<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、提携各社(マイナビ等)のプロモーションを含みます。

事務職はやめとけと言われる理由!向いていない・後悔する人の特徴も解説

生徒
事務職はやめとけと言われるのはなぜ?
事務職に向いている人と向いていない人の特徴を知りたい。

事務職は楽な仕事をイメージする人も多いですが、覚えることが多かったり、座ったままの姿勢だったり、想像以上に辛かったという声も多くあります。

この記事では、事務職はやめとけと言われている理由や、事務職に向いていない人の特徴、辞めたいと思った時の対処法を解説していきます。

実際に事務職で後悔した人の意見も紹介するので、ぜひ参考にしてみましょう。

転職先生
事務職は向いていない人がやると、とても辛い思いをしてしまいます。
後悔しないために、どんな人が事務職に向いているのか参考にしてみてください。
この記事で分かること
  • 事務職はやめとけと言われる理由
  • 事務職で後悔した人の体験談
  • 事務職に向いていない人の特徴
  • 事務職に向いていないと感じた時の対処法
ウルキャリ転職おすすめサービス
当サイトでは、転職を検討している人に次のサービスをおすすめしています。転職エージェントには合う合わないがあります。無料で利用できるので、最低でも2社以上登録しておきましょう。
登録必須転職エージェント 特徴
リクルートエージェント公式サイトで無料登録
  • 転職支援実績No.1
  • 日本最多求人数(約60万件)
  • 厳選非公開求人数30万件
  • サポートの質が高い
マイナビAGENT 公式サイトで無料登録
  • はじめて転職する人にも安心サポート
  • 各業界の転職事情に通じた専任アドバイザーが担当
  • 未経験可の求人が豊富
LHH転職エージェント公式サイトで無料登録
  • 年収800万円以上の求人多数
  • 3人中2人は年収アップの実績
  • 平均101万円の年収アップ
  • 10人に1人が1,000万円以上の転職に成功
  • 求人数約56,000件
就職を検討の人はこちら 特徴
キャリアチケット公式サイトで無料登録
  • 最短1週間で内定獲得
  • 特別推薦枠多数
  • 受かるES、GD、面接ノウハウをこっそりお伝え
  • 日程調整や人事との連絡もしっかりサポート
  • 人事目線でフィードバックが得られる
もし、職場を辞めたいけど辞めることを伝えられないという人は、自分は何もせずに退職できる退職代行サービス「リーガルジャパン」がおすすめです。

