国法人が株式を3割以上保有している保険会社のことです。

外資系生命保険会社の代表的な企業は、以下が挙げられます。

・アクサ生命
・アフラック生命
・イオン・アリアンツ生命
・エヌエヌ生命
・チューリッヒ生命

外資系は男性の活躍が多く、成果報酬が高いです。また、外資系は実力主義の傾向が強いため、採用の条件が厳しい場合もあります。

損保系生命保険会社

損保系生命保険会社は、損害保険会社の系列の生命保険会社で、「損保系生保」と呼ばれることもあります。

損保系生命保険会社の代表的な企業は、以下が挙げられます。

・東京海上ホールディングス
・MS&ADインシュアランスグループホールディングス
・SOMPOホールディングス

損保系生命保険会社は、代理店営業の求人が多いです。自分で保険を売るのではなく、さまざまな企業の保険を扱う保険代理店の営業サポートを行っています。

共済の会社

共済はさまざまなリスクに備え、組合員が一定の金額を出し合い共有財産とするものです。

事故が起きた場合は、救済金として共有財産から支払われます。共済の代表的な会社は以下が挙げられます。

・国民共済
・都道府県民共済
・JA共済

JA共済は求人数が多く就職しやすいですが、共済に入ってもらうための知識やトーク力が必要です。

保険代理店

保険代理店は複数の保険会社の商品を扱っています。代表的な代理店は以下です。

・マネーキャリア
・保険見直しラボ
・ほけんの窓口

保険代理店は生命保険会社ではないため、さまざまな保険会社の商品を販売できます。顧客に合わせた商品を提案でき、成果を出しやすいです。

未経験からでも挑戦可能なため、気になる人は求人を確認してみましょう。

やめとけと言われる保険営業に転職するタイミング

やめとけと言われる保険営業に転職するタイミング

やめとけと言われる保険営業に転職するタイミングを2つの観点から解説します。

やめとけと言われる保険営業に転職するタイミング
・やめとけと言われる保険営業にチャレンジするべきタイミング
・やめとけと言われる保険営業は避けるべきタイミング

やめとけと言われる保険営業にチャレンジするべきタイミング

やめとけと言われる保険営業にチャレンジするべきタイミングは以下が挙げられます。

・20代、30代前半の若いとき
・数年分の貯蓄があるとき

20代、30代前半は体力的にも余裕があり、転職に失敗しても立て直しが可能です。30代後半になると、ある程度営業や保険の知識が求められるため、転職が難しくなります。

また、保険営業で稼げるようになるまで時間がかかる可能性があるため、貯蓄は必要です。

最低でも50万ほど貯めておくと、転職活動しやすいでしょう。

やめとけと言われる保険営業は避けるべきタイミング

やめとけと言われる保険営業で避けるべきタイミングは以下が挙げられます。

・40代、50代で養う家族がいるとき
・貯蓄があまりないとき

40代、50代で養う家族がいる場合、生活費や教育費などで出費が多くなるため、生活が厳しくなる可能性が高いです。

保険営業は、毎月安定して稼げるわけではありません。もし転職する場合は、1年間にかかる必要な費用やどのくらい稼ぎたいかを整理したうえで行動しましょう。

保険営業に就職・転職するコツ

保険営業に就職・転職するコツ

保険営業に就職・転職するコツは以下の4つです。

保険営業に就職・転職するコツ
・コミュニケーション能力が伝わるエピソードを話す
・生命保険にこだわる理由を明確にする
・結果に繋がったエピソードを伝える
・面接は第一印象の良さを心がける

詳しく解説します。

保険営業就職・転職のコツ①コミュニケーション能力が伝わるエピソードを話す

保険営業に就職・転職するコツ1つ目は、コミュニケーション能力が伝わるエピソードを話すことです。

保険営業では、契約を取るためにはコミュニケーション能力が必要になります。「初対面の人とすぐ仲良くなれる」「人脈が広い」など、自分の能力をアピールできる話をしましょう。

