<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、提携各社(マイナビ等)のプロモーションを含みます。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン【会社退職タイミングの見極め方】

生徒
仕事の辞めどきがわかるサインが知りたいな。
そろそろ転職した方がいい気もするけど・・

今の会社・仕事を辞める見極めが分からない。

転職することが当たり前となっている時代に、仕事を辞めるタイミングを掴むことは難しいですよね。

仕事には適切なやめどきがあります。仕事の辞めどきサインを知ることで、転職を有利に進められます。

この記事を読むと、仕事の辞めどきがわかる10のサインと辞めるべきでないケースがわかります。

転職先生
無駄なく転職したいなら、仕事の辞めどきサインを把握しましょう。

仕事の辞めどきが気になっている人は、いつでも退職できるよう早めに転職エージェントに登録しておくことが今後のキャリアの悩みを解消する鍵となります。

ウルキャリおすすめ転職エージェント
ウルキャリ転職がおすすめする転職エージェントは次の3社です。転職エージェントには合う合わないがあります。無料で利用できるので、最低でも2社以上登録しておきましょう。
登録必須転職エージェント 特徴
リクルートエージェント公式サイトで無料登録
  • 転職支援実績No.1
  • 日本最多求人数(約60万件)
  • 厳選非公開求人数30万件
  • サポートの質が高い
マイナビAGENT 公式サイトで無料登録
  • はじめて転職する人にも安心サポート
  • 各業界の転職事情に通じた専任アドバイザーが担当
  • 未経験可の求人が豊富
LHH転職エージェント公式サイトで無料登録
  • 年収800万円以上の求人多数
  • 3人中2人は年収アップの実績
  • 平均101万円の年収アップ
  • 10人に1人が1,000万円以上の転職に成功
  • 求人数約56,000件
もし、職場を辞めたいけど辞めることを伝えられないという人は、自分は何もせずに退職できる退職代行サービス「リーガルジャパン」がおすすめです。

目次

仕事の辞めどきがわかる10のサイン|会社を辞めた方がいい時の見極めポイント

仕事の辞めどきがわかる10のサイン

仕事の辞めどきがわかる10のサインは以下の通りです。

1つずつ解説します。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン①給料が上がらない・下がった

仕事の辞めどきがわかる10のサイン1つ目は、給料が上がらない・下がったというケースです。

何年も働いていて給料が上がらない、もしくは下がる場合は会社との相性が悪い可能性が高いです。

給料が上がらない、もしくは下がる理由は以下の通りです。

  • 会社の求める結果やスキルが足りない
  • 会社の経営状態が良くない
  • 給与水準が低い業界の可能性がある

このような場合は今の仕事を辞めて転職をした方が上手くいく場合が多いサインといえます。会社の経営状態が良くない場合はリストラの可能性もあるため、早めに転職活動をするのが良いでしょう。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン②変化がなく成長できない

仕事の辞めどきがわかるサインは、変化がなく成長できないことです。成長できないと自身の市場価値が上がらないため、今の職場の仕事ではキャリアアップしづらくなります。

仕事内容の変化を嫌う職場や単純作業が多い職場、人材を育成する気がない職場は成長しにくい環境です。

そのような職場でも定年まで働く場合は問題がないかもしれませんが、転職やキャリアアップを目指す場合は早めに転職することをおすすめします。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン③出勤時に体調が悪くなる

仕事の辞めどきがわかる10のサイン3つ目として、出勤時に体調が悪くなる点が挙げられます。

出勤時に体調が悪くなるのは、仕事の内容や人間関係、職場の労働環境などが原因で心身が危険信号を発しているためです。

気分的に乗らない仕事や嫌な仕事を無理して続けた結果、体調が悪くなったといえます。体調が悪くなった場合は危険なサインのためすぐに離職しましょう。

現在の仕事で離職するのが難しい場合は、一旦リフレッシュのための休みを取ることをおすすめします。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン④意欲がなくモチベーションが続かない

仕事の辞めどきがわかるサインは、意欲がなくモチベーションが続かないというケースです。

例えば、ミスをして怒られても何も感じなかったり、仕事がいつ終わるのかばかり考えたりする場合は意欲がない状態といえます。

やりがいが持てないのは合わない仕事をしている可能性が高いです。やりたくない仕事をしていても成長もしにくい上に結果も出にくいでしょう。

やりがいがないまま今の職場で仕事を続けても昇給や昇進は難しいといえます。我慢しながら働くのは自分の可能性に蓋をしているようなものです。

自分はどんな仕事をしたいのか自己分析をして、自分に合った仕事へ転職する方が良いでしょう。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン⑤尊敬できる人がいない・上司の活力がない

仕事の辞めどきがわかるサインは、尊敬できる人がいない・上司の活力がない場合です。

職場に尊敬できる人がいなかったり、上司の活力がなかったりする場合は、仕事に対するモチベーションの維持が難しく、やる気を失いやすい環境になっています。

目指すべき存在が職場にいないと、自分がどう進めば良いのかわからないため、将来の見通しが立たなくなるでしょう。

「こんな上司のようになりたくはないな」と思った場合は転職を視野に入れるべきサインです。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン⑥残業や休日出勤が当たり前

