<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、提携各社(マイナビ等)のプロモーションを含みます。

スーパーの正社員は恥ずかしい?デメリットや後悔した人の声を徹底調査

生徒
スーパーで正社員として働くのは恥ずかしいこと?
みんながどう思っているか知りたい・・・。

ネット上ではスーパーの正社員は恥ずかしいという声があります。しかし、結論としてスーパーの正社員はメリットが多いためおすすめの仕事です。

この記事では、スーパーの正社員が恥ずかしいと感じる理由について解説します。

転職先生
スーパーの正社員からキャリアアップする際の選択肢も解説しますよ。
この記事で分かること
  • スーパーの正社員が恥ずかしいと感じる理由7選
  • スーパーの正社員として働くメリット、デメリット
  • スーパーの正社員としてキャリアアップする際の選択肢
  • スーパーの正社員になるためのおすすめの転職エージェント

目次

スーパーの正社員が恥ずかしいと感じる理由7選

スーパーの正社員が恥ずかしいと感じる理由7選

スーパーの正社員が恥ずかしいと感じる理由7選は以下の通りです。

スーパーの正社員が恥ずかしいと感じる理由7選
  • 未経験でも正社員になれる
  • 他の業界に比べて給料が安い
  • パートやアルバイトと見分けがつかない
  • 人手不足のイメージがある
  • 肉体労働のイメージがある
  • 誰でもできる仕事と思われてそう
  • スーパーの正社員はダサいと思われてそう

1つずつ解説します。

スーパーの正社員が恥ずかしい理由①未経験でも正社員になれる

スーパーの正社員が恥ずかしいと感じる理由は、未経験でも正社員になれるからです。

スーパーの正社員に関して以下のような口コミがありました。

未経験から正社員として働いていますが、Xでスーパーの仕事なんて誰でもできる仕事だし恥ずかしくない?と言われます。
僕自身は生活に必要な仕事なのでやりがいはあるのですが

スーパーの仕事は正社員になるのに特別な資格やスキル、経験が必要ないことから誰でもできると思われていて恥ずかしいと感じるようです。

しかし、しっかりキャリアを積んでいけばバイヤーや管理職、店長などに昇進できる可能性もあるため、魅力的な仕事といえます。

スーパーの仕事は生活に欠かせない仕事で、人から必要とされる大事な仕事です。誇らしい仕事なので「誰でもできる」と言ってくる人の意見は気にする必要はありません。

スーパーの正社員が恥ずかしい理由②他の業界に比べて給料が安い

スーパーの正社員が恥ずかしいと感じる理由として、他の業界に比べて給料が安いことが挙げられます。

職業情報提供サイトjobtagによるとスーパーの店員の正社員の平均年収は357.7万円で、dodaの平均年収ランキングで掲載されている日本全体の平均年収の414万円と比べると低い水準にあるため、恥ずかしいと感じてしまうのです。

しかし、役職によっては平均年収を上回る給料になるため、スーパーの正社員としてキャリアを積み上げたい人にとっては必ずしもスーパーの正社員の給料が安いというわけではありません。

スーパーの正社員が恥ずかしい理由③パートやアルバイトと見分けがつかない

スーパーの正社員が恥ずかしいと感じる理由の3つ目は、パートやアルバイトと見分けがつかないことです。

売り場などではパートやアルバイトと同じ格好の場合が多く、見た目が同じでアルバイトと間違われそうで恥ずかしいと感じる場合があります。

お客様から見える仕事内容も品出しやレジ業務などパートやアルバイトでもできる仕事と思われるようです。

しかし、実際の仕事内容は接客業務だけでなく、発注やマーケティング、社員教育など多岐に渡るためやりがいがあるでしょう。

見た目に関しても、正社員としての立ち振る舞いを行うことでパートやアルバイトと差別化がはかれます。

スーパーの正社員が恥ずかしい理由④人手不足のイメージがある

スーパーの正社員が恥ずかしいと感じる理由は、人手不足のイメージがあるからです。

厚生労働省の令和5年上半期雇用動向調査結果の概況によると小売業、卸売業は約25万人不足している状況にあります。

人手不足により、休みが取れず働きづめの環境になり離職率が高いです。厚生労働省の令和5年上半期雇用動向調査結果の概況でも2023年の上半期の離職者は77万人を計上しており、宿泊業、飲食サービス業に次いで2番目に離職率が多い業界といえます。

