<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、提携各社(マイナビ等)のプロモーションを含みます。

自分だけ仕事量が多いのは勘違い?判断基準や忙しいときの対処法を解説

生徒
自分だけ仕事量が多いと感じるのは勘違いだろうか?
仕事が忙しいときの対処法を知りたい。

仕事をしていると、職場の中で明らかに自分だけ仕事が多いのに同じ給料で不公平に感じる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、あなたの仕事量が多いことによるストレスを軽減するために、適切な仕事量の判断方法と、仕事が多くなる理由や対処法を解説していきます。

自分だけ仕事量が多いと感じている人は、その原因と具体的な解決策が分かるので、ぜひ参考にしてみましょう。

転職先生
自分だけ仕事量が多いと感じるのは勘違いの場合もあります。具体的な仕事の管理方法を見ていきましょう。
この記事で分かること
  • 自分だけ仕事量が多いのが勘違いなのかを判断する方法
  • 自分だけ仕事量が多いと勘違いしてしまう原因
  • 自分だけ仕事量が多い状態に陥る原因
  • 自分だけ仕事量が多いと感じる人の特徴
  • 自分だけ仕事量が多いときにすべき対処法

自分だけ仕事量が多いと感じているなら、すぐに転職するつもりがなくても転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。無料で利用できるおすすめ転職エージェントは以下の3つです。

【結論】あなたのお悩みを解決するには
今の職場に満足していない場合や、転職を迷っている人は、転職エージェントを利用することでお悩みを解決できます。
転職エージェントを利用するべき理由
  • 無料で利用できる
  • キャリアや転職について何でも相談できる(転職するつもりがなくてもOK)
  • 穏便に転職できるようサポートしてもらえる
  • 業界のプロであるキャリアアドバイザーが転職活動を徹底的にサポート
  • エージェントでしか出会えない優良の非公開求人が集まっている
  • 職務経歴書・履歴書の添削や面接対策をしてくれて転職が成功しやすい
  • 転職時の年収や入社日など各種条件交渉も代理してくれる
以下で紹介するエージェントは実績がありサポート力が充実していて、あなたのお悩み解決や転職に成功しやすいです。最低でも2社以上登録して早速行動に移してみましょう
登録必須転職エージェント 特徴
リクルートエージェント公式サイトで無料登録
  • 転職支援実績No.1
  • 日本最多求人数(約60万件)
  • 厳選非公開求人数30万件
  • サポートの質が高い
マイナビAGENT 公式サイトで無料登録
  • はじめて転職する人にも安心サポート
  • 各業界の転職事情に通じた専任アドバイザーが担当
  • 未経験可の求人が豊富
LHH転職エージェント公式サイトで無料登録
  • 年収800万円以上の求人多数
  • 3人中2人は年収アップの実績
  • 平均101万円の年収アップ
  • 10人に1人が1,000万円以上の転職に成功
  • 求人数約56,000件
もし、職場を辞めたいけど辞めることを伝えられないという人は、自分は何もせずに退職できる退職代行サービス「リーガルジャパン」がおすすめです。

目次

自分だけ仕事量が多いのが勘違いなのかを判断する基準

自分だけ仕事量が多いのが勘違いなのかを判断する基準

自分だけ仕事量が多いのが勘違いかを判断する基準は以下の3つがあります。どのように仕事量の多さを判断すればいいのか見ていきましょう。

自分だけ仕事量が多いのが勘違いではないケース
  • 同僚と比較し明らかに仕事やタスク量が多い
  • 周りの人はみんな定時上がりしている
  • 帰宅後や休日にも仕事をしている

詳しく解説します。

自分だけ仕事量が多いのが勘違いではないケース①同僚と比較し明らかに仕事やタスク量が多い

自分だけ仕事量が多いのが勘違いではないケースとして、同僚と比較して明らかに仕事やタスク量が多い場合が挙げられます。

同僚のタスク量は仕事中の姿を見るだけでは分かりづらいので、食事中や休憩中にコソッと聞いてみるのも手です。

また、同僚のタスクが確認できる管理ツールがあれば、そこでチェックしても良いでしょう。明らかに自分よりも同僚のタスクが少なければ、あなたは多くの仕事を抱えていると判断できます。