仕事の辞めどきがわかる10のサイン6つ目は、残業や休日出勤が当たり前になってしまっている状況です。

働きすぎる環境は健康的にも精神的にもあまり良くありません。繁忙期で仕事が忙しい場合は仕方ないかもしれませんが、常に忙しい場合は注意が必要です。

労働基準法によると、残業時間の上限は月45時間までと決まっています。それ以上の残業時間になっている場合は転職を考えましょう。

プライベートの時間が確保できずにしんどいと感じている場合は、無理せず離職するべきタイミングのサインです。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン⑦正当な人事評価が受けられない

仕事の辞めどきがわかるサインは、正当な人事評価が受けられない職場だとわかった時です。

正当な人事評価が受けられないとわかると、仕事へのやりがいをなくします。正当な人事評価が受けられない原因は以下の通りです。

  • 優秀がゆえに上司から嫉妬されている
  • 仕事内容が軽視されている
  • 年功序列で評価される
  • 暗黙のルールがある

このような場合は今の職場にいても正当な評価が受けられないため、自分の能力を評価してくれる会社に転職することをおすすめします。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン⑧パワハラやセクハラが横行し黙認されている

仕事の辞めどきがわかるサインは、パワハラやセクハラが横行し黙認されている職場です。

パワハラやセクハラが横行している職場は雰囲気が悪く、働きづらい環境にあります。自分がいつ被害にあうかもわからないため、のびのびと働けなくなるでしょう。

パワハラやセクハラは法律に引っかかる可能性もあります。正常な会社であればパワハラやセクハラの対策をしており、横行することはありません。

法に触れる行為を黙認している企業はモラル的に問題があるため、早めに辞めるのが良いでしょう。

パワハラやセクハラをしてくる会社や上司に対し、直接退職を言い出すのも嫌になるでしょう。

退職代行は、退職に関する手続きを全て行ってくれるのでおすすめです。

退職代行がおすすめの理由
  • 自分は何もせずにストレスなく辞められる
  • 上司や同僚と顔を合わせず、連絡も取ることなく辞められる
  • 荷物も退職代行業者から会社に頼んで郵送で送ってもらえる
  • 引き継ぎをしなくても良い
  • 100%退職できる

退職代行を利用する場合は「リーガルジャパン」がおすすめです。LINEでの相談は24時間対応で、退職後のフォローも充実しているので安心して利用できます。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン⑨優秀な社員がどんどん辞めていく

仕事の辞めどきがわかるサインは、優秀な社員がどんどん辞めていく流れです。優秀な社員が辞める理由は、企業に何かしらの問題があることが多いです。

優秀な社員が辞めることで仕事のしわ寄せが来たり、人手不足になったり、業績が悪化したりするなどの問題が発生します。

待遇は悪化するばかりなので、早めに転職するべきサインです。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン⑩会社の業績や将来性に不安を感じる

仕事の辞めどきがわかるサインは、会社の業績や将来性に不安を感じる場合も挙げられます。

将来性がない企業で働くよりも将来性のある企業で働いた方が良いため、将来性がないと感じた場合はすぐに転職しましょう。

しかし、従業員目線で将来性がないと思っていたとしても実際は将来性がある場合があります。

四季報や有価証券報告書で業績をチェックしたり、転職エージェントに将来性があるか聞いたりしましょう。

将来性がないと判断して転職をする場合は、転職エージェントに将来性のある企業をピックアップしてもらうのがおすすめです。

何件か企業をピックアップしたら、複数の転職エージェントから意見をもらうことでより確実に将来性のある企業を見極められるでしょう。

生徒
今の職場で将来性を感じられなくなったら仕事の辞めどきサインなんですね。

転職先生
将来性を確認するために転職エージェントを利用するのも手ですよ。

仕事の辞めどきがわかったときに取るべき選択

仕事の辞めどきがわかったときに取るべき選択

仕事の辞めどきがわかったときに取るべき選択は以下の通りです。

1つずつ解説します。

仕事の辞めどきがわかったときの行動①思い切って一度休職する

仕事の辞めどきがわかったときに取るべき選択として、思い切って一度休職するのも手です。

一旦休んで、仕事を辞めるべきか考えましょう。忙しい状況で会社を辞めたいと思っていても、一旦休むことで冷静に判断することができます。

衝動的に仕事を辞めてしまうと、後悔する場合もあるため注意が必要です。落ち着いて考えた上で辞めたいと思ったら、仕事を辞めましょう。

仕事の辞めどきがわかったときの行動②信頼できる同僚や上司・家族に相談する

仕事の辞めどきがわかったときに取るべき選択は、信頼できる同僚や上司・家族に相談することです。

人に話すことで気が楽になりますし、思いもよらないアドバイスをもらえるかもしれません。

職場の上司や同僚、自分の家族に相談する際にはそれぞれ注意が必要です。注意点は以下の通りです。

相談相手 注意点
上司 ・話す内容を整理しておく
・問題と感じている内容を伝える
・相談時には事前にアポをとり、時間をとってもらい会議室などで相談する
同僚 ・上司や社内に噂が広まる可能性があるため、信頼できる人にだけ相談する
家族・友人 ・深刻度をしっかり伝えた上で、理解を得られない場合もあることを念頭に置いておく
・反対されても最後は自分で決断する