しかし、現在のスーパーは自動化を進めていたり、外国人労働者を積極的に採用したりと人手不足を解消するために取り組んでいます。

スーパーに応募する際には人手不足に対して企業がどう取り組んでいるのか調べてみるといいでしょう。

スーパーの正社員が恥ずかしい理由⑤肉体労働のイメージがある

スーパーの正社員が恥ずかしいと感じる理由として、肉体労働のイメージがあることが挙げられます。

スーパーの仕事は品出しやレジ業務などから肉体労働と思われているようです。しかし、実際はマーケティングや経営に関すること、社員教育などの頭脳労働が多いです。

キャリアを積み上げれば店舗の経営を任されるポジションになるため、より頭脳労働が多くなるでしょう。

スーパーの正社員が恥ずかしい理由⑥誰でもできる仕事と思われてそう

スーパーの正社員が恥ずかしいと感じる理由の6つ目は、誰でもできる仕事と思われてそうということです。

スーパーの仕事は特別な資格や経験が必要ないため、誰でもできる仕事と思われます。特に品出しやレジ業務などの見える場所での仕事が簡単に見えており、スーパーの仕事は恥ずかしいと思われてしまうのです。

しかし、実際は経営などに関わる仕事も多いため、やりがいのある仕事といえるでしょう。

スーパーの正社員が恥ずかしい理由⑦スーパーの正社員はダサいと思われてそう

スーパーの正社員が恥ずかしいと感じる理由として、スーパーの正社員はダサいと思われてそうという意見もあります。

スーパーで働くって言ったら友達にダサって言われた。何がダサいの?

スーパーの仕事は生活に密接に関わる仕事だからこそ、ダサいと思われるようです。

生徒
表面上に見える仕事の内容から恥ずかしいと思われてしまうのか

転職先生
仕事においてリーダーシップを発揮することでパートやアルバイトと差別化がはかれますよ。
生活に必要な大事な仕事なので誇りを持って大丈夫です。

スーパーの正社員が恥ずかしい場合のおすすめの選択肢

スーパーの正社員が恥ずかしい場合のおすすめの選択肢

スーパーの正社員が恥ずかしい場合のおすすめの選択肢は以下の通りです。

スーパーの正社員が恥ずかしい場合のおすすめの選択肢
  • エンジニアやWebマーケターを目指す
  • 未経験職種への転職は早いうちに行動に移す

1つずつ解説します。

エンジニアやWebマーケターを目指す

スーパーの正社員が恥ずかしい場合のおすすめの選択肢は、エンジニアやWebマーケターを目指すことです。

スーパーの仕事は給料が低くて恥ずかしいと思っている人には、エンジニアやWebマーケターがおすすめです。

スキルを習得するのに時間がかかりますが、就職した際の給料水準も高く、キャリアアップした際には年収1000万円も狙えます。

プログラミングの勉強は独学でもできますが、一般的にはプログラミングスクールを受講することをおすすめします。

未経験職種への転職は早いうちに行動に移す

スーパーの正社員が恥ずかしい場合のおすすめの選択肢として、未経験職種への転職は早いうちに行動に移すことが挙げられます。

未経験から新しい業界に転職する際は年齢が若ければ若いほど転職しやすいため決断は早くしましょう。

年齢が若いことで、伸びしろや可能性を加味したポテンシャル採用が狙えます。

転職先生
スーパーで働いた経験を活かせる仕事を選ぶと、より転職に成功しやすくなりますよ。

スーパーの正社員になると後悔するのか?

スーパーの正社員になると後悔するのか?