自分だけ仕事量が多いのが勘違いではないケース②周りの人はみんな定時上がりしている

自分だけ仕事量が多いのが勘違いではないケースは、周りの人が全員定時上がりしている場合です。

周りは定時で帰っているのに、自分だけ定時を過ぎて残業していないでしょうか。その場合は、あなたに過剰な仕事量を振られていると判断できます。

要領が良い人が早く帰るのは自然なことですが、要領が悪そうな人も定時で帰っている場合、あなただけ仕事量が多い可能性があります。

自分だけ仕事量が多いのが勘違いではないケース③帰宅後や休日にも仕事をしている

自分だけ仕事量が多いのが勘違いではないケースは、帰宅後や休日にもやらなけれないけない仕事がある場合です。

帰宅後や休日に仕事をすることを持ち帰り残業といい、もちろん給料は発生しません。持ち帰り残業をしている場合、かなりの仕事量である可能性があります。

効率的に仕事をしていても持ち帰らなければならない場合は、仕事の量に問題があります。

転職先生
明らかに自分だけ仕事が多いかを、周りを見て冷静に判断しましょう。

自分だけ仕事量が多いのは勘違い?誤認してしまう3つの要因

自分だけ仕事量が多いのは勘違い?誤認してしまう3つの要因

「自分だけ仕事量が多いと思うのは勘違いでなのでは」と不安な人のために、多忙だと誤認してしまうケースの主な原因を3つ紹介します。

自分だけ仕事量が多いと勘違いしてしまう原因
  • 自分の仕事内容を正確に把握できていない
  • 他人と比較しすぎている
  • 忙しさを自慢して自己アピールしている

詳しく解説します。

自分だけ仕事量が多いのが勘違いの原因①自分の仕事内容を正確に把握できていない

自分だけ仕事量が多いと勘違いしてしまう原因の1つ目は、自分の仕事内容を正確に把握できていないからです。

抱えているタスクを正確に把握できていない場合、適切な時間配分ができず「自分だけ仕事が多い」と勘違いすることがあります。

また、仕事の詳細を理解していないと、仕事の優先度を誤って判断して効率的な作業ができなくなり、余計に時間がかかってしまうこともあります。

自分が今抱えているタスクを詳細まで把握できているかを再度確認してみましょう。詳細を把握した結果、どう考えても勤務時間内に終わらない業務量や、自分だけ居残りになるような仕事量であれば「自分だけ仕事量が多い」と判断できるでしょう。

自分だけ仕事量が多いのが勘違いの原因②他人と比較しすぎている

自分だけ仕事量が多いと勘違いしてしまう原因として、他人と比較しすぎてしまうことが挙げられます。

優秀な人や仕事ができない人、外交的な人や消極的な人まで、職場にはさまざまな人がいるのが当たり前です。

個人のスキルや性格、環境は違う場合が多いので、仕事中に他人と比較するのは的外れの場合も多いです。

他人との比較によって焦りや不安を感じ、余計に仕事量が多く感じてしまうこともあります。

焦りや不安がある人は一旦自分だけに集中してタスクを整理したり、どうしたら効率よく進められるかを再考したりすることも大切です。

自分だけ仕事量が多いのが勘違いの原因③忙しさを自慢して自己アピールしている

自分だけ仕事量が多いと勘違いする原因には、忙しさを自慢して自己アピールしている場合があります。

忙しさを自慢して自己アピールしていると、勘違いがだんだん「本当に自分だけ仕事が多い」と錯覚し始めてしまいます。

また、忙しいアピールは周りを不快にさせるだけでなく、自分自身にストレスをかけることになります。

明らかに仕事量が多いときは仕方ないですが、単なる「忙しいアピール」は周囲から嫌われる原因にもなるので気をつけましょう。

自分だけ仕事量が多い状態に陥る原因

自分だけ仕事量が多い状態に陥る原因

自分だけ仕事量が多い状態に陥る原因には以下の7つが挙げられます。仕事が増える原因を把握してうまく対処していきましょう。

自分だけ仕事量が多い状態に陥る原因
  • 上司が部下のキャパを正確に把握できていない
  • マルチタスクで全ての仕事が中途半端
  • いじめで意図的に多くの仕事を振られている
  • 上司から期待されて成長を見込まれている
  • 人手不足で他に依頼できる人がいない
  • あなたが優秀である
  • 自ら仕事を引き受け過ぎている