相談できる相手がいない場合は転職エージェントに相談するのもおすすめです。転職エージェントは転職に関するプロフェッショナルなので数多くの転職者を見た経験や、企業を見てきた経験から適切なアドバイスをしてくれます。

転職しない場合でも、仕事を辞めるか転職するか悩んでいる旨を相談すれば、無料で的確なアドバイスをもらえるためおすすめです。

仕事の辞めどきがわかったときの行動③会社に待遇改善してもらえないか交渉する

仕事の辞めどきがわかったときに取るべき選択として、会社に待遇改善してもらえないか交渉することが挙げられます。

交渉をすることで業務内容が変わったり、部署異動したりすることにより改善する場合もあるからです。

交渉をする際には自分の状況や希望する待遇についてまとめておきましょう。これまでの会社での実績がある場合は要望が通る場合があります。

仕事の辞めどきがわかったときの行動④心身に異常をきたすならすぐに退職する

仕事の辞めどきがわかったときに取るべき選択として、心身に異常をきたすならすぐに退職することをおすすめします。

仕事が理由で体調が悪くなってしまう場合はすぐに退職するべきです。仕事を続けたことにより、仕事に支障をきたしてしまう状況になった場合は転職が難しくなる場合もあります。

心身に異常を感じている場合はすぐに退職しましょう。退職を言い出しづらい場合は、退職代行の利用がおすすめです。

退職代行がおすすめの理由
  • 自分は何もせずにストレスなく辞められる
  • 上司や同僚と顔を合わせず、連絡も取ることなく辞められる
  • 荷物も退職代行業者から会社に頼んで郵送で送ってもらえる
  • 引き継ぎをしなくても良い
  • 100%退職できる

退職代行を利用する場合は「リーガルジャパン」がおすすめです。LINEでの相談は24時間対応で、退職後のフォローも充実しているので安心して利用できます。

仕事の辞めどきがわかったときの行動⑤転職活動をはじめる

仕事の辞めどきがわかったときに取るべき選択として、転職活動をはじめることが大切です。

転職活動は在職中から行いましょう。企業の採用担当者は職に就いていない人材を採用しない場合があり、収入もストップしてしまうためゆとりを持った転職活動ができずに転職に失敗してしまうこともあります。

在職中に転職活動をするのであれば、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントを利用することで無料で転職に関する時間を最低限に抑えられます。

転職先生
仕事の辞めどきがわからない場合でも転職エージェントに相談することで客観的な意見が聞けますよ。

仕事の辞めどきがわかったときに退職する手順

仕事の辞めどきがわかったときに退職する手順

仕事の辞めどきがわかったときに退職する手順は以下の通りです。

  1. 退職の計画を立てる
  2. 退職の意思表示、退職願を提出する
  3. 退職届の提出をする
  4. 残務整理をし、有給消化をして引き継ぎをする
  5. 退職する

退職の際のポイントは、以下の通りです。

  • 退職の計画を立てる際には、適切な退職時期や有休消化の日数を考える
  • 退職の意向を話す際は退職願を出すか口頭で伝える
  • 退職が認められた場合は退職の2週間前までに退職届を提出する
  • 退職が認められない場合は退職代行サービスを利用する
  • 退職が決定した際には円満に退社するために業務の引き継ぎや残務処理はしっかりと行う
  • 退職日は早めに出社する
  • 転職先が未定の場合は保険や年金の切替や申請をする

退職する際は、仕事の引き継ぎをしっかり行い円満に退職するようにしましょう。

生徒
退職するのは色々と気を遣うし、やることが多くて大変そう・・・

転職先生
退職を言い出しづらい場合は、退職代行の利用がおすすめです。
退職代行がおすすめの理由
  • 自分は何もせずにストレスなく辞められる
  • 上司や同僚と顔を合わせず、連絡も取ることなく辞められる
  • 荷物も退職代行業者から会社に頼んで郵送で送ってもらえる
  • 引き継ぎをしなくても良い
  • 100%退職できる