スーパーの正社員になると後悔するのかを体験談をもとに調査しました。

新卒でスーパーの正社員になったけど、定時で帰れる日がほとんどなくてサービス残業ばっかりで後悔してる。

スーパーの仕事が人手不足が理由で激務になってしまうケースがあるようです。しかし、スーパーの正社員になった方がよかったという声もあります。

やっぱりスーパーで正社員になれば良かったなぁ。
介護で正社員になったけど辛くてやっぱりスーパーで働きたいって思ってる。

自分に合った仕事内容の場合はスーパーで正社員として働いた方が後悔がないようです。

労働環境が気になる場合は、働こうとしているスーパーをリサーチすると良いでしょう。

生徒
労働環境によって後悔する人がいるんですね。

転職先生
スーパーの仕事が自分に合う仕事なのか判断した上で、労働環境のいい企業に就職しましょう。

スーパーの正社員として働くデメリット

スーパーの正社員として働くデメリット

スーパーの正社員として働くデメリットは以下の通りです。

スーパーの正社員として働くデメリット
  • クレームを受けることが多い
  • 土日休みや連続休暇が取りづらい
  • 長時間労働になる場合がある
  • 立ち仕事が多く体力が必要
  • 給料が良いとはいえない
  • プライベートで常連に会う可能性がある

1つずつ解説します。

スーパーの正社員のデメリット①クレームを受けることが多い

スーパーの正社員として働くデメリットは、クレームを受けることが多いことです。多くのお客様が来店するため、少なからずクレームもあります。

クレームの中には理不尽なクレームをする人もおり、ストレスになるでしょう。パートやアルバイトなどが対応できないクレームは正社員が対応しなければならず、クレームに対して臨機応変に対応する必要があります。

スーパーの正社員のデメリット②土日休みや連続休暇が取りづらい

スーパーの正社員として働くデメリットとして、土日休みや連続休暇が取りづらいことが挙げられます。

世間的に休日である日はスーパーとしては書き入れ時なため、休みが取れないでしょう。

基本的にシフト制であることから連休も取りづらい場合が多いです。しかし、福利厚生がしっかりしているスーパーの場合は連休も取りやすいので、入社前にリサーチしておくことをおすすめします。

スーパーの正社員のデメリット③長時間労働になる場合がある

スーパーの正社員として働くデメリットの3つ目は、長時間労働になる場合があることです。

開店から閉店までの勤務や欠員が出た時のフォローなど長時間労働になる場合があります。

スーパーは人手が不足している場合が多く、他の仕事に比べると労働時間は長い傾向にあるでしょう。

しかし、働き方が見直されて来ているため、労働環境は改善しつつあります。スーパーを選ぶ際には労働環境に対してどのような取り組みを行っているかを調べてから応募しましょう。

スーパーの正社員のデメリット④立ち仕事が多く体力が必要

スーパーの正社員として働くデメリットは、立ち仕事が多く体力が必要なことです。品出しなどでは重い荷物を運ぶ必要があり、レジ業務は立ち仕事なので体力が必要です。

店舗での作業が多い場合は休憩までずっと立ち仕事になるケースもあります。適度な運動を生活に取り入れるなどして体力をつけておきましょう。

スーパーの正社員のデメリット⑤給料が良いとはいえない

スーパーの正社員として働くデメリットとして、給料が良いとはいえないことが挙げられます。

職業情報提供サイトjobtagによるとスーパーの店員の正社員の平均年収は357.7万円で、dodaの平均年収ランキングで掲載されている日本全体の平均年収の414万円と比べると低いです。