詳しく解説します。

自分だけ仕事量が多い原因①上司が部下のキャパを正確に把握できていない

自分だけ仕事量が多い状態になる原因の1つ目は、上司が部下のキャパを性格に把握できていないからです。

上司があなたの能力を過大評価している場合、キャパを見誤って過剰な仕事を振られている可能性があります。

過大評価されたままでは、いつまでも任される仕事量は減らないので、仕事量が多いことを正直に伝えてみましょう。

相談してみると、意外とすんなり仕事を減らしてもらえるかもしれません。

自分だけ仕事量が多い原因②マルチタスクで全ての仕事が中途半端

自分だけ仕事量が多い状態になる原因として、マルチタスクですべての仕事が中途半端であることが挙げられます。

マルチタスクの場合は注意散漫な状態で仕事をすることになり、脳の処理スピードが遅くなってしまいます。

仕事が多いと感じる人は「シングルタスク」にして生産性をアップさせることがおすすめです。

転職先生
仕事は同時進行していくよりも、一つ一つこなしていく方が早く進められます。

自分だけ仕事量が多い原因③いじめで意図的に多くの仕事を振られている

自分だけ仕事量が多い状態になる原因には、意図的に多くの仕事を振られていることが考えられます。

仕事が多くなる原因の一つに「いじめ」があり、職場でいじめの対象になっている人は、意図的に多くの仕事を振られている可能性があります。

「話しかけても無視される」「周りから見下されている感じがする」など、身に覚えがある場合は危険信号です。

いじめは人間関係の問題のため解説するのは難しいので、異動や転職などで自分から職場を離れることを検討しましょう。

自分だけ仕事量が多い原因④上司から期待されて成長を見込まれている

自分だけ仕事量が多い状態になる原因として、上司から期待されて成長を見込まれていることが考えられます。

あなたが上司から期待されている場合は、それほどネガティブになる必要はないかもしれません。

「まだまだ成長できる」「伸び代がある」と背中を押すような意味合いで仕事を振られている可能性があります。

上司の期待に応えたい方は、もう少し頑張ってみると昇格して給料アップできるチャンスを掴めるでしょう。

自分だけ仕事量が多い原因⑤人手不足で他に依頼できる人がいない

自分だけ仕事量が多い状態になる原因の5つ目は、人手不足で他に依頼できる人がいないからです。

人手不足の場合は職場全体がキャパオーバーな状態なので、あなただけでなく周りも仕事量が多くなっているはずです。

しかし、この状況でも暇そうにしている人がいると「自分だけ仕事量が多いのでは?」と不公平に感じてしまうことがあります。

自分だけ仕事量が多い原因⑥あなたが優秀である

自分だけ仕事量が多い状態になる原因は、あなたが優秀だからです。職場で優秀な人ほど仕事の効率がよく多くのタスクをこなせるので、結果的に自分だけ仕事量が多くなります。

しかしその場合、職場があなたに依存している状態になっている可能性があります。

周りがあなたの優秀さに期待しているのか、依存しているのかをしっかり見極めましょう。もし依存している場合、その会社に居続けてもあなたの負担が増えていく一方です。

会社から期待され、頼られているなら、転職することで業務量の減少・収入アップは十分狙えます

転職エージェントに登録しておけば、思わぬ求人紹介や条件のスカウトが来る可能性が高いです。すぐに転職するつもりがなくても、早めに転職エージェントに無料登録だけしておきましょう。

自分だけ仕事量が多い原因⑦自ら仕事を引き受け過ぎている

自分だけ仕事量が多い状態になる原因の最後は、自ら仕事を受けすぎているからです。もしあなたが優しい性格で断ることが苦手な場合や、唯一の若手、責任のある立場などが要因で、仕事を受けすぎている可能性があります。

自分の優しさ・気遣いが自分を苦しめているケースです。この場合は仕事をお願いする人が「あなたなら忙しくても仕事を引き受けてくれる」と思っているでしょう。

ときには仕事を断る勇気も必要です。「今タスクがどれくらいあるか」を伝えれば相手も分かってくれますし、今後も周囲が気を使ってくれたり、無理に仕事を押し付けられたりすることも無くなります。

転職先生
仕事が多いときはまず上司に相談しましょう、そして新しい仕事は断ることが重要です。

断れる雰囲気でもない場合や、無理に仕事を押し付けてくるような人がいる場合、あなたがその職場に居続けても辛いだけの可能性があります。

あなたが無理なく働ける会社は他にもありますので、早めに転職エージェントに無料登録しておくと、良い条件で転職できる職場が見つかる可能性があります。

自分だけ仕事量が多いと感じる人の特徴

自分だけ仕事量が多いと感じる人の特徴

自分だけ仕事量が多いと感じてしまう人には以下のような特徴があります。

自分だけ仕事量が多いと感じる人の特徴
  • 自己評価が高すぎる人
  • 仕事の効率が悪い人
  • 責任感が強すぎる人
  • プライベートがない人

詳しく解説します。

自分だけ仕事量が多いと感じる人①自己評価が高すぎる人

自分だけ仕事量が多いと感じる人の特徴は自己評価が高すぎる人です。仕事に対する自己評価が高すぎて、必要以上に自分が仕事をこなしていると錯覚してしまう場合があります。