退職代行を利用する場合は「リーガルジャパン」がおすすめです。LINEでの相談は24時間対応で、退職後のフォローも充実しているので安心して利用できます。

仕事の辞めどきがわかったときに退職する際の注意点

仕事の辞めどきがわかったときに退職する際の注意点

仕事の辞めどきがわかったときに退職する際の注意点は以下の通りです。

1つずつ解説します。

仕事の辞めどきがわかったときの注意点①退職理由はポジティブに伝える

仕事の辞めどきがわかったときに退職する際の注意点として、退職理由はポジティブに伝えることが挙げられます。

退職理由によっては会社から引き止められる可能性があることも気をつけましょう。例えば、人間関係が理由で退職する場合は部署異動を条件に引き止められる場合があります。

退職する気持ちが固まっている場合は他の業種に挑戦したいとポジティブに理由を伝えましょう。

会社や職場に不満があったとしてもそのまま伝えるのはおすすめしません。なぜなら、退職後も現職の人間と関わる可能性があるかもしれないからです。

印象を悪くして退職するのではなく、穏便に退職しましょう。

仕事の辞めどきがわかったときの注意点②就業規則を確認しておく

仕事の辞めどきがわかったときに退職する際の注意点として、就業規則を確認しておきましょう。

就業規則には退職に関するルールも記載されています。就業規則を確認せずに退職しようとすると思った時期に退職できない可能性が出てくるでしょう。

退職のタイミング以外に仕事の引き継ぎや有給消化に関するルールも確認しておくことをおすすめします。

仕事の辞めどきがわかったときの注意点③貯金しておく

仕事の辞めどきがわかったときに退職する際の注意点として、貯金しておくことが大切です。

すぐに転職をしたとしてもタイミングによっては1〜2カ月は収入が無い状態になります。生活費を確保しておくことでもしものリスクに備えられるでしょう。

転職先によっては引越しする可能性もあるため、生活費とともに引越し費用も確保できるとより安心できます。

仕事の辞めどきがわかったときの注意点④退職までの計画を立てる

仕事の辞めどきがわかったときに退職する際の注意点は、退職までの計画を立てることです。

退職までの計画を立てることで、スムーズに会社を退職できます。計画を立てていないとずるずると先延ばしになってしまうかもしれません。

転職の時期や転職活動に関するスケジュールは転職エージェントに相談しましょう。無料でスムーズに転職する計画を作成できます。

退職は転職先が決まってから行いましょう。収入が無い中での転職活動は資金の余裕がないため、正常な判断ができず転職に失敗する可能性があるからです。

働きながら転職活動をするには転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントを利用することで最低限の時間だけで転職活動ができます。

仕事の辞めどきがわかったときの注意点⑤退職後すぐ転職しない場合は失業保険の手続をする

仕事の辞めどきがわかったときに退職する際の注意点として、退職後すぐ転職しない場合は失業保険の手続をすることも大事です。

失業保険は2年以内に12ヶ月加入していれば受給できます。自己都合での退職の場合は2ヶ月の給付制限期間があります。

給付制限期間があるとすぐに失業保険を受け取れませんが、転職活動の際の活動費になるため必ず申請しましょう。

特定受給資格者に認定されると給付制限期間がなくなります。特定受給資格者は、会社都合の退職や、正当な理由がある自己都合退職の場合に認定されます。

失業保険を受ける条件は以下の通りです。

  • 失業状態である
  • 雇用保険の加入期間が12ヶ月以上
  • ハローワークに求職を申し込む

条件を満たしている場合は必ず申請しましょう。

生徒
準備をしっかりすることが大切なんですね。

転職先生
備えをしっかりしておくことで次のアクションへ移りやすいですよ。

仕事を辞めるべきではないケース

仕事を辞めるべきではないケース

仕事を辞めるべきではないケースは以下の通りです。

1つずつ解説します。

仕事を辞めるべきではないケース①「辛い」以外の退職理由がない

仕事を辞めるべきではないケースとして、「辛い」以外の退職理由がないことが挙げられます。

どのような仕事でも、大小あれど辛い部分はあるため、辞めるべきではありません。例えば、自分のスキルがまだ未熟な場合は仕事が辛いと感じます。

スキルを向上させれば辛くなくなるため、仕事を辞めない方が良いです。心身に影響が出るほどの辛い場合は辞めるべきなのでしっかりと見極めましょう。

仕事を辞めるべきではないケース②状況を改善する行動をしていない

仕事を辞めるべきではないケースは、状況を改善する行動をしていない時です。職場の人間関係がよくない場合や業務内容に納得いっていない場合は部署異動を申し出ましょう。

セクハラやパワハラに困っている場合は相談窓口に相談するべきです。状況を改善する行動をした上で改善が見られない場合は退職しましょう。

仕事を辞めるべきではないケース③退職したい理由が漠然としている

仕事を辞めるべきではないケースは、退職したい理由が漠然としている場合です。辞めたい理由が明確でないと、転職先でもなんとなく辞めてしまう可能性があります。

理由が明確になった結果、退職する必要がなくなることもあるでしょう。自身の退職理由を明確にすることで、仕事を辞めるべきか冷静に判断できます。

仕事を辞めるべきではないケース④昇進や昇格が控えている

仕事を辞めるべきではないケースは、昇進や昇格が控えているパターンです。昇進や昇格することにより、市場価値が上がります。

昇進する前に転職するよりも昇進した後に転職した方が高待遇な仕事に就けるため有利です。

転職すべきタイミングがわからない場合は転職エージェントに相談することで適切なタイミングが掴めます。

生徒
退職に急ぎすぎないことも大事なのかぁ

転職先生
自分の状況を冷静に判断してから行動しましょう。

【仕事の辞めどきなら】転職を成功させるコツ

【仕事の辞めどきなら】転職を成功させるコツ

仕事の辞めどきと判断した際の転職を成功させるコツは以下の通りです。

1つずつ解説します。

仕事の辞め時の転職成功法①早めに転職エージェントへ登録しておく

仕事の辞めどきと判断した際の転職を成功させるコツは、早めに転職エージェントへ登録しておくことです。

転職エージェントに登録することで、求人の紹介以外にも履歴書や職務経歴書の添削や面接対策、企業への年収交渉を行ってくれます。

無料で転職活動の時間を短縮できるため、働きながら転職活動をしやすいでしょう。企業に合わせた対策をした上で、採用者の目線からアドバイスをしてくれるため、自分で転職するよりも転職成功率が高いです。

転職エージェントは幅広い業種に対応しているサービスや地域や業種に特化したサービスなどそれぞれ特徴があるため、複数の転職エージェントを利用することをおすすめします。