採用者側は、相手の信頼を得られる、説得力のある話ができる人を求めているため、うまくアピールできると就職できる可能性が高くなります。

保険営業就職・転職のコツ②生命保険にこだわる理由を明確にする

保険営業に就職・転職するコツとして、生命保険にこだわる理由を明確にすることが挙げられます。

「家族が病気になったときに、保険金が役に立った」「親が亡くなったときに、自分に生命保険を残しておいてくれた」など生命保険に関するエピソードがあれば話しましょう。

生命保険にこだわる理由を話すことで、保険会社へ就職することに説得力を持たせられます。

保険営業就職・転職のコツ③結果に繋がったエピソードを伝える

保険営業に就職・転職するコツ3つ目は、結果に繋がったエピソードを伝えることです。保険営業では、保険の契約数という結果を求められます。

「部活に打ち込んで良い成績を修めた」「アルバイトを頑張り表彰された」など自分が過去にやってきたことを洗い出してみましょう。

結果を出したエピソードを話すと、採用担当者に仕事をやり遂げる人と思われる可能性が高くなります。

生徒
話せるようなエピソードがない場合はどうしたらいいですか?

転職先生
重要なのは継続してやり続けることができるかです。
エピソードがない場合は、今頑張っていることや継続していることなどを話しましょう。

保険営業就職・転職のコツ④面接は第一印象の良さを心がける

保険営業に就職・転職するコツとして、面接は第一印象の良さを心がけることが挙げられます。

第一印象が良いとポジティブな印象が強くなり、採用される可能性が高くなります。服装や髪などの見た目を整えることや面接時の受け答えは元気に発言することを心がけましょう。

保険営業への転職を成功させるためのおすすめ転職エージェント

保険営業への転職を成功させるためのおすすめ転職エージェント

保険営業への転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントは以下の3つです。

保険営業への転職を成功させるためのおすすめ転職エージェント
・リクルートエージェント
・LHH転職エージェント
・doda

詳しく解説します。

保険営業転職におすすめの転職エージェント①リクルートエージェント

出典:r-agent.com

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 約447,000件
非公開求人数 約327,000件
対応地域 全国+海外
拠点 東京本社
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
(全国に16拠点)
料金 無料
保険営業への転職を成功させるためにおすすめの転職エージェント1つ目は、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントは、業界トップクラスの非公開求人数を誇り、扱っている求人の幅も広いことが特徴になります。

キャリアアドバイザーの面接サポートや面接対策セミナーも開催しているため、面接が苦手な人は積極的に利用しましょう。

また保険営業の求人は、未経験から経験者まで挑戦できるものが揃っています。手広く求人を探したい人におすすめです。

 

保険営業転職におすすめの転職エージェント②LHH転職エージェント

LHH転職エージェント

出典:jp.lhh.com

運営会社 株式会社アデコ
公開求人数 約31,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 首都圏
〒101-0021
東京都千代田区外神田4-14-1
秋葉原UDX(南ウイング) 8F
(全国に3拠点)
料金 無料
保険営業への転職を成功させるためにおすすめの転職エージェントとして、LHH転職エージェントが挙げられます。

LHH転職エージェントは、ハイキャリア求人を多く抱えていることが特徴で、転職した10人に1人が年収1,000万を超える転職に成功しています。

転職は業界・職種に精通したコンサルタントがサポートしてくれるため、詳細な情報収集が可能です。

保険営業も年収1,000万を超える求人が多く、キャリアアップをしたい人や年収を優先して上げたい人におすすめになります。

 

保険営業転職におすすめの転職エージェント③doda

出典:doda.jp

運営会社 株式会社パーソルキャリア
公開求人数 約214,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 東京本社(丸の内オフィス)
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
(全国に24拠点)
料金 無料
保険営業への転職を成功させるためにおすすめの転職エージェント3つ目は、dodaです。

dodaは、営業やエンジニアなどの職種に強く、営業に特化した専門サイトも併設されていることが特徴になります。

また、適職診断や職務経歴書の作成ツールなどのサポートツールも充実しており、転職活動を効率的に進められます。

保険営業は主に20代、30代を対象としており、大手の生命保険会社の求人が多いです。大手企業で活躍したい人は利用することをおすすめします。

 