自己評価が高すぎると、自分の仕事量を他人と比較できず、仕事量の認識に差が生まれる可能性があります。

自分だけ仕事量が多いと感じる人②仕事の効率が悪い人

自分だけ仕事量が多いと感じる人の特徴として、仕事の効率が悪い人が挙げられます。仕事にかける時間が多く、効率が悪いことで「自分だけ仕事が多い」と錯覚してしまう場合があります。

時間管理の改善や作業プロセスを見直すことで、仕事の効率を上げていきましょう。

自分だけ仕事量が多いと感じる人③責任感が強すぎる人

自分だけ仕事量が多いと感じる人の特徴は、責任感が強すぎる人です。自分が仕事の責任者である場合や、仕事に関して強い責任感を感じている人は、ストレスを感じやすくなります。

また、自分のレベルと合わない難しい仕事を任されると強いストレスを感じやすいです。

このようなストレスが多いと、気持ちに余裕が持てず焦りを感じて「たくさんの仕事量をしなければならない」と錯覚してしまいます。

転職先生
自分なりの気分転換でストレスを解消を心がけましょう。

自分だけ仕事量が多いと感じる人④プライベートがない人

自分だけ仕事量が多いと感じる人の特徴として、プライベートがない人が挙げられます。

仕事ばかりでプライベートの時間がないとストレスを感じやすいので、プライベートの時間を確保してリフレッシュすることが大切です。

休日まで仕事のことを考えてしまうと、より多くの仕事量を抱えているように感じてしまいます。

ストレス解消法を実践して心身ともにリラックスしましょう。

生徒
仕事を効率的に進めるためには心の余裕が必要なのですね。

転職先生
気持ちに余裕がなく焦りを感じてしまうと、仕事が多いように錯覚してしまいます。心に余裕をもって冷静に判断できるようにしましょう。

自分だけ仕事量が多いという理由で退職するべきではないケース

自分だけ仕事量が多いという理由で退職するべきではないケース

自分だけ仕事量が多いという理由で安易に退職を決めてはいけません。以下のケースである場合は一度自分の仕事を振り返ってみましょう。

自分だけ仕事量が多いという理由で退職するべきではないケース
  • 上司に一度も仕事が多いことを相談したことがない
  • 入社1年未満で一時的に仕事が多いと感じている
  • 成果や頑張りを正当に評価してくれる

詳しく解説します。

上司に一度も仕事が多いことを相談したことがない

自分だけ仕事量が多いという理由で退職するべきではないケースは、上司に一度も仕事が多いことを相談したことがない人です。

「相談する勇気がない」「うまく説得できるか分からない」という理由で相談できない人も多いかもしれません。

しかし、退職するのであれば一度思い切って相談してみるのも一つの方法です。相談すれば上司があなたの気持ちを受け止めてくれて、今の職場ですべてが解決するかもしれません。

入社1年未満で一時的に仕事が多いと感じている

自分だけ仕事量が多いという理由で退職するべきではないケースは、入社1年未満で一時的に仕事が多いと感じているときです。

「まだ仕事に慣れていないだけ」「人間関係にうまく馴染めていないだけ」の可能性もあり、時間が解決してくれるパターンもあるので、退職を判断するのは早いかもしれません。