昇進すると昇給が見込めますが、入社したての頃は給料が低いことを把握しておきましょう。

スーパーの正社員のデメリット⑥プライベートで常連に会う可能性がある

スーパーの正社員として働くデメリットの6つ目は、プライベートで常連に会う可能性があることです。

スーパーは地域の住民が日常的に利用する場所なため、顔見知りになりやすいです。休みの日に出かけた際にスーパーの常連客に出会ってしまう場合も少なくないでしょう。

勤務先の周辺地域では伸び伸びとしにくいです。

生徒
接客業が好きかどうかで向いてるか向いてないかが分かれそうですね。

転職先生
接客に関して特に苦手意識がない場合はやりがいがありますよ。

スーパーの正社員として働くメリット

スーパーの正社員として働くメリット

スーパーの正社員として働くメリットは以下の通りです。

スーパーの正社員として働くメリット
  • 社会貢献できて人の役に立っていると実感しやすい
  • 将来役立つ現場知識が身につく
  • 食品の価格相場に詳しくなれる
  • 需要があり安定した職業
  • マーケティングが学べる面白さがある
  • 従業員割引制度を利用できる
  • キャリア次第で年収アップが狙える

1つずつ解説します。

スーパーの正社員のメリット①社会貢献できて人の役に立っていると実感しやすい

スーパーの正社員として働くメリットは、社会貢献できて人の役に立っていると実感しやすいことです。

スーパーの仕事は生活に必要な仕事であり、住民の生活を支えています。売り場がわからない人への案内や、セルフレジの操作がわからない人へのサポートを行うと、より人の役にたっていると感じやすいです。

スーパーの正社員のメリット②将来役立つ現場知識が身につく

スーパーの正社員として働くメリットとして、将来役立つ現場知識が身につくことが挙げられます。

スーパーの仕事は品出しやレジ業務だけでなく以下のような仕事があります。

  • 取引先との商談
  • 新商品の開発
  • 新店舗を出すエリア選定
  • マーケティング
  • 労務管理

商談においてはメーカーや問屋との取引の中でビジネスのコミュニケーション方法が身に付くでしょう。

マーケティングに関しても他の業界に転職する際にも活用できるスキルなため、中長期的なキャリアから見ても役立つスキルが身につきやすいです。

スーパーの正社員のメリット③食品の価格相場に詳しくなれる

スーパーの正社員として働くメリットの3つ目は、食品の価格相場に詳しくなれることです。

食品の価格相場に詳しくなることで、食品を買う際の基準ができるため、無駄な食費を抑えられます。

生活費を抑える手助けになるため、生活のプラスになるでしょう。

スーパーの正社員のメリット④需要があり安定した職業

スーパーの正社員として働くメリットは、需要があり安定した職業である点です。一般社団法人全国スーパーマーケット協会の2023年版スーパーマーケット白書によるとスーパー業界の店舗数は23,028店舗あり、市場規模は約25.5兆円の規模があります。

生活に必要な業界なので、感染症などにも影響されません。ネットショッピングが普及した現代でも食品や日用品に関しては店舗で購入する人が多いので今後も安定した業界といえます。

スーパーの正社員のメリット⑤マーケティングが学べる面白さがある

スーパーの正社員として働くメリットは、マーケティングが学べる面白さがあることです。

生鮮食品を取り扱っているため、売上の見立ての精度を高くしなければなりません。仕入れ値も日々変わる中で工夫をして少しでも多く売れるように働きかけるのは面白いです。

テレビで特定の食品が取り上げられたことや台風の日なのでコロッケが売れるなど、様々な環境から売れる商品を予測するため、マーケティングが学べます。

マーケティングのスキルが身に付くと、もし転職することになっても新しい業界に挑戦する際の武器となるでしょう。

スーパーの正社員のメリット⑥従業員割引制度を利用できる

スーパーの正社員として働くメリットとして、従業員割引制度を利用できることが挙げられます。

スーパーによっては従業員が店で商品を買うと数%割引してくれるところもあります。スーパーで売られているものは生活必需品ですので、生活に必要なものを買う費用が割引されるのは家計を楽にしてくれるので大きなメリットです。

スーパーの正社員のメリット⑦キャリア次第で年収アップが狙える

スーパーの正社員として働くメリットの7つ目は、キャリア次第で年収アップが狙えることです。

スーパーの正社員の平均年収は全体の平均年収よりも低い傾向にありますが、昇進することで平均年収よりも高い水準の給料を受け取れます。

店長やマネージャー、バイヤーになれば正社員よりも給料が高くなるでしょう。キャリアアップしたい場合は資格取得やスキル習得、社内で行われている研修に参加することをおすすめします。