仕事の辞め時の転職成功法②希望条件に優先順位をつける

仕事の辞めどきと判断した際の転職を成功させるコツとして、希望条件に優先順位をつけることが挙げられます。

希望条件に優先順位をつけることで、応募できる求人の選択肢が広がり、自分にマッチした求人に出会いやすいです。

優先順位をつけることで自分が何を重要視しているのか自己分析もできます。優先順位の高い条件を満たした仕事であれば、長く働ける可能性も高いです。

仕事の辞め時の転職成功法③転職理由はポジティブな内容にする

仕事の辞めどきと判断した際の転職を成功させるコツとして、転職理由はポジティブな内容にすることが大切です。

転職活動で企業との面談にて、転職理由を聞かれた際はポジティブな内容を伝えましょう。

ネガティブな理由を面談にて答えてしまうと、同じ理由で仕事を辞められるかもしれないと悪い印象を与えかねません。

採用者は、たとえネガティブな内容で退職したとしても、ポジティブな内容に変換できる力があるかも見ています。

転職理由をポジティブに変換することが難しい場合は転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談することでアドバイスをもらえるためおすすめです。

仕事の辞め時の転職成功法④転職サイトで企業研究する

仕事の辞めどきと判断した際の転職を成功させるコツとして、転職サイトで企業研究をしましょう。

企業研究をすることで、入社した際のギャップを埋められ、長く働けるようになります。

企業研究には転職サイトや転職エージェントのキャリアアドバイザーから情報を聞きましょう。

他にも、企業のオフィシャルサイトや口コミサイト、Xなどで生の声を調べるのもおすすめです。

仕事の辞め時の転職成功法⑤自分のスキルや経験を棚卸しする

仕事の辞めどきと判断した際の転職を成功させるコツは、自分のスキルや経験を棚卸しすることにあります。

スキルや経験を明確にすることによって、転職先のミスマッチを防げるでしょう。面接では仕事での失敗経験を聞かれるケースも少なくありません。

失敗から何を学び、その後の成長や成功に繋げたのかを話せるようにしておくと有利です。スキルや経験を棚卸しする際には転職エージェントを利用することをおすすめします。

棚卸しする内容は以下の通りです。

  • 現職の仕事内容
  • 自身の実績と他者からの評価
  • 保有しているスキル
  • やりがいを感じた経験
  • 失敗の経験

スキルや経験を棚卸しすることで、自分では気付かなかった強みがわかります。

仕事の辞め時の転職成功法⑥前職で得た経験やスキルを具体的に伝える

仕事の辞めどきと判断した際の転職を成功させるコツは、前職で得た経験やスキルを具体的に伝えることにあります。

経験やスキルが具体的になれば、転職先でその経験やスキルをどう活かせるのかアピールできるようになるでしょう。

経験やスキルがある人は転職先でも活躍できる可能性が高いと思われます。面接では、どんな経験をし、成長したのか、スキルを得るためにどんな努力をしたのか具体的にアピールすることが大事です。

仕事の辞め時の転職成功法⑦失敗を踏み台にして努力できることをアピールする

仕事の辞めどきと判断した際の転職を成功させるコツとして、失敗を踏み台にして努力できることをアピールすることが大事です。

失敗を語らずにいい面だけアピールするよりも、仕事での失敗を語った方が誠実さをアピールできます。

しかし、単に仕事の失敗談を語るのではなく、失敗をした上で何を学び、どうステップアップできたのかを話すことでネガティブな失敗をポジティブに変換できるのです。

転職先生
現在の職場の経験やスキルを活かすことで転職に成功しやすくなりますよ。

仕事の辞めどきがわかったときは転職エージェントに登録しよう

仕事の辞めどきがわかったときに登録するべきおすすめ転職エージェント

仕事の辞めどきがわかったときは、早めに転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。

転職エージェントがおすすめの理由
  • 無料で利用できる
  • キャリアや転職について何でも相談できる(転職するつもりがなくてもOK)
  • 穏便に転職できるようサポートしてもらえる
  • 業界のプロであるキャリアアドバイザーが転職活動を徹底的にサポート
  • エージェントでしか出会えない優良の非公開求人が集まっている
  • 職務経歴書・履歴書の添削や面接対策をしてくれて転職が成功しやすい
  • 転職時の年収や入社日など各種条件交渉も代理してくれる

おすすめ転職エージェントを4つ紹介します。

仕事の辞めどきにおすすめ①リクルートエージェント

出典:r-agent.com

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 約447,000件
非公開求人数 約327,000件
対応地域 全国+海外
拠点 東京本社
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
(全国に16拠点)
料金 無料
リクルートエージェントは業界トップクラスの案件を保有している転職エージェントです。