ただし、明らかに仕事のやり方がおかしいなど、様々な視点から考えて冷静に退職すべきだと思えば、退職を待つ必要はないでしょう。

しばらく仕事を続けていて長年不満を持っている場合は、悩みが解決しない可能性が高いので退職をおすすめします。

辞めづらい場合は、自分は何もせずに退職できる「退職代行サービス」に頼ることもおすすめです。

成果や頑張りを正当に評価してくれる

自分だけ仕事量が多いという理由で退職するべきではないケースとして、成果や頑張りを正当に評価してくれているときです。

職場に不満があったとしても、自分の頑張りや成果をしっかり評価してもらえるのであれば、今の職場に残るメリットはあるでしょう。

どの職場にも必ず良し悪しはあるので、メリットとデメリットを天秤にかけて判断してみてください。

「評価はしてもらえるがそれ以上にストレスが多い」のであれば、退職を前向きに考えても良いでしょう。

1つの会社にこだわる必要はないので、退職をネガティブに捉える必要はありません。

辞めづらい場合は、自分は何もせずに退職できる「退職代行サービス」に頼ることもおすすめです。

自分だけ仕事量が多いときにまずするべきこと

自分だけ仕事量が多いときにまずするべきこと

自分だけ仕事量が多いときに、まずすべきこととして以下の7つが挙げられます。仕事量の多さに対処するために心がけてみましょう。

自分だけ仕事量が多いときにまずするべきこと
  • 仕事を一覧にして可視化できる状態にする
  • タスクに優先順位をつける
  • 時間を区切って仕事に集中する
  • メールやSNSのチェックを制限する
  • 仕事を振られても勇気をもって断る
  • 周りの人に仕事をお願いする
  • 軽い運動や趣味でストレス軽減に努める

ひとつずつ見ていきましょう。

自分だけ仕事量が多いときにするべきこと①仕事を一覧にして可視化できる状態にする

自分だけ仕事量が多いときにするべきことの1つ目は、仕事を一覧にして可視化できる状態にしましょう。

仕事を一覧にまとめて可視化すると以下のようなメリットがあります。

メリット

  • 他の仕事が断りやすくなる
  • 焦る気持ちがなくなる

仕事の一覧化ができると、他の仕事を断りやすくなります。なぜなら、仕事をお願いしてくる相手に一覧を見せると「私はこれだけの仕事を持っているので、その仕事はできない」と伝えられるからです。

また、仕事の可視化をするときは、以下の5つを明確にしてください。

  • 仕事の内容
  • 仕事の期限
  • 必要な時間
  • 誰からの依頼か
  • 優先順位

転職先生
仕事の可視化はメモ帳でもエクセルに記入しても問題ありません。自分を守るために忙しいときほど仕事の可視化をやってみてください。

自分だけ仕事量が多いときにするべきこと②タスクに優先順位をつける

自分だけ仕事量が多いときにするべきなのは、タスクに優先順位をつけることです。

優先順位をつけることで今やるべきことが明確になり、効率的に仕事が進みます。優先順位をつけて持っている仕事を洗い出すと、実際は仕事量が多いと感じなくなるかもしれません。

重要なタスクを優先的に行えるので、成果も上がりやすくなります。

自分だけ仕事量が多いときにするべきこと③時間を区切って仕事に集中する

自分だけ仕事量が多いときにするべきこととして、時間を区切って仕事に集中しましょう。時間を区切れば1つの仕事に集中できて、結果的に仕事の効率化につながります。

例えば、1時間集中して仕事に取り組み、10分休憩するという方法もひとつです。このようなメリハリをつけることで、集中力が維持できて効率的に仕事が進みます。

自分だけ仕事量が多いときにするべきこと④メールやSNSのチェックを制限する

自分だけ仕事量が多いときにするべきことは、メールやSNSのチェックを制限することです。

メールやSNSのチェックは仕事の効率を低下させる原因のひとつです。仕事に取り組んでいるときは、メールやSNSの見すぎには注意して、仕事に集中することをおすすめします。