保険営業は将来安泰?未来予測を紹介

保険営業は将来安泰?未来予測を紹介

保険営業は将来安泰とは言えませんが、参入の余地はあります。保険営業で今後起きる変化は以下が考えられます。

・保険代理店の減少
・高齢化社会による医療保険の需要が高くなる
・個人向け保険の提案はAIが行う
・法人向け保険は参入の余地あり

高齢化社会が進み、保険の需要自体は高くなりますが、AIの発達で人の仕事は少なくなるでしょう。

とくに個人向けの保険は、シンプルなものが多く、AIでの提案が可能です。しかし、法人向けは複雑なことが多くAIでの代替は難しいため、参入の余地があります。

保険営業をする際は、個人ではなく法人営業に狙いを絞ると将来の安定につながる可能性が高くなるでしょう。

保険営業やめとけに関するよくある質問

保険営業やめとけに関するよくある質問

保険営業やめとけに関して、よくある質問を紹介していきます。

保険営業で働くために必要な経歴は?

保険営業で働く場合は、大卒以上の経歴があると就職しやすいです。理系や文系などの学部は特に問われません。

また、高卒でも働ける企業も多くあるため、挑戦しやすい職種であると言えます。

女性も保険営業に就職していい?

女性も保険営業に就職することは可能です。保険営業は男性より女性のほうが活躍しています。

また、女性の営業は「生保レディ」とも呼ばれ、求人も多くあるため就職しやすいです。

保険営業の転職難易度は?

保険営業の転職難易度は、就職する企業により異なります。大手保険会社を目指す場合は、難易度は高くなりますが、中小企業や中途採用での転職は難易度が低いです。

転職する際は、自分がどの保険会社に転職したいかをよく検討しましょう。

保険営業のノルマ量はどれくらい?

保険営業のノルマは企業により異なります。成果報酬が多いとノルマが厳しくなる傾向がありますが、ノルマがない企業も存在します。

保険営業を選ぶ際は、ノルマ量をよく調べて検討しましょう。

保険営業するならどの保険会社がおすすめ?

保険営業におすすめの保険会社は、一概には言えません。自分に合わない企業に就職すると、早期離職につながる可能性もあります。

保険会社を選ぶ際は、企業分析や就職エージェントに相談するなど情報収集をしっかり行うようにしましょう。

【まとめ】保険業界はやめとけと言われる理由を把握して転職しよう

【まとめ】保険業界はやめとけと言われる理由を把握して転職しよう

改めて、保険営業はやめとけと言われる理由は以下の通りです。

・ノルマがきつい
・売れない人は稼げず生活が安定しない
・経費は基本的に自費
・成約があり営業手法が少ない
・売れない場合は長時間労働になる場合がある
・得られるスキルの幅が狭い
・せっかく契約できてもペナルティが発生する
・自分が保険に入らざるを得ない場合もある
・親族や友人から信用を失う可能性がある
・業界が縮小傾向にあり未来が暗い
・離職率が高い
・法律やコンプライアンスに縛られる仕事
・他に稼げる職業は山ほどある

保険営業は結果を出すと多く稼げますが、厳しいノルマや高い営業スキルが求められます。

自分が保険営業に向いているかやメリット・デメリットをしっかり把握した上で転職するようにしましょう。

以下の記事では、営業成績を高めるためのノウハウが紹介されています。保管営業にチャレンジする人は、あわせてご覧ください。

【参考】営業成績を高めたい!悪い時の原因と高める5つのコツを紹介

転職エージェント・転職サイト選びに迷ったらどうすればいい?

転職するにあたって、転職エージェント・転職サイトの利用は必須です。そこで、「ウルキャリ転職」が総力を挙げて30社以上の転職エージェント、転職サイトを徹底比較し、おすすめを紹介しています。 あなたが選ぶべきなのはどの転職サービスなのかが分かりますので、迷った時の参考にしてみてください。

おすすめの記事