地方の案件も多く取り揃えているため、地方で転職を考えている人にもおすすめです。

非公開求人も多く保有しているため、高待遇な求人を紹介してもらいやすいといえるでしょう。

リクルートエージェントの評判・口コミ

キャリアアドバイザーのサポートが手厚く親身
20代
女性
ネットの検索で一番上に出てきたため支援実績のあるリクルートエージェントを利用しました。 幅広い業界・職種の求人数が多く、ホームページも非常に見やすいです。 担当キャリアアドバイザーの方のサポートも手厚く、面談では親身になって相談に乗ってくれました。
とりあえず登録するべき転職エージェント
30代
男性
リクルートエージェントは転職支援実績No.1なだけあって、業界問わずとにかく求人数が豊富です。 次から次へと希望条件にマッチした求人を紹介されるので、とりあえず登録してみてもいいかもしれません。 担当のキャリアアドバイザーが書類添削や面接対策も徹底してサポートしてくれて心強かったです。
オファーがたくさん来て嬉しい
リクルートエージェント登録したらかなりオファーくるのうれしいすぐ動けなくても登録しておいてくださいで情報収集できるし自分が本当にやりたいこととできること差を冷静に考えられるも…そこをどうやっていくか…
給料アップできる求人を複数紹介してくれた
リクルートエージェント登録したらちゃんと何社か紹介があった。 今は傷病手当中だから応募しないけど、前職よりいい給料の所ばかりですこし勇気が持てた
履歴書と職務経歴書が作成できるツールが便利!
マイナビとリクナビである程度の求人は網羅できます! リクルートエージェントは、履歴書と職務経歴書が作成できるツールが搭載されてるのでオススメです!
無難の転職エージェント
リクルートエージェントはマジで無難 紹介の質が限りやけど、添削とか相談担当とかによっちゃちゃんにしてくれる
転職のお作法を教えてもらえた
わたし前回ほぼリクルートエージェントでしたけど良かったです。わたしの知らないお作法的な部分はしっかりサポートしてもらえた気がします。
担当者がしっかりしている
リクルートエージェントさんはやっぱりしっかりしてるなぁ
応募資格のない求人を紹介される
リクルートエージェント、なんかちょっと求人が合ってないかな… 必須経験とかなくて応募資格ないじゃん、てやつぐらいおすすめされる。
非公開求人をアプリ上で検索して選べる
私はリクルートエージェント一択だと思っていて、理由は、リクルートが持つ非公開求人をアプリ上で検索してから選びます。調べて選んでいるのと同じ感覚です。これができるエージェントを私は今のところ他にはわかりません。
結局リクルートが一番
いろんなエージェント触ってみたけどリクルートエージェントが結局一番良さげ
求人数No.1
ビズリーチ、doda、リクルートエージェント使いましたが求人数がリクルートが1番多くてよかったです。
ニート向けの求人は少ない
やっぱリクルートエージェントの求人ってニートには向いてないかもな、実務経験がとにかく厳しい求人が多いと感じます。
担当者の対応が丁寧
リクルートエージェントになんとなく登録したのですが、担当者の人は丁寧で迅速だし、良い求人だらけだしありがたい!経験値が無駄にならないね。
アドバイスのおかげで転職成功!
20代
男性
今までとは違った視点のアドバイスもあり、意外な求人も多数紹介してもらった。おけげで自分に合った就職先を見つけることができた。
求人のラインナップが豊富
30代
女性
大手だから安心できるし、大企業から中小まで求人のラインナップが多く転職の可能性が広がる。
サポートが手厚い
20代
女性
求人をたくさん紹介してくれて、履歴書などの書き方や準備の仕方のフォローも手厚いので、転職までスムーズに繋げることができた。

 

仕事の辞めどきにおすすめ②LHH転職エージェント

LHH転職エージェント

出典:jp.lhh.com

運営会社 株式会社アデコ
公開求人数 約31,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 首都圏
〒101-0021
東京都千代田区外神田4-14-1
秋葉原UDX(南ウイング) 8F
(全国に3拠点)
料金 無料
LHH転職エージェントは、年収800万円以上の求人が豊富に揃っており、高度な専門性を持った転職・採用のプロフェッショナルが転職活動をサポートしてくれるのが特徴です。

プロのコンサルタントがあなたと企業の両方を担当する「360度式コンサルティング」を採用しているため、利用者の転職後平均年収が101万円もアップしています。

グローバルネットワークにより豊富な求人が揃っているので、登録して損はありません。

LHH転職エージェントの評判・口コミ

紹介された会社から内定をもらい、とても満足
30代
女性
紹介してもらった求人が私の希望条件に沿ったものが多かったです。 紹介された会社から内定をもらい、とても満足しています。 面接に関するものから職場環境についてまで様々な質問に答えてくださいました。
入社後のギャップが少なく働ける
40代
男性
求人情報を他の転職エージェントよりも詳細に教えてくれるため、入社後のギャップが少なく働けると感じました。 担当のキャリアアドバイザーが希望条件にマッチした求人を紹介してくれた上で、応募も急かされることなく自分のペースで転職活動できます。 結果として、希望以上のポジションに転職し年収アップできました。
想像より年収が高く高待遇の求人を紹介してくれた
30代
男性
登録した翌日に複数の求人をピックアップしてくれて驚きました。条件を厳しめで出したのですが、想像より年収が高く高待遇の求人やキャリアップできそうな企業を紹介してもらえて満足です。
転職のプロがサポートしてくれるお陰で年収アップ
40代
女性
年収アップの転職支援実績が豊富なLHH転職エージェントを選びました。 希望業界に詳しいキャリアアドバイザーがずっと担当でついてくれて、企業との連絡も密に取ってくれていました。転職のプロがサポートしてくれるお陰で年収アップできて、とても良い結果を出せたので良かったです。
対応が早く高待遇の求人に出会えた
30代
男性
登録した翌日に求人をピックアップしてくれて驚きました。条件も厳しめで出したのですが、さらに高待遇の求人やキャリアップできそうな企業を紹介してもらえて満足です。
業界に詳しい担当者が親切に対応してくれた
30代
女性
親切で業界に詳しい人がついてくれて、求人の応募先企業との連絡も密に取ってくれていました。お陰でとても良い結果を出せたので、イチオシのエージェントです。
転職でお世話になった
転職終わったから言うけど、私がお世話になったたのはLHHの転職エージェントです。化学メーカー専門にやってるエージェントには本当にお世話になりました。
担当者の対応が良かった
転職活動してないのに、なぜLHHのプロモツイート流れてくんねん。転職活動のときにLHHにはお世話になったよ。エージェントの人、良かったわぁ
本格心理学で適職診断が受けられる
私は織田信長タイプ! 本格心理学であなたの将軍タイプから適職を診断!