目次

事務職はやめとけと言われる理由

事務職はやめとけと言われる理由

事務職はやめとけと言われる理由には以下の3つがあります。

事務職はやめとけと言われる理由
  • 単調な仕事でやりがいを感じにくいから
  • スキルが身につかないから
  • 将来AIに奪われる仕事だから

詳しく解説します。

事務職やめとけの理由①単調な仕事でやりがいを感じにくいから

事務職はやめとけと言われる理由の1つ目は、単調な仕事でやりがいを感じにくいからです。

単調な事務仕事ばかりやっていると「飽きてくる」や「やりがいがない」と感じることが多くなってきます。

仕事に飽きてくると、集中できなくなってミスが増える原因となります。また、ルーチンワークだと成長を感じにくいケースも多く、次第に将来への不安が募ってくるでしょう。

仕事は1日の大半を占めるので、やりがいのない単調な仕事ばかりしていると、辞めたくなってくる可能性が高いです。

事務職やめとけの理由②スキルが身につかないから

事務職はやめとけと言われる理由として、スキルが身につかないことが挙げられます。

事務職ではパソコン作業や電話対応など、基本的な操作の仕事が多いので、他の職種と比較してスキルが身につかないと言われています。

スキルアップができないと以下のようなデメリットがあります。

デメリット

  • 給料が上がらない
  • 転職しづらくなる
  • 仕事にやりがいを感じられない

スキルが身につかず、自らの成長が感じられない仕事が多いことが、事務職はやめとけと言われる大きな理由です。

転職先生
専門的な仕事ではないため、スキルが身につかないことがデメリットです。

事務職やめとけの理由③将来AIに奪われる仕事だから

事務職はやめとけと言われる理由の3つ目は、やがてAIに奪われる仕事と言われているからです。

なぜなら、AIは人間よりも処理速度が速くミスが少ないため、効率が良く人件費も抑えられるからです。

事務職は単純作業が多いため、いずれAIに仕事を奪われる可能性が高い職種と言われています。

反対にAIが苦手だとされている職種は、複雑なコミュニケーションやクリエイティブが必要な営業職や技術職です。

事務職は将来的に人間が行う仕事ではなくなるかもしれません。

やめとけと言われる事務職に転職して後悔した人の体験談

やめとけと言われる事務職に転職して後悔した人の体験談

事務職に転職して後悔した人の体験談を紹介していきます。実際の事務職がどんな現場なのか参考にしてみましょう。

やめとけと言われる事務職に転職して後悔した人の体験談
  • 女性ばかりで男性の居場所がなかった
  • 仕事内容が会社から評価されにくい
  • 眼精疲労や肩こりが酷くて辛い

ひとつずつ見ていきましょう。

事務職はやめとけの体験談①女性ばかりで男性の居場所がなかった

事務職で後悔した人の体験談として、女性ばかりの職場で男性の居所がなかったという意見が挙がりました。

女性は男性よりもマルチタスクが得意なため、事務職は女性向きの仕事だと言われています。

男性の事務員も昔よりも増えていますが、まだまだ女性の方が多い職種です。女性の多い事務の職場で働く男性は肩身の狭い思いをすることがあります。

男性にとって女性特有の人間関係についていけず、後悔や退職に至るケースも多いです。

事務職はやめとけの体験談②仕事内容が会社から評価されにくい

事務職で後悔した人の体験談には、仕事内容が会社から評価されにくいという意見もあります。

事務職は間接部門であるため、営業や専門職のように会社の利益に直接関わる仕事ではありません。

そのため、誰でもできる仕事と思われることが多く、頑張っても評価されない傾向があります。

電話対応やパソコン操作の他にも雑務を押し付けられて、仕事が多い割には給料も増えにくい職業です。

会社から評価されなければ次第に仕事に対する活力は失われて、退職に至るケースもあります。

事務職はやめとけの体験談③眼精疲労や肩こりが酷くて辛い

事務職で後悔した人の体験談として、眼精疲労や肩こりが酷くて辛いという人もいます。

パソコンに向かう作業が多い事務職は、眼精疲労と肩こりに悩まされる仕事です。また、同じ姿勢で長時間座り続けることで、腰痛を引き起こすリスクも高まります。

座ってパソコン作業は楽な仕事だと思われますが、座りっぱなしは意外と疲れるものです。

運動する体力も無くなるので、運動不足によるストレスで心の病気にかかる場合もあります。

体調不良が重なって事務職を辞めたという人も多いようです。

やめとけと言われる事務職に就くデメリット

やめとけと言われる事務職に就くデメリット

やめとけと言われる事務職に就くデメリットには以下の5つが挙げられます。

やめとけと言われる事務職に就くデメリット
  • 競争率が高く人材価値が低い
  • 派遣社員制で割を食っている職種
  • ITやAIに奪われる仕事
  • 女性主体の職場
  • スキルが習得できず成長できない

詳しく解説します。

事務職のデメリット①競争率が高く人材価値が低い

やめとけと言われる事務職に就くデメリットの1つ目は、競争率が高く人材価値が低いことです。

事務職の有効求人倍率は2023年時点で0.52と非常に競争倍率が高く、全職種と比べても非常に人気が高い職種であることが分かります。(引用:厚生労働省|職種別有効求人・求職状況