参考:メール業務の効率化にはメール共有システム【yaritori】

自分だけ仕事量が多いときにするべきこと⑤仕事を振られても勇気をもって断る

自分だけ仕事量が多いときにするべきこととして、仕事を振られても勇気を持って断ることです。

自分の能力や時間に合わない仕事は断る勇気が必要です。特に断ることが苦手な方は、仕事の可視化をやってから断るようにしてみましょう。

仕事を断るのは、適切な自己管理のひとつです。あなたが「NO」と言えるようになると、職場全体の仕事量を均等に保つことにつながり、結果的に職場のためになります。

また、仕事を断れない人ほど、ストレスを抱え込んでしまいます。仕事量が多いと感じている場合は、しっかり断るようにしてください。

自分だけ仕事量が多いときにするべきこと⑥周りの人に仕事をお願いする

自分だけ仕事量が多いときにするべきことは、周りの人に仕事をお願いすることが挙げられます。

職場にはあなた以外にも人はいるはずなので、すべての仕事を一人でやろうと思わなくても大丈夫です。

できるだけタスクを分担し、同僚や部下に仕事を委託しましょう。周りに仕事を委託することで、マネジメントのスキルアップにも繋がります。

仕事が多いと感じたときは、ぜひ周りの人に仕事をお願いしてみましょう。

生徒
周りとの協力は大事ですね。

転職先生
職場はチームなのでお互いに協力し合って仕事を進めていくことが重要です。

自分だけ仕事量が多いときにするべきこと⑦軽い運動や趣味でストレス軽減に努める

自分だけ仕事量が多いときにするべきことの最後に、軽い運動や趣味でストレス軽減に努めるのが有効です。

「仕事が多くて忙しい」と感じているあなたは、かなりのストレスを抱えています。そのときは運動や趣味でリフレッシュを行い、ストレス軽減に努めましょう。

運動をすることで、体内のストレスホルモンが減少し、代わりに幸せホルモンのセロトニンが分泌されます。

運動によってリラックスできるので、気分が晴れやかになりストレス軽減につながります。

また、趣味に没頭することでも、日常のストレスから離れてリフレッシュができます。趣味の選び方は人それぞれですが、自分に合った趣味を見つけてストレス解消に役立てましょう。

自分だけ仕事量が多くて会社を辞めたいときの対処法

自分だけ仕事量が多くて会社を辞めたいときの対処法

自分だけ仕事量が多くて会社を辞めたいときの対処法を6つ紹介していきます。

自分だけ仕事量が多くて会社を辞めたいときの対処法
  • 仕事量を減らしてもらえないか上司に相談する
  • 各仕事にかかった時間を上司に伝える
  • 本当に全ての仕事をやる必要があるのかを考える
  • 部署の異動願いを出す
  • 転職エージェントでプロにキャリア相談する
  • 会社に原因がある場合は辞めて転職する

詳しく解説します。

自分だけ仕事量が多い時の対処法①仕事量を減らしてもらえないか上司に相談する

自分だけ仕事量が多くて会社を辞めたいときの対処法の1つ目は、仕事量を減らしてもらえないか上司に相談することです。

困ったときは勇気をもって「仕事量について相談があるのですが」と伝えましょう。どんな対応をされるかは上司次第ですが、本気で伝えれば仕事量を減らしてもらえるかもしれません。

上司も部下に辞められては困るので、部下からの相談を無視はできないでしょう。

転職先生
自分だけ仕事が多いときは、まず上司に相談することが大切です。

自分だけ仕事量が多い時の対処法②各仕事にかかった時間を上司に伝える

自分だけ仕事量が多くて会社を辞めたいときの対処法には、各仕事にかかった時間を上司に伝えることが挙げられます。

ただ単に「仕事を減らしてほしい」と上司に伝えるだけでは納得しづらいので、各仕事にかかっている時間を明確にして伝えることがおすすめです。

具体的に時間不足であることが伝われば、仕事を減らしてもらえるかもしれません。

自分だけ仕事量が多い時の対処法③本当に全ての仕事をやる必要があるのかを考える

自分だけ仕事量が多くて会社を辞めたいときの対処法として、本当にすべての仕事をやる必要があるのか考えましょう。

自分の能力を超えた仕事はしっかり断ることが重要です。断らないと仕事は増える一方なので勇気を持って断りましょう。

特に、意見を通すのが苦手な人ほど見下されて、無駄に仕事を押し付けられてしまいます。

本当に必要な仕事だけを受け取って、自分に合わない仕事は断れるようになれば、無駄に仕事を振られることもなくなります。

自分だけ仕事量が多い時の対処法④部署の異動願いを出す

自分だけ仕事量が多くて会社を辞めたいときの対処法として、部署の異動願いをすることが挙げられます。

部署異動をして職場環境が変われば仕事が減る可能性があります。今の仕事にマンネリを感じている人にとっては気分転換にもなるので、ぜひ部署異動を検討してみてください。

自分だけ仕事量が多い時の対処法⑤転職エージェントでプロにキャリア相談する

自分だけ仕事量が多くて会社を辞めたいときの対処法の5つ目は、転職エージェントでプロにキャリア相談をしてみましょう。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは多くの転職者の相談を受けているので、あなたに合ったキャリアを提示してくれます。