 

仕事の辞めどきにおすすめ③doda

出典:doda.jp

運営会社 株式会社パーソルキャリア
公開求人数 約214,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 東京本社(丸の内オフィス)
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
(全国に24拠点)
料金 無料
dodaは業界最大級の案件を保有している転職エージェントです。転職サイトとして利用できるため、自分で求人を探したい人におすすめといえます。

企業からスカウトが来るサービスもあり、自分の市場価値が知れます。高収入求人も多く保有しているため、キャリアアップしたい人にもおすすめです。

dodaの評判・口コミ

書類添削や面接対策などのサポートがきめ細やか
30代
男性
面談で親身に相談に乗ってもらえて、書類添削や面接対策などのサポートがきめ細やかでした。 内定から入社までのスケジュール管理をしてもらい、転職活動をスムーズに行えました。 転職活動は心細かったのですが、dodaの手厚いサポートのおかげで安心して転職できました。
キャリアアドバイザーの対応がとてもよかった
20代
女性
dodaは実績や求人数が豊富なだけではなく、担当のキャリアアドバイザーの対応がとてもよかったです。 転職サイトとしても転職エージェントとしても利用しましたが、とても役立ちました。
スムーズに転職が決まった!
来月転職することが決まりました。今は時短だけどフルタイムになるからおかしくなる。フルタイムで比べても報酬アップよりも。未経験、他業界で今となってはもらえることがありがたい。doda始めてからスムーズに決まるてラッキーでした。
担当者の人当たりが良かった
内定もらってやっと就活おわり! 転職エージェント使うなら個人的にはdodaがおすすめでした〜(担当者が年近いしいい人で当たりだったのもある)
優秀で能力の高いエージェント
転職は恐らくdodaのエージェントが一番優秀で個の能力は高いと感じたけどその分厳しくて叩きのめしてくるからそこで弱ったメンタルをリクルートの姉ちゃんによしよししてもらう毎日でしたね
ITの求人数が豊富にあった
dodaからきたメルマガ見てびびったけど、IT系の求人数すごいことになってるな。 今なら転職し放題じゃねえか。スキルあるけど。
見きれない量のメールが届く
リクルート doda 転職エージェント申し込んだら、メールが尋常じゃない。 メール見るだけで毎日が慎重。
担当者が柔軟に動いてくれる
個人的におすすめな転職エージェントはdodaです。 検討の業種で求人量が最も多く、「比較的」担当者が自分の転職事情を考慮して融通を続けて動いてくれます(経験上)ただ、基本的に送られてくる会社を鵜呑みにしてしまうのはやめましょう。
アドバイザーのおかげで自分の長所が分かった
30代
男性
自分の今までの経験が上手く整理できず、転職にも迷っていたが、アドバイザーのおかげで業務内容や自分の長所をまとめることができた。良い求人に出会えて、面接までスムーズにこぎつけることができ利用して良かったと思う。
細やかなアドバイスで希望の仕事に就けた
20代
男性
20代で転職回数も多く、なかなか自分の就きたい職が定まらなくて悩んでいたが、エージェントの適切な求人紹介やアドバイスで自分のやりたいことを見つけることができた。経歴書の見直し等の細やかなコメントもあり希望の仕事に就けたので頑張りたい。
まずはdodaに登録!
リアルに転職活動 dodaやリクルートエージェントに登録からはじめてみてはいかがですか

 

仕事の辞めどきにおすすめ④マイナビAGENT

出典:mynavi-agent.jp

運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 東京オフィス、他
料金 無料
マイナビAGENTは20代〜30代の転職に強い転職エージェントです。未経験OKの求人も多く保有しているため、新しい業種へと転職したい人におすすめです。