有効求人倍率とは?
ハローワークの求人数に対しての求職者数の割合。
1を下回れば求職者に対して求人数が不足しているので、競争率が高いことを意味している。

競争率が高い割には人材価値は低く、誰でもできる仕事だと思われています。そのため、中途採用の未経験者で事務職を目指すのは割に合わないと言えるでしょう。

事務職のデメリット②派遣社員制で割を食っている職種

やめとけと言われる事務職に就くデメリットとして、派遣社員制で割を食っている職種であることが挙げられます。

企業側は誰でもできる事務職は派遣社員に業務委託することで、低賃金で働かせて人件費のカットをしようと考えます。

また、正社員の中でも事務職の基本給やボーナスはその他の職種より低く設定している会社もあります。

そのような事情も踏まえたうえで「事務職で働いて将来安定するか」を考えておきましょう。

転職先生
事務職はほかの職種と比べても年収が低い傾向があります。

事務職のデメリット③ITやAIに奪われる仕事

やめとけと言われる事務職に就くデメリットの3つ目は、ITやAIに奪われる可能性が高いことです。

事務職が今まで手入力していた文書も機械にプログラムさせれば、処理速度が早くミスも少ないうえに自動化することも可能です。

歴史的に見てもWordやExcelなどのIT技術の発達によって、技術の価値は大きく下がってしまったという過去があります。

ソフト自体も少し勉強すれば誰でも使えるように設計されているので、事務職以外にも使える人はたくさんいます。

将来AIに奪われる仕事としても何度も指摘されています。

事務職のデメリット④女性主体の職場

やめとけと言われる事務職に就くデメリットは、女性主体の職場であることです。社会的な習慣からも「事務職は女性の仕事」であることが当たり前という風習があります。

そのため、男性が事務の職場で働いていると非常に肩身の狭い思いをすることになります。

事務職といえば閉鎖的で女性だらけの職場なので、人間関係でギスギスしやすく、派閥争いや、お局との対人関係に悩まされる人も多いようです。

事務職のデメリット⑤スキルが習得できず成長できない

やめとけと言われる事務職に就くデメリットの最後は、スキルが習得できず成長できないことです。

事務職はルーチンワークが多いため、ある程度仕事を覚えれば、それ以上専門的な知識がつくことはありません。

スキルアップできないと将来的にも市場価値が上がりにくいため、転職するときに苦労するケースが多いです。

事務職をしながら市場価値を上げていくためには、簿記や会計など、事務に必要な資格の勉強をすることをおすすめします。

やめとけと言われる事務職に向いていない人の特徴

やめとけと言われる事務職に向いていない人の特徴

やめとけと言われる事務職に向いていない人の特徴を10個紹介します。以下に当てはまる人は事務職を避けたほうが良いでしょう。

やめとけと言われる事務職に向いていない人の特徴
  • 細かい作業が苦手
  • 電話対応が苦手
  • 数字に弱い・計算が苦手
  • 臨機応変に対応できる柔軟さがない
  • パソコン操作が苦手
  • 口が軽い
  • スケジュール管理が苦手
  • 単調な作業やルーチンワークが苦手
  • チームプレイが苦手
  • 風習に合わせることが苦手

ひとつずつ見ていきましょう。

事務職やめとけに当てはまる人①細かい作業が苦手

やめとけと言われる事務職に向いていない人の特徴の1つ目は、細かい作業が苦手な人です。

事務職は書類のファイリングやデータ整理など細かい作業が多いです。会社内のあらゆる備品や書類の整理・発注に気を配らなければならないので、細部まで気が回らない人には向いていないでしょう。

事務職やめとけに当てはまる人②電話対応が苦手

やめとけと言われる事務職に向いていない人の特徴として、電話対応が苦手な人が挙げられます。

電話対応は事務員が任される仕事です。固定電話が置いてある職場だと、掛けてきた相手と話したい人を繋ぐために電話を引き継ぐ必要があります。

話したい相手が不在の場合は、要件を聞き取り、伝えなければなりません。電話に出るのが苦手な人やコミュニケーションが苦手な人は、電話対応が多い事務職は苦労するでしょう。