転職先生
特にマーケティング能力を学ぶことで、他の業種に転職する際に年収アップが狙えますよ。

スーパーの正社員を目指す場合に意識するべきポイント

スーパーの正社員を目指す場合に意識するべきポイント

スーパーの正社員を目指す場合に意識するべきポイントは以下の通りです。

  • スーパーの適性があるのか把握する
  • 大手の会社を選ぶ
  • 転職エージェントを利用する

スーパーは立ち仕事が多く、接客業なため、最低限のコミュニケーション能力が必要です。クレームも発生する可能性があるので、クレームに耐えられる精神力と対応力があるか見極めましょう。

大手の会社を選ぶことで福利厚生がしっかりしており、中小の店舗よりも高い給料がもらえます。

店舗が潰れる場合も他の店舗へ移動できるなど保険も効いているのでおすすめです。スーパーの正社員で働く際には転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用することで内定に受かりやすく、給料も自分で応募するよりも高くなります。

転職エージェントは無料で利用できるので積極的に活用しましょう。

生徒
転職エージェントを利用して大手のスーパーに転職するのがいいのか

転職先生
転職エージェントを利用することで働きながらでも無理なく転職活動できますよ。

スーパーの正社員でキャリアアップする際の選択肢

スーパーの正社員でキャリアアップする際の選択肢

スーパーの正社員でキャリアアップする際の選択肢は以下の通りです。

スーパーの正社員でキャリアアップする際の選択肢
  • スーパーの現場リーダー
  • スーパー店舗の店長
  • バイヤー(仕入れ担当)
  • 管理職

1つずつ解説します。

スーパー正社員の選択肢①スーパーの現場リーダー

スーパーの正社員でキャリアアップする際の選択肢は、スーパーの現場リーダーです。

スーパーの現場リーダーは、青果や精肉など、売り場を任されるポジションのことをいいます。

業務内容は売り場作りや後輩やアルバイトの教育を行います。スーパーの現場リーダーは一定の実務経験を積むことで、店長から売り場を任されるようになるのが一般的です。

スーパー正社員の選択肢②スーパー店舗の店長

スーパーの正社員でキャリアアップする際の選択肢として、スーパー店舗の店長が挙げられます。

スーパー店舗の店長は、店舗の経営を行う役職です。売上目標を達成させるための工夫や、スタッフへの教育、スタッフが辞めないような環境作りを行います。

店長になるには数年の実務経験を経た上で本部の社員から後押しを受けたり、会社内の店長へ昇進する試験を受けたりすることでなれます。

スーパーによっては店長になることを見越して採用する場合もあるので確認しましょう。

スーパー正社員の選択肢③バイヤー(仕入れ担当)