キャリアアドバイザーは業界を熟知しているため、専門的な視点からアドバイスをしてくれます。

転職初心者を多くサポートしているため、転職に慣れていない人でも安心して利用できるでしょう。

マイナビAGENTの評判・口コミ

書類選考はほぼほぼ通過
20代
女性
履歴書、職務経歴書の添削や面接対策がとてもよかったです。 転職活動中は担当のキャリアアドバイザーが優しく的確にアドバイスをしてくれたことにより、安心して書類作成できました。 紹介された求人のミスマッチもほとんどなく、書類選考もほぼほぼ通過したため、マイナビエージェントを利用してよかったと思いました。
書類の書き方がわからなかった私に丁寧に添削してくれた
20代
男性
担当キャリアアドバイザーの人のサポートがとても丁寧でした。 こちらの話もしっかり聞いた上で希望条件に合った求人を提案をしてくれて、他の転職エージェントよりも安心して相談できました。 初めての転職活動だったので、書類の書き方がわからなかったのですが、丁寧に添削してくれました。
企業とすり合わせた求人を紹介してもらえる
マイナビエージェントとヒュープロは企業担当にもすり合わせがされた求人を紹介してもらえました。そういうとこをとこを使うしかないっすね😭
信頼できる転職エージェント
結局マイナビエージェントで転職したし、そっちは全然様子伺いしてこないから相対的にかなり信頼できる
無関係の求人情報が届く
マイナビエージェントほんと使えないなー全く無関係の仕事がくるメールで大量送ってるだけなんだろうけど
担当者の対応が丁寧
今日はマイナビエージェントの方との初回面談。面談を終えての感想だが、今お世話になっているエージェントの中では1番あたりの人かもしれない。IT業界の知識もあるし、何しろ仕事が丁寧で早い。面談終わって数時間後には書類選考免除案件を用意してくれた点もすごい。他のエージェントにはない特徴。
職歴を見て断られた
昨日マイナビエージェントから職歴ボロボロだからか断られた😢
ハローワークよりマイナビエージェント!
ハロワ求人よりマイナビエージェントがいい
初めての転職でもすぐに転職できた
20代
女性
20代で初めて転職をするので不安だったが、自分の特性や技能をきっちりと把握した上で、良い求人を紹介してもたえて細かいアドバイスをもらえた。すぐに転職できて良かった。
応募種類の書き方や添削が細かく分かりやすい
20代
男性
求人の応募サポートや、面接・エントリーシートの書き方や添削が細やかで分かりやすかった。自分では見逃してしまいがちなポイントも正確に指摘してもらえるので助かる。

 

仕事の辞めどきによくある質問

仕事の辞めどきによくある質問

仕事の辞めどきによくある質問をまとめました。

退職後の失業保険が受け取れる時期は?

退職後の失業保険が受け取れる時期は、自己都合の場合は7日間の待機期間を経て、2ヶ月後です。

会社都合の場合や自己都合でも正当な理由があった場合は7日間の待機期間の後に受け取れます。

どちらもハローワークで求職の申し込みをすることにより待機期間に入るため、会社から離職票を受け取ったらすぐに手続きしましょう。

離職票の受け取り方や再発行については以下の記事で解説されています。

【参考】Liberty Worksハローワークで必要な離職票はどこでもらう?なくした場合の再発行は?

退職金はもらえるの?

退職金は、会社に退職金制度がある場合はもらえるでしょう。もらえる額は勤続年数によって変わります。

勤続年数が少ないと少なく、勤続年数が多いと多くもらえます。しかし、会社に退職金制度がない場合はもらえません。

退職金があるかどうかは会社の就業規則や労働契約を確認することでわかります。退職金に関しての記載がない場合は貰えないため事前に確認しておきましょう。

有給の残りはどうなるの?

有給の残りは、退職日までに消化できなかった場合はなくなります。有給休暇の消化を逆算した上で退職日を設定しましょう。

退職届と退職願の違いは?

退職届と退職願の違いは以下の通りです。

書類 内容
退職願 却下・撤回が可能
退職届 却下・撤回が不可能

退職願は退職の意向を会社に伝えるもので、退職届は会社に対し退職することを伝えるものです。

退職届や退職願はいつ出したらいい?

退職願は退職の意向が固まった際に出しましょう。退職届は退職願を出して、退職日が決定した後に出します。

退職届は基本的には退職する2週間前に提出すれば良いですが、会社の就業規定によって変わるため確認しておきましょう。

業務の引き継ぎができない場合はどうなる?

業務の引き継ぎができない場合は引き継ぎ書や仕事に関するマニュアルを作成しましょう。

引き継ぎ書やマニュアルがあった場合は退職した後でも会社が引き継ぎできます。

退職代行を使ったら会社に行く必要はなくなる?

退職代行を使ったら会社に行く必要はなくなります。退職代行は、退職に関する手続きを全て行ってくれるのでおすすめです。

退職代行がおすすめの理由
  • 自分は何もせずにストレスなく辞められる
  • 上司や同僚と顔を合わせず、連絡も取ることなく辞められる
  • 荷物も退職代行業者から会社に頼んで郵送で送ってもらえる
  • 引き継ぎをしなくても良い
  • 100%退職できる

退職代行を利用する場合は「リーガルジャパン」がおすすめです。LINEでの相談は24時間対応で、退職後のフォローも充実しているので安心して利用できます。

ただし、退職代行を使ってしまうと会社や職場の上司に悪い印象を抱かれてしまうため、「今後会社の人と関わることはない」覚悟で利用しましょう。

転職エージェント・転職サイト選びに迷ったらどうすればいい?

転職するにあたって、転職エージェント・転職サイトの利用は必須です。そこで、「ウルキャリ転職」が総力を挙げて30社以上の転職エージェント、転職サイトを徹底比較し、おすすめを紹介しています。 あなたが選ぶべきなのはどの転職サービスなのかが分かりますので、迷った時の参考にしてみてください。

おすすめの記事