事務職やめとけに当てはまる人③数字に弱い・計算が苦手

やめとけと言われる事務職に向いていない人の特徴は、数字に弱い人や計算が苦手な人です。

事務員は経理や発注業務も担当します。数字を一桁間違えただけで大量に発注されることや、多額の入金を振り込んでしまうと、取り返しのつかないことになります。

データ処理など数字を扱う仕事も多いので、計算が苦手な人は事務職では苦労するでしょう。

事務職やめとけに当てはまる人④臨機応変に対応できる柔軟さがない

やめとけと言われる事務職に向いていない人の特徴の4つ目は、臨機応変に対応できる柔軟さがない人です。

事務職は社内で何かトラブルが発生したときに、気配りしてサポートすることも求められます。

何かある度に自分の作業を止めて臨機応変に対応する必要があるので、一つの作業に集中したい人は、やりにくさを感じるでしょう。

事務職は決められた仕事だけを黙々としたい人には不向きな仕事です。

事務職やめとけに当てはまる人⑤パソコン操作が苦手

やめとけと言われる事務職に向いていない人の特徴として、パソコン操作が苦手な人が挙げられます。

  • 書類の作成
  • データ入力
  • 情報共有
  • 会議  等

事務職の主な作業はパソコンを利用している会社が多いです。

パソコンに向かって操作することが長時間となるため、パソコン操作が苦手な人には、仕事の大半の時間が苦痛となるでしょう。

事務職やめとけに当てはまる人⑥口が軽い

やめとけと言われる事務職に向いていないのは、口が軽い人です。会社の人事や経理からの機密情報は事務員に共有されることが多いです。

会社の機密情報をつい社外の誰かに話してしまうと大きなトラブルになってしまいます。会社で得た機密情報は、たとえ家族であっても口外してはいけません。

秘密を知ったら誰かに話さないと気が済まない人は事務職には向いていないでしょう。

事務職やめとけに当てはまる人⑦スケジュール管理が苦手

やめとけと言われる事務職に向いていない人の特徴として、スケジュール管理が苦手な人が挙げられます。

事務職は他の従業員のフォローに回ることも多いため、複数の業務を同時に進めていく必要があります。

しかし、事務職のスケジュール管理は誰もしてくれないため、自分でスケジュール管理ができないと、業務がどんどん遅延していくでしょう。

請求や振り込みの納期が遅れてしまうと顧客からの信頼を失うことがあるので、非常に重要な役割も担っています。

カレンダーやスケジュール帳を常に確認するようにしましょう。

事務職やめとけに当てはまる人⑧単調な作業やルーチンワークが苦手

やめとけと言われる事務職に向いていない人の特徴の8つ目は、単調な作業やルーチンワークが苦手な人です。

事務職は社内でのルーチンワークが多く、毎日の仕事に大きな変化がないため退屈に感じてしまうこともあります。

多様な人と関わり、大きな成果を出していく仕事を希望する人には事務職は不向きでしょう。

事務職やめとけに当てはまる人⑨チームプレイが苦手

やめとけと言われる事務職に向いていない人の特徴として、チームプレイが苦手な人が挙げられます。

事務職はパソコンに向かって黙々と作業をするイメージですが、一人で完結する仕事のほうが少ないです。

例えば、営業から請求書を受け取って経費を処理することや、受注した場合は顧客当てに請求書を発行するなど、社内で連携を密にする必要があります。

事務職同士での連携も多いため、自分のペースで一人で仕事を進めたい人には事務職には向いていないでしょう。

事務職やめとけに当てはまる人⑩風習に合わせることが苦手

やめとけと言われる事務職に向いていない人の特徴の最後は、風習に合わせる人が苦手な人です。

事務職は社内にいることがほとんどのため、長年在籍している人同士で独自の風習がある場合が多いです。

例えば、誰かからお土産を受け取ったらチーム全員に配るなど、規則はないけど昔からそうしていて、やらないと反感を買って気まずくなってしまうこともあります。