「仕事量が多いので何とかしたい」という相談でも解決策を一緒に考えてくれる強い味方です。

本当に仕事が合っていないと感じているなら、あなたに合った転職先も紹介してもらえます。

書類作成や面接などの選考対策もサポートしてもらえるので、今のキャリアに不安を感じている人はぜひ利用してみましょう。

自分だけ仕事量が多い時の対処法⑥会社に原因がある場合は辞めて転職する

自分だけ仕事量が多くて会社を辞めたいときの対処法の最後は、会社に原因がある場合は辞めて転職するのがおすすめです。

人手不足など会社に原因がある場合は、すぐに解決することは難しいです。それでもすぐに解決したい人は転職を視野に入れてみましょう。

転職先生
会社を変えれば仕事内容や職場環境もガラッと変わるので、仕事量が減る可能性もあります。

自分だけ仕事量が多いときに登録しておくべき転職エージェント

自分だけ仕事量が多いときに登録しておくべき転職エージェント

自分だけ仕事量が多いときに登録しておくべき転職エージェントを紹介します。仕事量の多さに耐えられなくなったら転職も視野に入れてみましょう。

転職エージェントがおすすめの理由
  • 無料で利用できる
  • キャリアや転職について何でも相談できる(転職するつもりがなくてもOK)
  • 穏便に転職できるようサポートしてもらえる
  • 業界のプロであるキャリアアドバイザーが転職活動を徹底的にサポート
  • エージェントでしか出会えない優良の非公開求人が集まっている
  • 職務経歴書・履歴書の添削や面接対策をしてくれて転職が成功しやすい
  • 転職時の年収や入社日など各種条件交渉も代理してくれる
おすすめエージェントを見ていきましょう。

自分だけ仕事量が多い人におすすめ①リクルートエージェント

出典:r-agent.com

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 約447,000件
非公開求人数 約327,000件
対応地域 全国+海外
拠点 東京本社
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
(全国に16拠点)
料金 無料
自分だけ仕事量が多いときに登録しておくべき転職エージェントの1つ目は「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1の転職エージェントです。求人数は業界トップであり、初めて転職に挑戦する人やキャリアアップを目指す人にも多く利用されています。

エージェントに登録してキャリアアドバイザーの面談を受ければ、あなたに合った求人情報を非公開求人を含めて紹介してもらえます。

多くの求人から自分に合った仕事量で進められる転職先を選びたい人におすすめの転職エージェントです。

リクルートエージェントの詳細や評判・口コミまとめはこちら

 

自分だけ仕事量が多い人におすすめ②doda

出典:doda.jp

運営会社 株式会社パーソルキャリア
公開求人数 約214,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 東京本社(丸の内オフィス)
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
(全国に24拠点)
料金 無料
自分だけ仕事量が多いときに登録しておくべき転職エージェントとして「doda」が挙げられます。

dodaは人材大手の「パーソルキャリア」が運営している業界大手の転職エージェントです。

キャリアアドバイザーからのサポートが手厚いことが評判で、優良求人の紹介や書類作成、面接対策まで幅広い支援が受けられるのが魅力的です。

キャリアアドバイザーは企業との連携に強みを持っているので、転職先の仕事量を聞けば教えてもらえるケースもあります。

良質なサポートを受けながら転職活動を進めたい人におすすめの転職エージェントです。

dodaの詳細や評判・口コミまとめはこちら
(dodaエージェントまとめはこちら

 

自分だけ仕事量が多い人におすすめ③ビズリーチ

出典:bizreach.jp

運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 約98,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 東京本社
東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー12F
(全国に6拠点)
料金 基本無料
プレミアムプラン:5,478円~
自分だけ仕事量が多いときに登録しておくべき転職エージェントは「ビズリーチ」です。

ビスリーチは年収800万円以上の高待遇の求人を多く扱うスカウト型の転職エージェントです。

登録して経歴を入力すると好条件でのスカウトが届きます。ヘッドハンターが仕事量が多すぎる転職者の現状や、今後のキャリアプランについても客観的に評価してくれるので安心して利用できます。

自分だけ仕事量が多いと悩んでいる人でも、スカウトで自分の市場価値を把握できるおすすめの転職エージェントです。

ビズリーチの詳細や評判・口コミまとめはこちら

 

自分だけ仕事量が多くて退職しづらいなら退職代行で辞められる!

自分だけ仕事量が多くて退職しづらいなら退職代行で辞められる!

自分だけ仕事量が多くて退職しづらい人が使える退職代行を紹介します。

退職代行がおすすめの理由
  • 自分は何もせずにストレスなく辞められる
  • 上司や同僚と顔を合わせず、連絡も取ることなく辞められる
  • 荷物も退職代行業者から会社に頼んで郵送で送ってもらえる
  • 引き継ぎをしなくても良い
  • 100%退職できる

自分だけ仕事量が多くて退職しづらい人におすすめ①辞めるんです

辞めるんです

出典:yamerundesu.com

運営会社 LENIS Entertainment株式会社
利用料金 27,000円
支払い方法 振込・クレジット
対応時間 24時間
対応エリア 全国
代行内容 有給消化交渉
未払い賃金交渉
会社への退職連絡
自分だけ仕事量が多くて退職しづらい人向けの退職代行サービスとして「辞めるんです」があります。