スーパーの正社員でキャリアアップする際の選択肢の3つ目はバイヤー(仕入れ担当)です。

バイヤー(仕入れ担当)とは、商品を仕入れる担当者のことをいいます。仕入れを行うだけでなく、メーカーや問屋との仕入れ交渉なども行います。

バイヤーは、新たに売るものを探すために全国を飛び回る可能性もあるため、出張が苦でない人が向いています。

バイヤーになるには数年の実務経験を経た上でステップアップするのが一般的です。

スーパー正社員の選択肢④管理職

スーパーの正社員でキャリアアップする際の選択肢は、管理職です。管理職とは、1店舗の売上だけでなくグループ全体の売上を上げるために仕事をする役職です。

店舗ではなく本部に勤務する形になります。担当するエリアの店舗の全てを周り、各店舗ごとの課題を解決するために店長に助言します。

管理職になるには店長やバイヤーを経験した上で企業の売上に貢献すると昇進するパターンが多いです。

転職先生
マーケティング能力を磨けば磨くほど、昇進しやすくなり、年収アップが狙えます。

スーパーの正社員になるためのおすすめ転職エージェント

スーパーの正社員になるためのおすすめ転職エージェント

スーパーの正社員になるためのおすすめ転職エージェントは以下の通りです。

スーパーの正社員になるためのおすすめ転職エージェント
  • リクルートエージェント
  • doda
  • ビズリーチ

1つずつ解説します。

スーパーの正社員におすすめ①リクルートエージェント

出典:r-agent.com

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 約447,000件
非公開求人数 約327,000件
対応地域 全国+海外
拠点 東京本社
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
(全国に16拠点)
料金 無料
スーパーの正社員になるためのおすすめ転職エージェントは、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントは業界最大級の求人数を誇る転職エージェントです。各業界に詳しいキャリアアドバイザーがいるため、小売業に関しても深い知識でサポートしてくれます。

求人数が多いのでスーパーの求人も多く保有しているのが特徴です。地方の求人も多く、地方のスーパーで働きたい人にもおすすめできます。

 

スーパーの正社員におすすめ②doda

出典:doda.jp

運営会社 株式会社パーソルキャリア
公開求人数 約214,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 東京本社(丸の内オフィス)
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
(全国に24拠点)
料金 無料
スーパーの正社員になるためのおすすめ転職エージェントとして、dodaが挙げられます。

dodaは業界トップクラスに求人数が多い転職エージェントです。転職エージェントだけではなく転職サイトやスカウトサービスとしても利用できるのが特徴といえます。

求人数が多いため、スーパーの求人も多く保有しています。多くの診断ツールがあり、自己分析をしたい人におすすめです。

 

スーパーの正社員におすすめ③ビズリーチ

出典:bizreach.jp

運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 約98,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
拠点 東京本社
東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー12F
(全国に6拠点)
料金 基本無料
プレミアムプラン:5,478円~
スーパーの正社員になるためのおすすめ転職エージェントの3つ目は、ビズリーチです。

ビズリーチはスカウト型転職サイトとしてトップクラスの求人数を誇る転職サイトです。

スカウト型転職サイトとは履歴書や職務経歴書などを登録することで企業やヘッドハンターからスカウトが届くシステムのことをいいます。

ハイクラス転職に強いのが特徴で、年収の高い店長候補や管理職候補の求人を保有しているのが特徴です。

登録する際には審査が必要で一定以上の年収がないと登録できませんが求人の質は高いのでおすすめです。

 

生徒
スーパーへ転職するには求人数の多い転職エージェントを利用することが大事なんですね。

転職先生
求人数が少ないとスーパーの求人がない可能性が高いため、求人の多い転職エージェントがおすすめなんです。

スーパーの正社員が恥ずかしいことに関するよくある質問

スーパーの正社員が恥ずかしいことに関するよくある質問

スーパーの正社員が恥ずかしいことに関するよくある質問をまとめました。

スーパーの正社員の月収はいくら?

スーパーの正社員の月収は厚生労働省の職業情報提供サイトjobtagによると22.4万円が平均です。

上の役職へ昇進することで年収アップが狙えます。

スーパーの正社員に将来性はある?

スーパーの正社員に将来性はあります。安定している業界で、これからも生活に不可欠な業界です。

潰れる可能性も低いため、1つの企業に就職すると腰を据えてキャリアアップが狙えるでしょう。

【結論】スーパーの正社員はメリットが多く恥ずかしいことではない

【結論】スーパーの正社員はメリットが多く恥ずかしいことではない

結論として、スーパーの正社員はメリットが多く恥ずかしいことではありません。スーパーの正社員は未経験で資格や経験がなくても正社員になれる上にキャリアアップも狙えるため将来性のある職業です。

生活に必要な業界なので社会貢献をしている実感を感じながら働けるのは大きな魅力ではないでしょうか。

転職エージェント・転職サイト選びに迷ったらどうすればいい?

転職するにあたって、転職エージェント・転職サイトの利用は必須です。そこで、「ウルキャリ転職」が総力を挙げて30社以上の転職エージェント、転職サイトを徹底比較し、おすすめを紹介しています。 あなたが選ぶべきなのはどの転職サービスなのかが分かりますので、迷った時の参考にしてみてください。

おすすめの記事