同調圧力や風習に合わせることが苦手な人はやりにくい環境であるかもしれません。

やめとけと言われる事務職に就いていて向いていないと感じた時の対処法

やめとけと言われる事務職に就いていて向いていないと感じた時の対処法

やめとけと言われる事務職に就いていて向いていないと感じた時の対処法を5つ紹介します。

やめとけと言われる事務職に就いていて向いていないと感じた時の対処法
  • 向いてない理由を整理する
  • 自分に合った仕事を考える
  • 異動希望を出す
  • 転職サイトで求人を探す
  • 転職エージェントに登録する

詳しく解説します。

事務職に向いていない時の対処法①向いてない理由を整理する

事務職に向いていないと感じた時の対処法として、まずは向いていない理由を整理しましょう。

  • 会社や環境によるもの
  • 自分の適性やスキルが合わない
  • 人間関係が合わない

上記のように何が原因で合わないと感じるのかを整理するのがポイントです。自分でスキルアップできることや、会社の環境や人間関係を改善できるところはないかを冷静に考えてみましょう。

事務職に向いていない時の対処法②自分に合った仕事を考える

事務職に向いていないと感じた時の対処法の次は、自分に合った仕事を考えることです。

自分に合った仕事を見つけるためには、自己分析をして「自分はどんな人間なのか」や「何がやりたいのか」を考える必要があります。

自分に適した仕事に就職すると、ストレスが少なく長く働けることや、やりがいがあるため年収が上がりやすいなどのメリットが多いです。

自分は何がやりたいのか分からない人は、適性診断を活用する方法もあります。リクナビやdodaなどの大手転職サイトは無料の自己分析ツールを提供しているので、ぜひ活用してみましょう。

転職先生
適性診断は10分程度の所要時間で質問に答えると、あなたに合った職種が診断できます。

事務職に向いていない時の対処法③異動希望を出す

事務職に向いていないと感じた時の対処法として、異動の希望を出すこともひとつの手段です。

なぜなら事務職は不向きでも営業職や技術職なら向いているという人もいるからです。会社自体に不満がない場合は、退職せずに今の問題が解決できるかもしれません。

事務職に向いていない理由を整理できたら、退職を決断する前に社内の部署異動ができないか検討して会社に相談してみましょう。

事務職に向いていない時の対処法④転職サイトで求人を探す

事務職に向いていないと感じた時の対処法の4つ目は、転職サイトで求人を探すことです。

会社内にもやりたい仕事がなく、部署異動も叶わなかった場合は転職を検討しましょう。

転職サイトには以下のようなさまざまな種類があります。

転職サイト 特徴
総合型 たくさんの業界の求人をそろえた転職サイト
特化型 ある業界・職種の求人に特化した転職サイト
未経験向け 未経験職種に転職したい人向けの求人が多い転職サイト
ハイクラス向け 高年収の求人が多い転職サイト

自分がやりたい業界が決まっているなら、その業界に特化した転職サイトがおすすめです。やりたいことが決まっていないなら、総合型を利用してさまざまな求人を比較してみましょう。

未経験向けやハイクラス向けの転職サイトもあるので、自分の経験やスキルに合った求人を探すのもおすすめです。

事務職に向いていない時の対処法⑤転職エージェントに登録する

事務職に向いていないと感じた時の対処法の最後は、転職エージェントに登録することです。

転職に関して不安がある人や悩みを聞いてほしい人は、転職エージェントを利用するとキャリアアドバイザーのサポートを受けながら転職活動が進められます。

転職エージェントを利用するメリットは以下の通りです。

メリット

  • 転職に関する希望や悩みを相談できる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 業界、職種、会社について詳しい情報を教えてもらえる
  • 書類作成や面接のサポートをしてもらえる