退職代行「辞めるんです」は弁護士が監修している退職代行サービスのため、非弁行為などの危険性がなく、安心して使えるサービスです。

「辞めるんです」を利用した際の退職率は100%であり、10,000件以上の実績があります。

後払いの退職代行サービスのため、辞めてから料金を支払えるのが大きなメリットです。

 

自分だけ仕事量が多くて退職しづらい人におすすめ②退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチ

出典:g-j.jp/lp04

運営会社 株式会社ニコイチ
利用料金 27,000円
支払方法 ・銀行振込み
・クレジットカード決済
・電子マネー決済
対応時間 7:00~23:30
対応エリア 全国
代行内容 退職、有給消化
自分だけ仕事量が多くて退職しづらい人向けの退職代行サービスは「退職代行ニコイチ」です。

ニコイチは退職成功率100%で、退職をさせた人数は業界No.1の48,000人以上の実績がある、安心の退職代行サービスです。

創業19年と退職代行サービスの中では最も早くから営業しており、長年のノウハウで退職をサポートしてもらえます。

円満退職に向けたサポートも行っているので、トラブルを起こしたくない人にもおすすめの退職代行サービスです。

 

自分だけ仕事量が多くて退職しづらい人におすすめ③退職代行Jobs

退職代行Jobs

出典:jobs1.jp

運営会社 株式会社アレス
利用料金 27,000円
支払方法 ・現金払い
・銀行振込み
・クレジットカード決済
・コンビニ決済
対応時間 24時間対応
対応エリア 全国
代行内容 ・退職届の提出
・無料転職サポート
・有給申請
自分だけ仕事量が多くて退職しづらい人向けの退職代行サービスの3つ目は「退職代行jobs」があります。

退職代行Jobsは顧問弁護士監修なので、安心して退職を進められるサービスです。手続きは最短30分で24時間対応しており、即日退職も可能なスピード感が魅力です。

さらに無料転職サポートや有給休暇の無料申請サポートも行っているので、退職後のアフターフォローも充実しています。

退職するのが不安で手厚いサポートを受けたい人におすすめの退職代行サービスです。

 

自分だけ仕事量が多いと感じる人からのよくある質問

自分だけ仕事量が多いと感じる人からのよくある質問

自分だけ仕事量が多いと感じる人からのよくある質問に回答していきます。

自分だけ仕事量が多くてイライラする場合の対処法は?

自分だけ仕事量が多くてイライラするときは以下を実践してみましょう。

  • 上司に相談する
  • 難易度の高い仕事は断る
  • 部署異動で職場環境を変える
  • 思い切って退職する

その場しのぎでイライラを抑えるだけでは対処できません。根本原因を解決するために、上記を実践してみましょう。

自分だけ仕事量が多いのに給料が上がらないのはおかしいのでは?

自分だけ仕事が多いのに給料が上がらないのはおかしいことではありません。会社の給料は人事考課によって決められるので、仕事量が多くても給料が変わらないのが一般的です。

それでも自分だけ仕事が多いのに給料が低いと感じる場合は、上司に相談してみましょう。

「給料が上がらないのなら仕事を減らしてほしい」と交渉するのがおすすめです。それでも対応してくれず問題が解決しないときは、会社がブラックである可能性が高いので転職を視野に入れてみると良いでしょう。

【まとめ】自分だけ仕事量が多いと感じるのは勘違いかも

【まとめ】自分だけ仕事量が多いと感じるのは勘違いかも

自分だけ仕事量が多いと感じるのは勘違いなのかについて解説しました。自分だけ仕事が多いと決めつける前に、本当に忙しいのか客観的に確認する必要があります。

もし本当に自分だけ仕事が多いと感じたときは、まずはあなたの仕事を可視化してみてください。

仕事の可視化ができると焦る気持ちがなくなるだけでなく、新たな仕事を断れたり、周りの人に仕事を任せやすくなったりします。

それでも解決しない場合は、部署異動や転職を検討するのも一つの手段です。

自分に合った解決策を実践することが大切であり、自分自身を見つめなおすことで仕事に対する認識が明確になり、仕事とプライベートのバランスが取れるようになるでしょう。

転職エージェント・転職サイト選びに迷ったらどうすればいい?

転職するにあたって、転職エージェント・転職サイトの利用は必須です。そこで、「ウルキャリ転職」が総力を挙げて30社以上の転職エージェント、転職サイトを徹底比較し、おすすめを紹介しています。 あなたが選ぶべきなのはどの転職サービスなのかが分かりますので、迷った時の参考にしてみてください。

おすすめの記事