基本的に無料で利用できるので、一人での転職活動に不安がある人や、サポートを受けたい人は活用してみることをおすすめします。

おすすめの転職エージェントは「やめとけと言われる事務職から転職したい人におすすめの転職エージェント」で紹介しています。

やめとけと言われる事務職から転職したい人におすすめの転職エージェント

やめとけと言われる事務職から転職したい人におすすめの転職エージェント

やめとけと言われる事務職から転職したい人におすすめの転職エージェントを紹介していきます。

やめとけと言われる事務職から転職したい人におすすめの転職エージェント
  • リクルートエージェント
  • LHH転職エージェント
  • doda

詳しく解説します。

事務職から転職したい人におすすめ①リクルートエージェント

出典:r-agent.com

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 約447,000件
非公開求人数 約327,000件
対応地域 全国+海外
拠点 東京本社
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
(全国に16拠点)
料金 無料
事務職から転職したい人におすすめの転職エージェントの1つ目は「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは転職業界トップの求人数を保有している支援実績No.1の大手転職エージェントです。

多くの転職希望者を成功させている実績があり、事務職をやめたいとキャリアアドバイザーに相談すれば、スキルに合った求人を詳しく紹介してくれます。

非公開求人も多く保有しているので、求人サイトに掲載されていない優良な求人も多く紹介してもらえるのが魅力的です。

たくさんの求人から転職先を選びたい人におすすめの転職エージェントです。

 

事務職から転職したい人におすすめ②LHH転職エージェント

LHH転職エージェント

出典:jp.lhh.com

運営会社 株式会社アデコ
公開求人数 約31,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 首都圏
〒101-0021
東京都千代田区外神田4-14-1
秋葉原UDX(南ウイング) 8F
(全国に3拠点)
料金 無料
事務職から転職したい人におすすめの転職エージェントとして「LHH転職エージェント」があります。

LHH転職エージェントは大手優良企業の求人を多く保有している転職エージェントで、転職後の年収後の高い年収アップを強みにしています。

キャリアアドバイザーは業界別の担当制になっているので、事務職から転職したい人のスキルや能力を判断したうえで最適な求人を提案してくれます。

事務職を辞めて自分の能力や強みを活かせる仕事を見つけたい人におすすめの転職エージェントです。

 

事務職から転職したい人におすすめ③doda

出典:doda.jp

運営会社 株式会社パーソルキャリア
公開求人数 約214,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 東京本社(丸の内オフィス)
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
(全国に24拠点)
料金 無料
事務職から転職したい人におすすめの転職エージェントの3つ目は「doda」です。

dodaは転職者の満足度No.1の人材大手「パーソルキャリア」が運営している転職エージェントです。

特にキャリアアドバイザーの対応力に定評があり評判が高く、事務職を辞めたい人向けの優良求人の紹介や書類作成、面接対策まで手厚いサポートが受けられます。

事務職を辞めるための転職活動に不安を感じており、手厚いサポートを受けたい人におすすめの転職エージェントです。

 

やめとけと言われる事務職に未経験から目指す場合は慎重に検討しよう

やめとけと言われる事務職に未経験から目指す場合は慎重に検討しよう

やめとけと言われる事務職に未経験から目指す場合は、慎重に検討しましょう。

なぜなら、思っていた仕事と違うことや、覚えることが多すぎてやっていけないと後悔する可能性が高いからです。

事務職は数字を使う仕事や、コミュニケーションスキルも必要とされることも多く、誰でもできる仕事ではありません。

それでも「未経験でも事務職に就きたい」と思う人は、派遣社員として事務職のスキルを積むことをおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、派遣社員向けの事務職の求人も多く紹介してもらえて、仕事内容も教えてもらえるケースもあります。

派遣社員として事務職の経験を積んでから正社員として転職すると、スキルを高く評価されて理想のキャリアを築いていけるでしょう。

生徒
事務職は楽そうだからという理由で目指すのは良くなさそうですね。

転職先生
事務職にも向いている人とそうでない人がいるので、自分の適性をよく考えましょう。

そもそも事務職とはどんな仕事?

そもそも事務職とはどんな仕事?

事務職とは主に社内の従業員のサポートをする仕事です。具体的には以下のような仕事を行います。

  • 書類の作成・ファイリング
  • データ入力
  • 電話対応
  • 来客対応

パソコンを使った作業が多く、基本は座りっぱなしの仕事です。楽そうに思われますが、事務職を経験した人には「身体的なストレスが大きかった」や「心を病んでしまった」という声もあります。

事務職がどんな仕事内容なのかを見ていきましょう。

事務職とはどんな仕事?
  • 事務職は楽そうに思われる反面きついという声もある仕事
  • 事務職で病んでしまう人も多い
  • 事務職の平均年収

詳しく解説します。

事務職は楽そうに思われる反面きついという声もある仕事

事務職は楽そうと思われる反面、きついという声も多くあります。

パソコンでの作業が多い事務職は地道にコツコツ行う仕事なので、黙々と作業をすることに向いていない人はストレスを感じる場合もあります。

また、電話対応や来客対応も行うため、人間関係によるストレスも多いです。人と話すことと黙々と作業をすること、両方得意でないと事務職を続けるのは難しいでしょう。

特に小さい会社は事務員が一人しかいない場合もあるので、すべての作業を一人で回さなければなりません。

繁忙期になると残業も増えるので、楽だと思っていたら意外ときつかったと思う人も多いようです。

事務職で病んでしまう人も多い

事務職で病んでしまう人は実は多くいます。その理由としては以下が考えられます。

  • 楽な仕事をしていると周りから思われている
  • 頑張っても昇給やスキルアップしにくい
  • 座りっぱなしで運動不足によるストレス
  • 単純作業ばかりで将来への不安
  • 女性特有の人間関係の悩み

事務職は他の社員と比べて社内にいる時間が長い分、気を遣う場面が多くあります。雑務を頼まれることも多く、さまざまな人と接する機会も多いです。

事務職がしっかりしていないとチームに迷惑がかかってしまうので、プレッシャーを感じる仕事でもあります。

このように意外と仕事が大変でありながら、将来へのキャリアアップも難しいという理由から、心を病む原因になることもあるようです。

事務職の平均年収

全体的な事務職の平均年収は336万円です。(引用:doda平均年収

事務職にも種類によっては年収に差があります。職種別の事務職の平均年収を以下にまとめました。

職種 平均年収
貿易事務 385万円
一般事務 337万円
営業事務 337万円
医療事務 286万円

事務職の中でも年収が高いのは、輸入や輸出などの業務を行う貿易事務です。専門知識と英語力を必要とする貿易事務は年収が高い傾向にあります。

事務職は他の専門職と比べると年収が低く、全体の職種の平均年収に比べて100万円ほど低いです。

事務職で年収を上げたい場合は、簿記や会計などの事務関係の資格を取って専門性を高める方法があります。

将来的に管理職を目指してスキルを磨けば、年収を上げることは可能です。

まとめ

まとめ

事務職はやめとけと言われている理由と、向いていない人について解説しました。事務職は楽な仕事と思われますが、向いていない人が行うとプレッシャーに耐えきれず、心を病んで後悔してしまうケースが多いです。

感じ方は人それぞれであり、事務職が辛いと感じる人もいれば、生涯的に事務職で職場に貢献できる人もいます。

事務職が向いていないと感じた人は自己分析をして、自分の強みが発揮できる職種を選ぶことをおすすめします。

転職エージェント・転職サイト選びに迷ったらどうすればいい?

転職するにあたって、転職エージェント・転職サイトの利用は必須です。そこで、「ウルキャリ転職」が総力を挙げて30社以上の転職エージェント、転職サイトを徹底比較し、おすすめを紹介しています。 あなたが選ぶべきなのはどの転職サービスなのかが分かりますので、迷った時の参考にしてみてください。

【参考】事務職はやめとけ!5つの実態と向いてない人の共通点とは

おすすめの記事